芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい


    千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年〈昭和49年〉3月30日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、俳人。お笑いコンビ千原兄弟のボケを担当。相方は実兄の千原せいじ。本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。身長180cm、体重60kg。…
    58キロバイト (8,283 語) - 2023年2月6日 (月) 09:32
    どうでもいいよ・・・! 

    1 muffin ★ :2023/02/08(水) 23:00:46.73ID:EVwd022B9
    https://news.mynavi.jp/article/20230208-2586219/
    2023/02/08 19:30

    お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが4日、YouTubeチャンネル『ざっくりYouTube』に出演。動画「【芸人の悩み】最近のテレビは言い回しがムズイ!【フリートーク】」内で、テレビ番組のディレクターから注意されていた「松阪牛」の読み方について語った。

    同チャンネルでは今回、「テレビでの表現・言い回し」についてトーク。そのなかで、「SNSとかで、いろんな“ワード警察”の人がいてはるやん? そういう人がいてはるから、そうなっていくんやろうけど……」と前置きしながら、10年前ほど前から、番組内での「松阪牛(まつさかぎゅう)」発言が急に訂正されるようになったと打ち明ける。

    「『松阪牛(まつさかうし)です!』って、収録を止めてまで(注意された)」とこぼすジュニアだったが、この動画撮影の前日に収録した番組で「まつさかぎゅう」なのか、それとも「まつさかうし」なのかを検証したそう。その結果、答えは「どちらでもいい」だったという。

    続けて「過剰にディレクターが言うてただけやねん」「『まつざか』は地名として『まつさか』やから、『まつざかぎゅう』と『まつざかうし』は間違ってるけど、『まつさかぎゅう』と『まつさかうし』はどっちでもええねんて」と説明しつつ、「めちゃくちゃ言われたで!」と回顧。すると、小籔千豊も「神戸は『ぎゅう』やけど、松阪は『うし』みたいなの、一時期言われましたよね」と共感していた。

    【千原ジュニア、「まつさかぎゅう」なのか「まつさかうし」なのか 『松阪牛』の読み方検証 結果は・・】の続きを読む


    Google > YouTube YouTube(ユーチューブ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンブルーノに本社を置くオンライン動画共有プラットフォーム。アクティブユーザー数は、2022年1月時点で25億6,200万人(うち定額制サービス契約者数は8000万人以上)であり、SNSとしては世界第…
    115キロバイト (14,940 語) - 2023年2月3日 (金) 12:25
    収益は減る一方になるよ・・! 

    1 jinjin ★ :2023/02/08(水) 23:55:43.29ID:5hW/1Pr29
    古参ユーチューバー、収益「1/10」激減問題に嘆き「だから芸能人を入れるなって言ったんですよ」


    登録者数122万人のユーチューバー・シバターが、チャンネル登録者数180万人ユーチューバー・ラファエルの動画にゲスト出演。
    昨今話題となっているユーチューバーの収益激減問題について私見を述べた。


    2013年9月にYouTubeチャンネルを開設したシバター。
    この日はメインチャンネルの登録者数485万人のヒカル、ラファエルとともにユーチューバー“炎上軍”として、収益激減問題について語り合った。


    広告収入について「めっちゃ落ちたよな、ほんまに1/10になってる」と告白したラファエルが「我々以外でもネガティブな記事をよく見るんですよ。稼げなくなってしまったYouTube、オワコンになってしまったYouTube。これを今後どういう風にとらえていけばいいのか。再生数、YouTube全体で下がってませんか?」と尋ねると、
    ヒカルは「“下がっている人もいる”っていうのが正解な気もしますけどね。全体的には上がっているわけでしょ?YouTubeをやる人が増えてるから、一人当たりが減ってる」と分析。

    シバターも「YouTubeを見る人の数は増えているが、配信する人が増えたから、一人当たりの視聴者が減っている」とヒカルの分析に同調した。


    その上でシバターは「だから芸能人を入れるなって言ったんです。芸能人を入れたからだよ」といい、
    続けて「俺は切り抜きなんて許可するなって、絶対自分の首絞めるからって言ったんです」と、芸能人のYouTube参入と切り抜き動画の影響が大きいと吐露。

