芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ:芸能 > コメンテイター


    今更議員に戻ってもすぐに選挙があり別の候補者が自民党が出るだから・・・!今の仕事を続けるのがベストですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/28(火) 07:28:22.53

    9/28(火) 0:51
    日刊スポーツ

    金子恵美氏、石崎徹衆院議員辞職の繰り上げ当選辞退「メディアの仕事が筋」
    金子恵美氏(2020年2月26日撮影)
    元衆院議員の金子恵美氏(43)が27日深夜、ブログを更新し、石崎徹衆院議員(37)が24日に議員辞職願を衆院に提出したことを受けて対象となった、17年の衆院選の比例北陸信越ブロックでの繰り上げ当選を辞退する意向を明らかにした。

    石垣氏は新潟1区から自民党公認で立候補し、比例復活しており、金子氏は同4区から出馬し落選も、次点だった。金子氏は19年10月に政界引退を表明し、翌20年2月には大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」とマネジメント契約を結びテレビ、ラジオ各局でコメンテーターなどとして活動している。

    金子氏はブログに、自民党から連絡が来たものの、寝耳に水だったと戸惑いの思いをつづった。

    「この度、北信越ブロックの比例枠で当選されていた議員が議員辞職をしました。それに伴い、自民党の比例名簿の次点であった私が繰り上げ当選をすることになります。週末に急遽自民党から連絡がありました。まさに寝耳に水でしたし、衆議院の『比例復活制度』については見直すべきだと主張している私としては複雑な心境でした。自民党からは『解散間近であり、復帰してもわずか数日の可能性もあるので、よく考えてお返事をください』との趣旨でした」

    国政に出た身として、支持した有権者への責任を感じた一方、新潟4区に公認候補が決まっており、悩んだこともつづった。

    「この週末に私はとても悩んでいました。選挙が終わってから丸四年が経とうとしています。国政に出させていた身でもあり立候補した身でもあり、一つの議席の重さと私に一票を投じてくださった方々の想いをよく理解しているつもりです。だから、この『繰り上げ当選』の機会を頂いたことは重く受け止めなければなりません。しかし、現状としては私が立候補した新潟四区では私の後任の候補予定者も決まっています。次の選挙に向けて準備を進めているとのことですので私が突然、繰り上げ当選をしたとしたら再び地元の皆様にもご迷惑と混乱を招くことになります。私の筋を通すにはどうするのが良いのか、非常に悩ましいところです」

    その上で、19年に政界引退を表明後、TBS系「ゴゴスマ-GO GO!Smile!-」月曜コメンテーター、フジテレビ系「めざまし8」コメンテーター、文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」月曜コメンテーターなど、メディアで活動する第2の人生を、筋を通して貫くと明言した。

    「一方でこの4年間で新たな道を進んできました。落選後は次の道が見えず暗中模索でした。そんな私に温かく声をかけてくださり、新しい道へのきっかけとチャンスを与え、手を差し伸べて下さった方々が大勢いらっしゃいました。多くの方々のご助言、ご協力、ご厚意のお陰で、現在のメディアでの仕事をさせていただけるようになりました。繰り上げ当選をして、たとえ1日でも現職議員に戻ったとしたら、契約上の問題などでもその多くの関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけすることになるというジレンマもあります。悩みに悩んだ結果、私は第二の人生を歩ませていただいたメディアの関係者の皆様からの御恩情を優先させていただくことが今の私の通す『筋』であると決断しました」

    金子氏は「様々なご意見もあろうと思いますが、これまで私に一票を投じてくださった方々の熱く重たい思いに応えるべく、私はこれからも10年間の政治経験を活かし誇りをもってコメンテーターや講師としてのお仕事に臨んでまいりたいと思います。今後ともご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます」(コメントは原文のまま)と決意をつづった。

