芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ:芸能 > 歌舞伎


    市川猿之助 (4代目)のサムネイル
    四代目 市川 猿之助(いちかわ えんのすけ、1975年〈昭和50年〉11月26日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。東京都出身。本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。…
    79キロバイト (10,272 語) - 2024年5月21日 (火) 23:07

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    市川猿之助さんの激変ぶりに驚きですね。一家心中事件から1年、柴犬と共に公園に出かける姿は愛らしいです。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/05/27(月) 08:32:37.48 ID:rFhNBixr9
    2024年05月27日

    「一家心中」事件から1年

     昨年5月18日、都内目黒区の自宅で父・市川段四郎(享年76)と母親(同75)と一家心中を図り、自殺ほう助の罪に問われた市川猿之助、本名・喜熨斗(きのし)孝彦(48)。11月17日に下された判決は懲役3年、執行猶予5年の有罪であった。判決に際し、彼は「自分の弱さも自覚し、周囲の方々に相談し、助けていただきながら、一日一日一生懸命に生きていこうと考えています」とコメントしていた。

     その判決から半年、事件発生から1年がたった5月19日の午後4時過ぎ、猿之助は自宅近くの公園にいた。半ズボンにサンダル履き、Tシャツの上にざっくりと羽織った上着が体形を隠すが、引きこもりがちの日々のせいか、かなり痩せたようで、足もすっかり細くなっている。その足元に小さな柴犬が、ちょこちょことまとわりついていた。

    子犬を連れて公園へ

     自転車の前かごに子犬を乗せて向かった先の公園は、住宅街の中にあってもひと気は少ない。近所の人が「最近犬を飼い始めたみたいで、一緒に出かけるのをよく見ますよ」と言うように、そこでおよそ2時間、園内を行ったり来たり、犬を歩かせ、自身も歩き、ときおりベンチに座っては、スマホの画面に目を落としていた。

     その後ろ姿には、かつて見た名優・怪優の存在感はない。帽子にマスクにサングラスといういでたちとはいえ、彼が猿之助であると気付く人はなく、帽子からのぞく後頭部は、坊主頭と言っていいくらい見事に刈り上げられている。

     歌舞伎の世界と縁が切れたわけではない。今年1月に行われた段四郎とその兄猿翁の追悼会で、いとこにあたる市川中車こと香川照之(58)が、息子市川團子(20)の指導に猿之助が当たっていることを明かしている。

     ただし、執行猶予が解けるのはまだ先のこと。罪を償ったあとの本格的な復帰を待望する声もあるという。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2024/05270600/

    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)


    (出典 www.dailyshincho.com)

    【市川猿之助、事件から丸1年、愛犬と共に公園へ!一家心中事件からの激変ぶり】の続きを読む


    市川十郎 市川團十市川十郎(いちかわ だんじゅうろう、旧字体:市川 團十郞)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょうよう ぼたん)。役者文様は鎌輪ぬ(かまわぬ)。江戸時代の元禄より、当代の十三代目市川團十郞まで13代、追贈1名を数える。 市川團十
    13キロバイト (1,082 語) - 2023年12月18日 (月) 18:35
    市川團十郎の自宅に超危険生物が出没!?本当に怖いですね…子供がいる家庭の方々は特に気をつけないといけませんね。

    1 湛然 ★ :2024/05/21(火) 05:46:36.57 ID:eT3xfPAO9
     超危険生物が自宅に!?「教えてください」大焦り 驚きの声「これは怖い」「子供は大丈夫?」
    [ 2024年5月20日 16:13 ] スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/20/kiji/20240520s00041000455000c.html
    市川團十郎X(@DANJURO_HAKUEN)から
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/05/20/jpeg/20240520s00041000454000p_view.webp


     歌舞伎俳優・市川團十郎(46)が20日、自身のX(旧ツイッター)を更新。自宅に出現したヘビの写真を公開し、反響を呼んでいる。

     「え?我が家に!?」と書き出し、ヘビの写真を投稿した團十郎。「これは、マムシ?!」と、毒を持つ危険生物なのではないかと焦り、「教えてください」と呼びかけた。

     このヘビには、フォロワーから「マムシではなくて、アオダイショウのようですよ」という返信が。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【市川團十郎の自宅に超危険生物!? ファン大騒ぎの驚愕事件とは】の続きを読む


    四代目 市川 猿之助(いちかわ えんのすけ、1975年〈昭和50年〉11月26日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。東京都出身。本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。ケイファクトリー所属。…
    79キロバイト (10,243 語) - 2023年11月17日 (金) 06:29
    「市川猿之助被告の復帰は、やはり物議を醸してしまいますね。一部の人々は彼の過去の行状や発言に対してまだ根強い不信感を抱いていることを考える」

