芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: 芸能


    山之内 すず(やまのうち すず、2001年(平成13年)10月3日 - )は、日本のタレント、女優、ファッションモデル。兵庫県神戸市須磨区出身。INCUBATION(インキュベーション)所属。本名同じ。 2018年4月ごろより関西にてサロンモデルを始め、撮影した写真をInstagramに投稿してい
    33キロバイト (4,250 語) - 2022年7月4日 (月) 01:29
    良く頑張りました。・・・

    1 ネギうどん ★ :2022/07/06(水) 11:47:19.35
    17歳で出演した恋愛リアリティー番組でブレイクし、TikTokやInstagramでの人気ぶりから“ティーンのカリスマ”と名高い、タレントでモデルの山之内すずさん。新時代表現プロジェクト「1 PICTURE 1 STORY(以下、ワンピク)」vol.3作品に、インスパイアソング『あの子になりたい』の歌い手として参加し、自身初のデジタルシングルリリースも果たした。

    人気ボカロP・音楽プロデューサーの40mPが手がけた同曲と、もとになった原案ストーリー『私たちの友情は永久不滅★』は、ともに“女のコ同士の嫉妬”をテーマに綴られた作品。今回は山之内さんが、“嫉妬の記憶”を明かします。

    「寺田てらさんの原案イラストに描かれている4人の女のコのうち、白い髪のコは『何も求めていないのに、いろいろな人に縛られている』状態だそうです。私、学生時代はこの子みたいなタイプでした。『こうしたい』っていう欲が、基本的にないんですよ。

    中学高校と学校を休みがちで、たまにフラッと学校に行って帰っていたので、友達もそんなにいませんでした。ぶ厚いメガネに髪の毛も長くてモサっとしていて、いつもオドオドしてるコでしたから、スクールカーストでいえば“圏外”。でも、なぜか“一軍”のコたちに『すずちゃん、カワイイね』って可愛がられていたんです。

    ただそれは、私のことを“下”に見ていたからだって、当時から感じていました。だから高校2年になって私のインスタのフォロワーが急に増えたり、芸能界に入ったときに彼女たちの態度がガラッと変わって……。イジメのようなイタズラを受けるようになりました」

    学生時代を振り返り、思うこと

    2019年1月、ティーンに絶大な人気を誇る恋愛リアリティ番組シリーズ『白雪とオオカミくんには騙されない♥』(ABEMA)に出演し、華々しく芸能界デビューを果たした山之内さん。同番組でブレイクし、いきなり全国区の知名度に。一方で当時、同級生から生配信中にコメント欄で個人情報を暴露されり、学校ですれ違いざまに足を引っ掛けられていた“被害”を、公式YouTubeチャンネル「山之内之家」でも明かしている。

    「自分なりに理由を探ってみると、『なんで、あの陰キャがテレビに出てるのよ』とか、『私が好きなメンズモデルと共演しやがって』っていう嫉妬だったみたいで…。なかにはふたりで遊んだことがある子もいて、表面的には仕方ないことなのかもなと受け止めつつも、内心では悲しかったです。

    でも女のコ同士の関係ってすごく複雑で、イヤでもその場にいなきゃいけないツラさがあったり、我慢をしなきゃいけないことが多いものですよね。だから、そうしてイタズラを受けることで学んだことも多かったと思います。自分に合う人を見極める力が身についたし、マイナスな環境から離れる勇気も持つこともできた。いい意味で、自分を強くしてくれたんじゃないかなと今では思っています」

    芸能界入りする前も今も、山之内さんが親交を温めるのは“見極めた”友人たちだ。

    「基本、私は受け身なんですけど、昔から直感で『好き! この子と仲良くなれるな』と感じた相手とは、なぜか自分から動いてすぐに仲良くなれるんです。

    たとえば、今でもしょっちゅう電話していて、私のYouTubeにも声で出演してくれた親友には、中学校の入学式に日に“ひと目惚れ”をして私から話しかけました。何年たっても、私が仕事で上京しても、どれだけ環境が変わっても、ずっと変わらないでいてくれる親友のひとりです」