    石崎氏は元秘書への暴行罪で20年10月に略式起訴され、自民党を離党。17日には日本維新の会の公募に応募しており、次期衆院選には日本維新の会から出馬する意向を示している。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2bb3c6e085dc19a1bc1c9591765b7ba90e5cccf3


    【金子恵美氏、石崎徹衆院議員辞職で衆議院比例で繰り上げ当選。当然辞退 「メディアの仕事を選ぶ」】の続きを読む


    襲撃事件、逆恨みでしょうね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/16(木) 07:28:34.86 ID:CAP_USER9.net

    9/15(水) 22:45
    東スポWeb

    東国原英夫が「師匠や軍団を逆恨みしている奴がいる」ツイートを説明不足と謝罪
    東国原英夫氏(東スポWeb)
     元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(63)が15日、ツイッターを更新し、師匠のビートたけし(74)が襲われた事件での自身の投稿について、説明不足だったと謝罪した。

     東国原は「本日、師匠に先般の『襲撃事件』の概要について伺った。先日僕がツィートした『師匠や軍団を逆恨みしている奴がいる』の『奴』は、『30年以上前に軍団を辞めた人物』の事で今回の襲撃事件の犯人等とは一切関係有りません。僕の説明不足で関係各位に多大なるご迷惑をお掛けした事をお詫び申し上げます」と投稿した。

     たけしは今月4日、TBSの番組出演後、つるはしを持った40代の男に襲われ、乗っていた車が傷つくなどした。男はすぐさま逮捕された。

     事件後、東国原はツイッターで「先日、『TVタックル』の収録の時、『軍団や師匠を恨んでいる輩がいる』と話したばかりだった。勿論、その恨んでいる輩が今回の襲撃犯人かどうかは、現時点で不明であるが」などと投稿していた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8953ca6ea42c3a88727a3b5e81e9f5621d0ceacf


    【東国原英夫、ビートたけしが襲われた事件での自身の投稿について、説明不足だったと謝罪した。】の続きを読む


    『ひるおび』、八代弁護士『32年前天安門事件』発言を怪鳥発見に突然切り替わる。視聴者唖然!

    偶然が重なった模様。怪鳥の方が興味があったよ~

    NO.9535676 2021/06/04 18:25
    『ひるおび』、八代英輝の『天安門事件』発言を不自然にカットし視聴者騒然

    画像:時事通信フォト

    今月に入り、千葉・柏周辺で目撃証言が相次いで報告されているミナミジサイチョウ。

    4日、捕獲作戦が実行されることを「ひるおび!」(TBS系)が随時中継していると、弁護士・八代英輝氏のコメントを信じられない部分で遮ることに。

    すると、その不自然な放送に視聴者からは説明を求める声が相次いで寄せられています。

    4日、千葉・柏市周辺で目撃されているアフリカ大陸原産の絶滅危惧種、ミナミジサイチョウの捕獲作業を中継した「ひるおび!」(TBS系)で番組放送中に問題の鳥が姿を現すという事態に出演者が沸きました。

    昨秋から千葉、茨城の県境周辺で相次いで目撃されているミナミジサイチョウ。

    翼を広げた大きさがおよそ2mにもある大型の鳥ですが、同日は関東地区でも大雨が降っていることから鳥の体力消耗を狙って捕獲作業が実施されることに。

    その捕獲作業の様子や専門家の意見をスタジオで伝えていたところ、突如MC恵俊彰さんが「ちょっと待ってください…あ!いた!いましたよ!」と絶叫。

    中継先のカメラに画面が切り替わると、顔面から首にかけての深紅色が特徴のミナミジサイチョウが映し出されたのでした。

    放送開始早々に目的の鳥があっけなく見つかったことに、スタジオの出演者も驚き。

    弁護士・八代英輝さんは「こんな簡単にいるもんなんですか?」と、番組の演出を冗談交じりに匂わせると「違いますよ!誰かがキュー振ってるように思ってるかもしれませんが」と恵さんが否定し。スタジオは笑いに包まれていました。