    1 それでも動く名無し :2023/11/17(金) 13:50:21.12 ID:WeG76r+b0
    https://news.yahoo.co.jp/articles/af07ec4587f9ea1d48f57f9710a613ea8139ff14?page=3

    歌舞伎興行を担う松竹は9月末日、公演関係者に向けて《公演関係者ハラスメント防止ガイドライン及び相談窓口のお知らせ》と題する文書を配布した。そこには《舞台制作現場において、あらゆるハラスメントの防止を図り、舞台関係者の働きやすい制作現場環境を実現する》《ハラスメントに対する厳格な対応の実施》といった文言が並ぶ。

     松竹はこの「ハラスメント防止文書」について、「過去、現在に関わらず、すべての舞台製作の現場に共通した運用として対応して参ります」とした。

    「ですが松竹は、猿之助に対しては厳格な対応どころか調査すらせず、猿之助を復帰させる方向で動いています。社会貢献活動など“禊”を行い、世間の理解を得た上で復帰させるというプランが練られ、その準備が進んでいるといいます。結局は、自殺幇助の判決が出るのをもって幕を引こうとしているように思われても仕方ないのです」(別の演劇関係者)

    【市川猿之助被告、歌舞伎界復帰への道が開ける!驚きの動きが明らかに】の続きを読む


    中村 獅童(なかむら しどう)は、歌舞伎役者の名跡の一つ。初代の屋号は播磨屋、当代は萬屋。初代の定紋は揚羽蝶、当代は桐蝶。 名跡の由来は、初代の父三代目中村時蔵の俳名。 初代 中村獅童 三代目中村時蔵の三男、1929–2008。若くして歌舞伎役者を廃業して映画プロデューサーに転向、弟や息子を支えた。…
    952バイト (161 語) - 2022年6月14日 (火) 02:08

    (出典 marukudo.hatenablog.com)


    中村獅童さんの次男さん、小川夏幹くんの両手小指の欠損について知りました。でも、彼自身がそれを「1つの個性」と受け入れている姿勢には感銘を受けました。

    1 冬月記者 ★ :2023/11/13(月) 22:01:57.53 ID:CkpQZghZ9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5eec7a41167340638b10be46c5fa6546f25d572


    (出典 i.imgur.com)


    中村獅童次男の小川夏幹くん、12月歌舞伎座初の『超歌舞伎』で初お目見得 獅童が生まれながらの両手小指の欠損を公表「1つの個性」

     歌舞伎俳優の中村獅童(51)、獅童の長男の小川陽喜くん(はるき/5)、次男の小川夏幹くん(なつき/3)が13日、都内で行われた歌舞伎座『十二月大歌舞伎』(12月3日~26日)の第一部「超歌舞伎 Powered by NTT『今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)』」の会見に参加した。夏幹くんの初お目見得となる。


     
     本人の登場に先駆けて、夏幹くんについて獅童から話が。獅童は「重たく受け取めていただきたくないです。難しい問題で我々は、ごく普通によくどこにでもある家族として生活してきました。夏幹は、2020年のちょうどコロナ禍の中に、この世に誕生しました。生まれながらに両手の小指が欠損している状態なんです。これは、お腹の中にいる時にはわからなかったことで生まれて初めてわかったこと」と公表した。「なんとなく普通に見えるような手術を2回」したことも明かした。

     公表するか、しないか、を迷っていたという。しかし、歌舞伎俳優に憧れを抱いた。「好きじゃないとできない仕事。幸いなことに陽喜が『やりたい』と言ってくれて初お目見得させてもらった。そうすると環境的に弟の夏幹も『僕もやりたい』と。歌舞伎役者として、指がないということは隠せる部分ではない。見えてしまいますから。歌舞伎役者にさせるべきじゃないのか、という問題もあったんですけど、やっぱり子どもの気持ちを尊重して、やらせようとなった」と経緯を振り返る。

     「泣き虫でママっ子で大丈夫かなと心配もあったんですけど、子どもはお化粧するのがハードル。お化粧する最中に泣き出す」と明*。

     その点で、先月に化粧のおけいこをした際に「泣いちゃうんじゃないかと思ったのに颯爽と歌舞伎座の楽屋に入った(笑)。この子は歌舞伎がやりたいんだなと思った」と笑わせる。

