芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ:芸能 > 映画監督


    秋元 (あきもと やすし、1958年〈昭和33年〉5月2日 - )は、日本の放送作家、作詞家、音楽プロデューサー。東京都目黒区大橋出身。 中央大学文学部中退。妻は元アイドルの高井麻巳子。株式会社秋元康事務所所属。日本映画監督協会会員。2010年6月、日本放送作家協会理事長に就任。2016年4月、…
    236キロバイト (23,320 語) - 2022年11月14日 (月) 10:58
    持っている人は違うだね! 

    1 フォーエバー ★ :2022/11/14(月) 06:17:34.99ID:1s7eushV9
    [ 2022年11月13日 22:23 ]

    Photo By スポニチ
     作詞家でプロデューサーの秋元康氏(64)が13日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(日曜後10・00)の対談企画「インタビュアー林修」に出演。今までで一番凄いと思ったアイドルを明かした。
     林修氏から「一番凄いと思ったアイドルは?」と聞かれた秋元氏は「僕と山口百恵さんは同い年なんですけど」と、山口百恵さんの名前を挙げて語り始めた。

     「高校2年生の時、ニッポン放送で山口百恵さんの台本を書いていた。この人が凄いなと思ったのは、夜中にニッポン放送の3階のロビーで原稿を書いていたら、廊下側に背中を向けて原稿を書いていた。フワンって明るくなった。振り向いたら山口百恵さんが学校の制服を着て録音をしにきた」と振り返った。

     その時に「スターのオーラは本当に見えるんだと思った」としながらも「でも、それは僕の勝手な思い込みで、そんなの見えてない。でも、それくらいに見えるという深読み。僕の中では真夜中に光なんて見えないのに、見えた気になったところがスターだと思う」と山口さんをスターと感じた理由を語った。

     さらに「深読みしてしまうってことは、僕らが盛りたくなる。みんなが語りたくなる、それがスターの条件じゃないですか」と明かした。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/13/kiji/20221113s00041000708000c.html

    【秋元康氏、夜中の廊下がオーラに包まれたアイドル明かす。本当のスター】の続きを読む


    ビートたけしこと、北野 武(きたの たけし、1947年〈昭和22年〉1月18日 - )は、日本の漫才師、映画監督、俳優。1980年代初頭に起こった漫才ブームで、漫才コンビ・ツービートとして活躍した。社会風刺を題材としたシニカルな笑いで人気を獲得し、テレビ番組『THE
    184キロバイト (24,549 語) - 2022年8月3日 (水) 06:11
    状況が分からないね! 

    1 muffin ★ :2022/08/03(水) 16:16:21.00ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/03/kiji/20220803s00041000395000c.html
    2022年8月3日 15:41

    タレントで映画監督のビートたけし(75)が3日、所属事務所の公式サイトを更新。一部週刊誌で報じられた自身の監督作「首」を巡るトラブルについて言及した。

    たけしの小説を原作に西島秀俊が主演を務めた映画「首」について、一部週刊誌で、たけしの“最後の映画”として紹介し、撮影と編集がほぼ終了しているにも関わらずトラブルにより“お蔵入り”状態になっていると報じられた。

    これについてたけしは「また俺と喧嘩している週刊誌が*な事を書いている。『首』は俺の最後の映画ではない。今、他の映画の準備をしている真っ最中だ」と反論。

    「『首』については、撮影当初からKADOKAWAに早く契約を結んでくれとお願いしていたんだけど、編集作業に入ってもまだ契約してくれないので、やむを得ず作業を止めた。何人かのスタッフも契約内容に納得がいかず、クランクアップまで契約をしていない人がいたらしい」と説明し「俺の場合も同じで、今になっても契約できていない。金の問題ではなくて、KADOKAWAが提案してきた契約の内容があまりに一方的な内容だったので、こっちとしては、法律に従った公平な内容にしてくれとお願いしていただけで、無理な注文なんてしていない。契約してくれれば編集作業も再開するよ」とした。

    また、この映画に動画配信サービス「Netflix」が関係する可能性について「後から聞いたことで、それに関して金の要求なんて一切していない」と一蹴。続けて「KADOKAWAは、『製作総指揮角川歴彦』というクレジットを載せろとも言ってきた。KADOKAWAの今までの映画を見ると全部そうなっていて、笑ってしまう」とつづり「この週刊誌は嘘ばっかり書くので、これからはこちらで本当の話を伝えます」と呼びかけた。

    関連
    ビートたけし“最後の映画”がお蔵入りになっていた 契約を巡りKADOKAWAと対立
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/08031131/

    【ビートたけし、自身の監督作「首」を巡るトラブルについて言及。KADOKAWAとの契約が結べない。編集をSTOPしている】の続きを読む


    見てみたいね! 