    ただその後、放送時間内に捕獲にはいたらなかったミナミジサイチョウ。

    警戒心の強さから難航する捕獲作業に、「また明日以降はお天気回復ということですけども…」と恵さんも心配そうにコメントを残しました。

    放送中、現在世間の注目の的になっているミナミジサイチョウを発見した4日の「ひるおび!」。

    ただミナミジサイチョウ発見時、視聴者の視線はミナミジサイチョウではなく八代英輝氏のコメントに向いていました。

    発見直前まで同じ動物の話題として、上野動物園のパンダの妊娠を特集していた同番組。

    するとパンダの話題に合わせて八代氏は「これ今日は天安門事件から32年という…」と中国国内では今でもタブーとなっている事件の名前を口に。

    その直後「ちょっと待ってください…あ!いた!いましたよ!」と恵さんがコメントを遮断し、映像がミナミジサイチョウの中継に切り替わったものだから視聴者は大騒ぎ。

    「かぶせ気味に『いましたよ!巨大鳥!!』はてさて。偶然なのかな?」

    「たまたまなのかわざとなのかはわからんが、天安門事件って言葉が出た瞬間に話題を遮断して中継に切り替えたな…露骨すぎひんか」

    「『外来種の鳥見つかりました!』って恵が切り替えたけど、どう考えても数分前からスタンバってたよねあそこに」

    「これ、もう八代さん天安門の話することなさそうだわ。発言遮ったの意図的なんじゃないの?」

    などと、番組の行動を疑う声が続出しました。

    「八代弁護士がコメントを始めた時、すでにスタッフがざわつく様子が放送でも確認できていました。なので、故意的に八代弁護士のコメントを遮ったとは考えられません。おそらくはたまたまだったのでしょう」(テレビウォッチャー)

    おそらく非常に悪いタイミングで偶然が重なってしまったと思われる4日の「ひるおび!」。

    巨大鳥の撮影には成功したものの、あらぬ誤解を招いてしまったようです。

    (文:有馬翔平)

    【日時】2021年06月04日
    【提供】Quick Timez

    【『ひるおび』、八代弁護士『32年前天安門事件』発言を怪鳥発見に突然切り替わる。視聴者唖然!】の続きを読む



    (出典 www.kozo-creators.co.jp)


    嫌われるからなぁ~ 人材不足

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2021/01/17(日) 10:38:42.34 ID:CAP_USER9.net

    新型コロナ禍で緊急事態宣言が再び発令された今、テレビ界にも異変が起きている。

    「ロケの多くが中止になり、スタジオの出演者も4人以下にするなど気を配っています。
    特に芸能イベントなどは大幅に減ったので、芸能リポーターがスタジオに来る必要がなくなってきました。
    必要があればリモートや電話で出演してもらうなどで済ませ、レギュラー出演はかなり減っています」(テレビ局関係者)

    芸能リポーターといえば、かつて故・梨元勝氏らがバブル期の芸能ニュースを盛り上げた。
    現在も不倫の謝罪会見などで囲み取材をする女性リポーターの活躍が話題になることがある。

    ただ、最近ではコロナ禍でテレビ局の広告収入も激減し、出演者にも大幅にメスが入ったという。

    「例えばあるローカル番組では井上公造さんを残して他の芸能リポーターを全員切ったというところもあります。
    4月からはさらに出演者を減らす方向で動いている番組もある。何よりネット界隈で芸能リポーター自体の評判が悪くなってきたことがありますね。

    記者じゃないので大した情報も持ってないですし、こちらで書いた台本を話してもらうだけの場合が多い。
    高いギャラを払ってスタジオに呼ぶこと自体が見直されてきている」(ワイドショー関係者)

    ワイドショー関係者によるとF層と呼ばれる女性層をターゲットにしている番組が多いため、
    企画しかり、出演者自体にも若返りが求められる中、芸能リポーターは高齢化していく一方だという。

