「広瀬アリスVS広瀬すず」 もう「すずの姉」とは呼ばせない。立場が逆転していた姉妹の事情 。

飾らないアリスがいいね!

NO.10024503 2021/11/29 15:28
「広瀬アリスVS広瀬すず」 いつの間にか立場が逆転していた姉妹の事情
「広瀬アリスVS広瀬すず」 いつの間にか立場が逆転していた姉妹の事情
もう“すずの姉”とは呼ばせない。広瀬アリス(26)が売れに売れ、今年のタレントパワーランキング(アーキテクト調べ)では、ついに妹・すず(23)を抜いて逆転、CM起用社数ランキング(ニホンモニター調べ)でも並んだ。

姉妹のスタートはどちらも「ミスセブンティーン」のグランプリ受賞(アリスは09年、すずは12年)と同じだった。専属モデルとして活動しつつ、2人とも女優の道へ。

アリスは10年に、昼ドラ「明日の光をつかめ」(フジテレビ系/東海テレビ制作)で昼ドラ史上最年少のヒロインとして女優デビューし、同年には全国高等学校サッカー選手権大会(第89回大会)の応援マネージャーを務めた。

すずは13年に、香取慎吾主演の「幽かな彼女」(フジ系/関西テレビ制作)で女優デビューし、翌年には全国高等学校サッカー選手権大会(第93回大会)の応援マネージャーとなった。ここまで姉妹の足跡は非常によく似ている。民放プロデューサーは言う。

「差がつくのはこのあとです。すずは15年に『学校のカイダン』(日本テレビ)で連ドラ初主演。この年に公開された、綾瀬はるか主演の映画『海街diary』(是枝裕和監督)に出演し、日本アカデミー賞はじめ新人女優賞を総なめしました。映画はカンヌ映画祭に正式出品され、17歳にしてレッドカーペットも歩きました。16年には映画『ちはやふる』(小泉徳宏監督)に単独初主演して日本アカデミー賞の優秀主演女優賞、渡辺謙主演『怒り』(李相日監督)では優秀助演女優賞の同時受賞という快挙を成し遂げました」

【日時】2021年11月29日 07:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】







#14 [匿名さん] :2021/11/29 16:07

>>0
アリストテレス


#12 [匿名さん] :2021/11/29 16:06

アリスは気品のある顔立ち 


#20 [匿名さん] :2021/11/29 16:31

>>12
笑いかたは下品だけどな