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/06(月) 10:20:33.81

    2022年06月05日

     WOWOWが放送するドラマ「TOKYO VICE」が評判だ。

     そのストーリーは、1990年代の東京を舞台に、日本の大手新聞社に入社したアメリカ人青年が、警察担当記者となってヤクザ組織を追及するというもの。
     主役のアメリカ人青年を演じるのは、スピルバーグ監督の「ウエスト・サイド・ストーリー」に主演したアンセル・エルゴート(28)。日本からも、刑事役として渡辺謙や伊藤英明などそうそうたる俳優が顔をそろえている。
     映画記者によれば、
    「原作は元読売新聞記者のジェイク・エーデルスタイン氏による自伝本です。彼は記者時代に山口組系の後藤忠政組長のスキャンダルをつかんだものの、後藤組の怒りに触れ、身の危険を感じて読売新聞を退社。原作の中には、そんな記者時代の型破りなエピソードがたくさん紹介されているんです」
     日本ではあまり知られていないが、実はジェイク氏はアメリカでは有名人。
    「この原作は25カ国で翻訳されるベストセラーになりましたし、彼はアメリカの有名なドキュメンタリー番組『60ミニッツ』にも取り上げられたことがある。今回、映像化が実現したのも根強い待望論があったからなんです」(同)
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06051057/?all=1

    次ページ:原作には否定的な評価も
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06051057/?all=1&page=2


    【WOWOWが放送するドラマ、海外で空前の「ヤクザブーム」「TOKYO VICE」が好評。25か国で翻訳されベストセラ-】の続きを読む


    水谷 (みずたに ゆたか、1952年〈昭和27年〉7月14日 - )は、日本の俳優、歌手、映画監督。 北海道芦別市出身。トライサム所属。妻は伊藤蘭。長女は趣里。 身長168cm、体重60kg、血液型はA型。 四人兄弟の末っ子。北海道芦別市野花南、小平町達布など炭鉱街を炭鉱技師(出典不明)の父親の転
    67キロバイト (8,621 語) - 2022年5月24日 (火) 12:39
    映画監督もしていたのですね! 


    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/24(火) 13:00:40.30

    [2022年5月23日20時43分]

    俳優水谷豊(69)が監督を務めた映画「太陽とボレロ」(6月3日公開)の東京プレミアが23日、都内で行われ、主演の檀れい(50)や石丸幹二(56)森マリア(22)町田啓太(31)らが出席した。

    地方都市のアマチュア交響楽団を舞台にした作品で、檀演じる楽団主宰者を中心に、音楽を愛する「普通」の人々が織りなす人間模様を描いたエンターテインメント作。

    制作の経緯について、水谷は「2018年、ぼくにとって3本目の作品をとなったときに、ふとクラシックの世界はどうだろうと、まさに舞い降りてきた感じでした。
    それで最初にイメージしたのは、世界的なオーケストラ。その演奏会で、コンサートホールで、演奏が始まって中盤にさしかかって、いくつも楽器にさまざまな仕掛けが施されていて、
    音楽が盛り上がったときにバタバタと人が倒れていく、と考えたときに、ちょっと待てよ、これは『相棒』じゃないかと思って」と自身が主演を務めるテレビ朝日系人気連続ドラマ「相棒」シリーズに絡めて笑いを誘った。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205230001246.html


    【水谷豊、自身が監督を務める「太陽とボレロ」ちょっと待てよ、これは『相棒』じゃないかとジョ-クを・・】の続きを読む


    三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、コメディアン、俳優、映画監督。 劇団「東京サンシャインボーイズ」主宰。シス・カンパニー所属。 東京都世田谷区出身。父が好きだった大相撲力士・大鵬幸喜(当時は大関、後に横綱に昇進)にちなんで「幸喜
    74キロバイト (10,521 語) - 2022年4月10日 (日) 13:01
    TBSのアナウンサーが出演出来る訳ないよ! でもオモロイ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/16(土) 22:43:15.61

    4/16(土) 22:19
    スポニチアネックス

    三谷幸喜氏、安住アナにまさかの電撃オファー!?「『鎌倉殿の13人』に出ませんか」

     脚本家の三谷幸喜氏(60)が16日、TBS「情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演。同局の安住紳一郎アナウンサー(48)にまさかのオファーをする場面があった。

     三谷氏は突然「実はこの中に『鎌倉殿の13人』のスタッフが紛れ込んでるんですよ」と切り出すと、安住アナは「紛れ込んでいるというか…音声さんでNHKとTBSの現場を担当してらっしゃる方がいて」と、釈明。三谷氏が「スパイじゃないの?」とボケると、そのスタッフのTシャツには「KAMAKURA 13」と記されており、スタジオは笑いに包まれた。

     三谷氏は「あれは小栗旬さんが作られたんじゃないかな。というか、もうコラボですよね。(ドラマに)出ませんか?」と、まさかの電撃オファー。これに安住アナは「出るわけないじゃないですか!大河ドラマというものを、もう少ししっかりとしたものとしてやってください」と、息のあったやり取りで沸かせた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2944f025cb570115fbffb44333e92f824d515b65


    【三谷幸喜氏、安住アナに突然オファー!?「『鎌倉殿の13人』に主演しませんか」 出る訳ないじゃないですか?】の続きを読む

    このページのトップヘ