    「完全に後継者不足です。芸能リポーターの中で若手といわれるのは40代半ば。
    どうやって芸能リポーターになるのかも不明ですし、第一、世間から嫌われることが多く、なりたがる若者がいない。
    今後はスポーツ紙記者や週刊誌の記者などが代役を務める可能性もあります」(芸能プロ関係者)

    そして有名な芸能リポーターといえば、井上公造氏を思いつく人も多いが、井上氏は複数の芸能リポーターを抱える事務所を経営している。
    例年、年末年始はハワイに出向き、空港でバカンスに訪れた芸能人にインタビューしているのが井上氏の恒例行事だった。
    しかし、コロナ禍でハワイに行く芸能人が激減し、井上氏も今年からハワイ取材に行けなくなってしまった。

    「公造さんはハワイに高級コンドミニアムを持っています。今までは仕事ということで番組に旅費を出してもらい、正月はハワイで過ごしていましたが、それができなくなりました。
    最近、芸能に全く関係ない月決めのオンラインサロンで『お悩み相談室』を始めたものの、会員が思うように集まらず閉鎖したそうです」(スポーツ紙記者)

    確かに悩みを抱えている人が、会費を払って芸能リポーターに相談するというのは商売として考え難い。
    中にはジャニーズや吉本芸人のヨイショをして生き延びようとする芸能リポーターもいるが、これまで以上に過酷な状況に置かれつつあるのは間違いない。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/283957


    【芸能界、 コロナ禍で芸能リポーター消滅危機。 なりたがる若者がいない。】の続きを読む


    田原総一朗、菅内閣支持率急落で「国民甘く見たしっぺ返し 今さら焦っても」コロナ禍の対応遅すぎた。

    とにかく早く収束出来る様にして下さい。

    NO.9155225 2021/01/06 11:57
    田原総一朗「国民甘く見たしっぺ返し 今さら焦るあきれた菅内閣」
    田原総一朗「国民甘く見たしっぺ返し 今さら焦るあきれた菅内閣」
    菅義偉内閣の支持率が急落した。

    政府の新型コロナウイルス感染拡大への対応のまずさが要因と思われる。

    ジャーナリストの田原総一朗氏は、菅内閣の見通しの甘さにあきれているという。

    12月21日に朝日新聞が報じた菅義偉内閣の支持率は39%で、前回11月の56%から17ポイントも急落した。

    そして不支持率は11月の20%から35%と大きく増えた。

    菅内閣が発足した9月時点での支持率は65%、不支持率は13%だったのである。

    何よりも菅内閣は「Go Toトラベル」の全国的な一時停止について、「勝負の3週間」と国民に強調しながら、その最後の週の12月14日まで何もしなかった。

    おそらくは毎日新聞が12日に報じた支持率40%への急落を知って、慌てて「停止」を決めた。

    朝日新聞の調査では、タイミングが「遅すぎた」は8割にも上っている。

    国民のほとんどが怒っているのである。

    しかも、「一時停止」を決めた日、「5人以上の会食は控えるように」と呼びかけながら、王貞治氏や杉良太郎氏など8人での会食を行っていた事実が、新聞、テレビで報じられた。

    まったく真剣味がない、と国民は憤った。

    このことを「問題だ」とする答えは66%あった。

    それにしても、菅内閣はなぜ、毎日新聞が支持率急落を報じるまで、「自粛」とばかり繰り返し述べていたのか。

    私は改めて、政府が新型コロナウイルス禍に対しての世論調査をしていなかったことを知って驚いた、というよりあきれた。

    いやしくも民主主義をうたう政府ならば、国民の心情を常に捉えていなければならないはずで、ことコロナ禍での国民の悩みや苦しみは細やかにつかんで..

    【日時】2021年01月06日 07:00
    【ソース】AERA dot.


    【田原総一朗、菅内閣支持率急落で「国民甘く見たしっぺ返し 今さら焦っても」コロナ禍の対応遅すぎた。】の続きを読む

    このページのトップヘ