    ラファエルが「今から新規でやるには遅いですよね」とため息を吐くと、シバターも「お金を稼ごうと思ってやるものではないね。広告収入だけでやっていく時代は終わったよね」といい、
    ヒカルも「ブルーオーシャン感なくなりましたね」と、口をそろえて収益減少を嘆いていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/36416326d3b6ca66a8662dee0f2124495be8e926

    【ユーチューバー収益激減問題について語る 「芸能人のYouTube参入と切り抜き動画の影響」が大きい】の続きを読む


    有村 藍里(ありむら あいり、1990年〈平成2年〉8月18日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル、女優である。本名:同じ。旧芸名:新井 ゆうこ(あらい ゆうこ)。 兵庫県伊丹市出身。所属事務所はアミックエンターテインメント.INCを経て独立、現在は個人事務所「オフィス・アイリ」で活動。妹は女優の有村架純。…
    20キロバイト (2,672 語) - 2023年1月10日 (火) 15:56
    本当に微妙なところが残念!

    1 ネギうどん ★ :2023/02/08(水) 11:56:27.56ID:yRDyYn0W9
    今よりも美容整形を公表することが珍しかった約4年前。タレントの有村藍里が輪郭矯正の骨切り手術を受けたことを公表し、話題を読んだ。当時のことを振り返り、彼女は今、何を思うのか。美容整形手術を受ける以前から親交が深かったライター・瑞姫がインタビューする。

    バラエティでの自虐は決して嫌ではなかった

    ――有村さんは4年前、2018年の秋に輪郭矯正の骨切り手術(ルフォー+BSSO)を行ないました。きっかけはなんだったのでしょう?

    当時出演したバラエティ番組で、自分の口元を“残念”と指摘されることが多かったんです。

    それで、「何かできないかな」と悩んでいたときに、知人から「そんなに悩んでいるんだったら、こういう手術があるんだよ」と教えてもらって、美容整形をしようと決めました。

    ――テレビで容姿についていじられて、傷ついたということでしょうか?

    いえ。自分で自分の容姿を自虐することは多くありましたし、みんなが笑ってくれるなら、それでいいかなって。嫌でやっていたわけではなかったですね。

    当時は自分の売りがわからなかったし、技量もトーク力も特技もない中で、どうにか番組に呼んでいただけたことへの“期待に応えたい”と思っていて。妹(有村架純)のこととか、自分の容姿のことを言えばおもしろいのかなと。“言わされている”わけでもなく。自分なりに楽しくやっていましたね。

    ――では、なぜ整形手術を受けようと思ったのでしょう?

    整形手術を受けようと思ったのは、自分の顔を好きになることができる“最後の望み”なら、それにかけたいなって。

    自分の容姿を自虐して生きていくよりも、純粋に“かわいくなりたい”という気持ちの方が強かったんです。このまま老いていくのなら、変わるチャンスの糸口を掴みたかった。

    ――整形をすると決めて、最初に話したのは誰でしたか?

    友達だったかと。どんな反応だったかは、正直あまり覚えていないんですけど、驚いたり引き留めたりする人はいませんでしたね。正直、どういう手術かピンときていなかっただけかもしれません。

    ――家族にも事前に話しましたか?

    母には、手術する前ギリギリのタイミングで「この日にやるから」「もう決めたから」って言いました。妹には手術が終わった後、年末年始に家族で会ったときに伝えたかな……。

    ――手術すると決めてからは、迷いもなく?

    怖さよりも“変われるかもしれない”という期待の方が強かったので、すごく楽しみでしたね。でも、手術前に急に怖くなったのは覚えています。手術着に着替えて、手術台に乗ったときに急に涙が止まらなくなって……。

    ――怖いですよね。

    「やっぱり、やめます!」と言えば、やめられたんでしょうけど「もうやるしかない!」って割り切ったのを覚えています。そんなことを頭の中で考えているうちに、意識がなくなって、次に起きた時は手術が終わった後のベッドの上でした。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1f467472556609070492ad243200aeb6fa25376

    【有村藍里 美容整形を受けて4年「自分の顔を好きになりたかった」顔半分が今も感覚が鈍い】の続きを読む

    このページのトップヘ