     化粧もすんなり済ませたが「クセなんでしょうね。いいとこばっかりなんですけど、悪い点を1つ挙げるとすると、なっちゃんはうれしくなると唇をペロペロしちゃう(笑)。白塗りをしている最中にうれしさで、唇をペロペロして、ちょっとした隈取りなんですけど口のところだけ剥げちゃって。だから公演をご覧になった時に、夏幹の唇が剥げているときはうれしくなっているんだなと思います」と伝えた。

     改めて「報道の方も、これをどう報道するのか戸惑うと思う」とする。「歌舞伎もそうですけど、時代を変えていきたい。価値観、マイノリティ、コンプレックスなどの問題を1つの個性として受け入れられるような社会になってほしい。せっかく人前に立たせていただく職業なんですから。これだけグローバルな時代になった。1つの光、同じような境遇の方たちに勇気を与えるような存在になってくれればうれしい。そんな思いで公表することにしました」とする。

     続けて「僕らは生まれてから普通に過ごして参りました。コロナ禍で緊急事態宣言で家族でいる時間も長く、夫婦でいろんな話もできました。歌舞伎役者になりたいと言ったわけですから、けいこに励んで一生懸命、前を見据えて力強く生きていってほしい」と夏幹くんにメッセージ。「『障がい者』、『ハンディキャップ』とか、いろいろな言い方がありますが外国では『チャレンジド』という言い方がある。『チャレンジド』ってカッコいいなと思います。前を見据えて、チャレンジする精神は僕もその気持ちを忘れたくない。超歌舞伎を歌舞伎座でやるのはチャレンジなので」と力強く語った。

     「昔の時代だと、そういう子どもはなるべく表に出さない方がいいと言われていた時代もあったのかもしれないですけど、もうそういう時代じゃない。もうグローバルな時代。堂々と普通に接するのが1番。同情されたくないですし、かわいそうな役者として見ないでください。一般の子役。同じように、いち歌舞伎役者として、温かく見ていただきたいです」とファンにメッセージ。

     報道陣に向けて「これを言うことで、感動的にとらえていただきたいとか、一切ない。そこだけは強調させていただきたい。自由に書いていただきたい。今言ったことを包み隠さず、全て僕の言ったとおりに報じていただけたら、こんなにうれしいことはないです」と報道陣に伝えると「このことに関して全てお話しますけど、もう僕らにとっては普通のことなので、このことをお話するのはきょうで最後にしたいと思います」としていた。

    【中村獅童の次男、小川夏幹くんの両手小指の欠損を公表!個性的な魅力で注目される】の続きを読む


    市川武十郎 → 初代市川染五郎 → 二代目市川高麗蔵 → 四代目松本幸四郎 → 男女川京十郎 二代目 市川染五郎 ? - 1828年。 市川染蔵 → 二代目市川染五郎 → 坂東太郎助 三代目 市川染五郎 1778年 - ? 市川萬蔵 → 三代目市川染五郎 → 松本武十郎 四代目 市川染五郎
    3キロバイト (441 語) - 2021年10月2日 (土) 03:47
    市川染五郎さんはまだ18歳なのに、とても成熟したセンスを持っていますね。

    1 フォーエバー ★ :2023/11/10(金) 08:26:25.56 ID:Qu8g/7YF9
    11/10(金) 8:15配信

    日テレNEWS NNN

    歌舞伎俳優・市川染五郎さん(18)が9日、『第40回 ベストジーニスト2023』の授賞式に登場し、ファッションへの“渋いこだわり”を明かしました。

    【画像】市川染五郎が魅せた“大人の表情” ハイブランドファッションと黄色のアイシャドーで“変身”

    これからの時代を作る新しい世代に贈られる『次世代部門』を受賞した染五郎さん。「デニムというファッションアイテムも、着れば着るほどその人の体になじんでくる。ジーンズのように自分の芸がなじむくらい、そこを目指して役者という職業を追求していきたい」と、歌舞伎俳優としての目標をジーンズになぞらえながらスピーチしました。

    個性的なファッションで登場した市川染五郎さん

    また、この日のコーディネートのポイントを聞かれると、「個人的に70年代・80年代のファッションが好き。デヴィッド・ボウイ、マイケル・ジャクソン、沢田研二さんのファッションに刺激をいただいていて、今回はそのお三方を交ぜたような意識でお願いして用意していただきました」と、18歳ながらファッションに対する“渋いこだわり”を明かしました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/174251bfa7442368ef0b06f697986d65ca1913d7


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l

    【市川染五郎がファッションアイコンと仰ぐスター3人を一挙公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