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/22ff7e074341304fa82c54ad912a053ec5b4c50d

    【山之内すず、高校時代に嫉妬に苦しんだ、いじめにも合ったことなど 「マイナスの環境から離れる勇気を持つこと」】の続きを読む


    🎤小林廣輝アナ、7月末でTBS退社 インスタで報告&感謝「本当に幸せな時間でした」 - 芸能ニュース掲示板|18レス|爆サイ.com南関東版


    小林廣輝アナ、7月末でTBS退社 インスタで報告&感謝「本当に幸せな時間でした」
     TBSの小林廣輝アナウンサー(28)が6日、自身のインスタグラムを更新し、同局を7月末で退社することを報告した。

     小林アナは「ご報告」の書き出しで「2022年7月末でTBSを卒業致します!」と発表。「報道現場で取材に協力して下さった皆様、スポーツの現場で取材に応じて下さったアスリートの皆様、未熟な私を支えてくださったラジオ・テレビ番組関係者の皆様、出演者の皆様、出版社の皆様、そして何より日頃から応援して下さった視聴者の皆様、本当にありがとうございました!」と感謝の言葉を伝えた。

     続けて「報道・情報・バラエティ・ラジオ・ナレーション現場で、至らぬ自分がどうしたらラジオ・テレビの前の皆様が楽しい日常を送る一助となれるのか、、と格闘した日々でした」と振り返り「そういった環境でもがき続けて来られたのも、皆様のお陰であると今強く感じております」と思いをつづった。

     最後は「学生時代から憧れていたTBSで働けて本当に幸せな時間でした」と記し「正直、大好きなTBSを離れるのは寂しいですが、それ以上に新しい目標に少しでも近づきたいという気持ちを抱きワクワクしています。改めて関わってくださった全ての皆様、本当にありがとうございました!」と結んだ。

     小林アナは、2018年4月にTBSに入社。『Nスタ』『アッコにおまかせ!』『TBS NEWS』『イベントGO!』などを担当。昨年6月には一部写真週刊誌で複数の女性との交際が報道された。

    【日時】2022年07月06日 17:04
    【ソース】ORICON NEWS

    【TBS小林廣輝アナ、自身のインスタを更新し、同局を7月末で退社することを報告。感謝「本当に幸せな時間でした」】の続きを読む


    堤下 敦(つつみした あつし、1977年(昭和52年)9月9日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。落語家。お笑いコンビ・インパルスのツッコミ担当。相方は板倉俊之。 神奈川県横浜市神奈川区出身。吉本興業所属。東京NSC4期生。身長174cm。体重108.6kg。よしもと神奈川県住みます芸人。
    28キロバイト (3,488 語) - 2022年6月30日 (木) 17:21
    もうダメだと思う。

    1 muffin ★ :2022/07/03(日) 02:15:00.98
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4294715/
    2022年07月03日

    明石家さんまが2日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ)で、先月、車を運転中に物損事故を起こしたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦について言及した。

    さんまはオープニングトークで「今日もフジテレビ不祥事起こした感じやな。さっきも(関係者から)『すみません、さんま師匠。フジテレビも色々、迷惑かけまして』と言われて俺も『おう』と言うててんけど『こちらこそ堤下がすみません』って。チャラになったんや(笑い)」と明かした。

    さんまは続けて前回、堤下が事故を起こした際に「あの時に運転やめとけ言うたよな」と忠告したという。すると共演者の陣内智則が「1回ありましたもんね。もう1回免許を取り直したらしいですよね。あれでなくなったはずなんですけど、もう1回取り直したんですよ堤下は」と免許を再習得していたことを明かした。

