芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい


    本当に・・? 好きなのび

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/26(金) 08:29:11.53

    11/26(金) 8:13配信
    日刊スポーツ

    神スイングで開催を宣言する稲村亜美

    女優稲村亜美(25)が25日、都内で行われた「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2022」発表会にスペシャルサポーターとして登場し、野球の“神スイング”で開幕を宣言した。

    「ガンダムは大好き。お兄ちゃんと一緒にテレビで見ていました。好きなのは、アムロと初代ガンダムです」。自身も野球に打ち込んできた経験から、大会参加者たちに「全力で戦いに集中するのみ」とエール。「ベタですが、カツ丼食べて、ガンダムのぬいぐるみと一緒に寝てほしい」と自身の必勝法を伝授していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a79a978aa0a065b0718958044e1fecaf442ea03


    【稲村亜美「ガンダムは大好き。アムロと初代ガンダムが良い」ガンダムのぬいぐるみと寝てほしい。】の続きを読む


    え~ 禰豆子に何をした。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/27(土) 00:21:27.25

    11/26(金) 19:59配信
    中日スポーツ

    鈴木亜美

     歌手の鈴木亜美(39)が26日、自身のインスタグラムで人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクター・禰豆子に扮した画像を公開した。

     鈴木は「モニタリングに出演させていただきました。鬼滅の刃、禰豆子に変身しちゃった!長男くんは大喜び!私は大恥ずかし!貴重な経験でした」とつづった。

     髪形やピンク色の衣装、竹をくわえた面持ちなど、細部までこだわったコスプレにファンは興奮。「めっさ似合ってる」「実写版はアミーゴに決まり」などとコメントが寄せられた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/594789a339603bc481aa1c6a72b7c8c931d808bc

    【写真】実写版は決まり?鈴木亜美の禰豆子コスプレが絶賛

    (出典 scontent.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent.cdninstagram.com&_nc_cat=1&_nc_ohc=zqujublT7u4AX8WOcUx&edm=AP_V10EBAAAA&ccb=7-4&oh=1835ba220a95d23ba856fda48ca111e8&oe=61A80F69


    【鈴木亜美が「鬼滅の刃」キャラクタ-・禰豆子に扮した画像を公開。ファンは興奮!】の続きを読む


    同期3人って、誰?

    1 湛然 ★ :2021/11/27(土) 05:27:14.72

    2021-11-26 11:32 ORICON NEWS
    足立梨花「あれから14年」記念日に笑顔で決意 応援コメントも続々
    https://www.oricon.co.jp/news/2215271/full/

    adacchee
    https://www.instagram.com/p/CWscbkbl2pD/
    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)



     女優の足立梨花(29)が25日、自身のインスタグラムを更新。同日、芸能界入りから14年が経過し、15年目がスタートしたことを報告した。

     足立は「あれから14年 2007年11月25日に六本木ヒルズアリーナでグランプリをいただきこの世界に入りました。15年目が始まります」とデビュー間もない頃の写真とともに報告。「同期3人とも定期的に会うくらい仲良いです 2枚目の写真はちょうど10周年のときのもの」と紹介した。

     「14年もありがとう。これからもよろしくです」と感謝し「#ホリプロタレントスカウトキャラバン #TSC #32th #15年目も頑張ります #記念日 #15周年企画やりたいね」とメッセージした。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【足立梨花、芸能入りから14年が経過。15年目をスタートを報告、応援コメントも続々。】の続きを読む

    このページのトップヘ