    それを聞いたさんまも「運転せえへん言うてたけど、そうか…」と驚いていた。

    堤下は2017年にも睡眠導入剤を飲んで車を運転中に意識もうろうの状態で電柱に激突する事故を起こしていた。

    【インパルス堤下、もう一回運転免許を取り直したらしい。 「運転せいへん言うたけど、そうか」】の続きを読む


    📊参院選 自民党・松山三四六候補が不倫の末、中絶同意書に偽名で署名していた - 政治・経済ニュース掲示板|59レス|爆サイ.com南関東版


    参院選 自民党・松山三四六候補が不倫の末、中絶同意書に偽名で署名していた
     参院選に自民党から出馬している新人の松山三四六(さんしろう)氏(51、長野選挙区)が、20代女性(当時)と不倫し、女性が妊娠した際に、人工妊娠中絶同意書に偽名で署名していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。有印私文書偽造の疑いがある。

    ■長野の地元局で冠番組を多数持つ超有名人
     東京出身の松山氏は学生時代から柔道で活躍し、明大柔道部時代にケガで挫折すると、ものまねタレントやラジオDJとして活動を開始。芸名はかつて弟子入りした松山千春と柔道小説の姿三四郎に由来する。

    「私生活では1998年に女優の網浜直子(53)と結婚し、二人の子宝にも恵まれた。長野の地元局で冠番組を多数持ち、ローカルタレントとして不動の地位を築いている長野の超有名人です。“説教キャラ”で『大きく変わるチャンスを大変という』など自筆の格言を、ファンにプレゼントしている。その一方で、長野市内のキャバクラのVIPルームに地元経営者らと入り浸るなど、奔放な一面もあります」

    【日時】2022年07月06日
    【ソース】文春オンライン

    【参院選長野選挙区で 自民党から出馬している松山三四六候補、不倫の末、人口妊娠中絶同意書に偽名で署名していた。】の続きを読む


    佐野 浅夫(さの あさお、本名:佐野淺雄〈読み同じ〉、1925年(大正14年)8月13日 - 2022年(令和4年)6月28日)は、日本の俳優・声優・童話作家・実業家。アクターズ・セブン所属。身長168cm。神奈川県横浜市、現在の保土ケ谷区出身。 実家は相模鉄道天王町駅近くの青果商。神奈川県立横浜第
    27キロバイト (3,223 語) - 2022年7月5日 (火) 11:05
    96歳ですか・・ご冥福をお祈りいたします。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/05(火) 21:55:03.03
    2022年7月5日 5時45分スポーツ報知 # 芸能

     TBS系の人気時代劇「水戸黄門」の3代目黄門役で親しまれた俳優の佐野浅夫(さの・あさお、本名・佐野浅雄)さんが6月28日午後9時59分、老衰のため京都市内の自宅で死去した。96歳だった。

     * * *

     「5代目黄門様」の里見浩太朗(85)が4日、スポーツ報知の取材に応じ、佐野さんを追悼した。2人は縁戚関係にあり、里見の母親と佐野さんがいとこだったという。「親戚で同じ役ができたのはまれで、幸せなこと。とにかく厳しい人。芸の虫でいい役者人生だったのではないか。訃報(ふほう)は今日、連絡を受けました」と話した。

     歴代の黄門役は名脇役がほとんど。しかし里見は“助さん”も演じたが、スター街道を歩んでおり、それまでのスター芝居では異質の黄門になるため「実はとてもプレッシャーだった。主役でありながら抑制した存在感が出せるか。そのとき『頑張れよ』と一言いわれたのを覚えています」。

     佐野さんは「俺は俺、お前はお前だから」と干渉も批評もするタイプでなかった。しかし、厳しさにおいては「一度、撮影に入れば、現場で共演者が冗談を言うことすらも良しとはしなかった。徹底した厳しさは、役を掘り下げる自分の芝居でも同じだった」。

     普段は「おじさん、おじちゃん」と呼んでいた。里見が中学時に母と見た映画「きけ、わだつみの声」で演じた鬼軍曹役の迫真演技を今も時々、思い出すという。

    https://hochi.news/articles/20220704-OHT1T51186.html?page=1

    【里見浩太朗、佐野浅夫さんを追悼「2人は縁戚関係で同じ役ができたのは幸せなこと」…水戸黄門様】の続きを読む

    このページのトップヘ