芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ:芸能 > 映画監督


    見てみたいね! 

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/06(月) 10:20:33.81

    2022年06月05日

     WOWOWが放送するドラマ「TOKYO VICE」が評判だ。

     そのストーリーは、1990年代の東京を舞台に、日本の大手新聞社に入社したアメリカ人青年が、警察担当記者となってヤクザ組織を追及するというもの。
     主役のアメリカ人青年を演じるのは、スピルバーグ監督の「ウエスト・サイド・ストーリー」に主演したアンセル・エルゴート(28)。日本からも、刑事役として渡辺謙や伊藤英明などそうそうたる俳優が顔をそろえている。
     映画記者によれば、
    「原作は元読売新聞記者のジェイク・エーデルスタイン氏による自伝本です。彼は記者時代に山口組系の後藤忠政組長のスキャンダルをつかんだものの、後藤組の怒りに触れ、身の危険を感じて読売新聞を退社。原作の中には、そんな記者時代の型破りなエピソードがたくさん紹介されているんです」
     日本ではあまり知られていないが、実はジェイク氏はアメリカでは有名人。
    「この原作は25カ国で翻訳されるベストセラーになりましたし、彼はアメリカの有名なドキュメンタリー番組『60ミニッツ』にも取り上げられたことがある。今回、映像化が実現したのも根強い待望論があったからなんです」(同)
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06051057/?all=1

    次ページ:原作には否定的な評価も
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06051057/?all=1&page=2


    【WOWOWが放送するドラマ、海外で空前の「ヤクザブーム」「TOKYO VICE」が好評。25か国で翻訳されベストセラ-】の続きを読む


    水谷 (みずたに ゆたか、1952年〈昭和27年〉7月14日 - )は、日本の俳優、歌手、映画監督。 北海道芦別市出身。トライサム所属。妻は伊藤蘭。長女は趣里。 身長168cm、体重60kg、血液型はA型。 四人兄弟の末っ子。北海道芦別市野花南、小平町達布など炭鉱街を炭鉱技師(出典不明)の父親の転
    67キロバイト (8,621 語) - 2022年5月24日 (火) 12:39
    映画監督もしていたのですね! 


    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/24(火) 13:00:40.30

    [2022年5月23日20時43分]

    俳優水谷豊(69)が監督を務めた映画「太陽とボレロ」(6月3日公開)の東京プレミアが23日、都内で行われ、主演の檀れい(50)や石丸幹二(56)森マリア(22)町田啓太(31)らが出席した。

    地方都市のアマチュア交響楽団を舞台にした作品で、檀演じる楽団主宰者を中心に、音楽を愛する「普通」の人々が織りなす人間模様を描いたエンターテインメント作。

    制作の経緯について、水谷は「2018年、ぼくにとって3本目の作品をとなったときに、ふとクラシックの世界はどうだろうと、まさに舞い降りてきた感じでした。
    それで最初にイメージしたのは、世界的なオーケストラ。その演奏会で、コンサートホールで、演奏が始まって中盤にさしかかって、いくつも楽器にさまざまな仕掛けが施されていて、
    音楽が盛り上がったときにバタバタと人が倒れていく、と考えたときに、ちょっと待てよ、これは『相棒』じゃないかと思って」と自身が主演を務めるテレビ朝日系人気連続ドラマ「相棒」シリーズに絡めて笑いを誘った。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205230001246.html


    【水谷豊、自身が監督を務める「太陽とボレロ」ちょっと待てよ、これは『相棒』じゃないかとジョ-クを・・】の続きを読む


    三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、コメディアン、俳優、映画監督。 劇団「東京サンシャインボーイズ」主宰。シス・カンパニー所属。 東京都世田谷区出身。父が好きだった大相撲力士・大鵬幸喜(当時は大関、後に横綱に昇進)にちなんで「幸喜
    74キロバイト (10,521 語) - 2022年4月10日 (日) 13:01
    TBSのアナウンサーが出演出来る訳ないよ! でもオモロイ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/16(土) 22:43:15.61

    4/16(土) 22:19
    スポニチアネックス

    三谷幸喜氏、安住アナにまさかの電撃オファー!?「『鎌倉殿の13人』に出ませんか」

     脚本家の三谷幸喜氏(60)が16日、TBS「情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・00)に生出演。同局の安住紳一郎アナウンサー(48)にまさかのオファーをする場面があった。

     三谷氏は突然「実はこの中に『鎌倉殿の13人』のスタッフが紛れ込んでるんですよ」と切り出すと、安住アナは「紛れ込んでいるというか…音声さんでNHKとTBSの現場を担当してらっしゃる方がいて」と、釈明。三谷氏が「スパイじゃないの?」とボケると、そのスタッフのTシャツには「KAMAKURA 13」と記されており、スタジオは笑いに包まれた。

     三谷氏は「あれは小栗旬さんが作られたんじゃないかな。というか、もうコラボですよね。(ドラマに)出ませんか?」と、まさかの電撃オファー。これに安住アナは「出るわけないじゃないですか!大河ドラマというものを、もう少ししっかりとしたものとしてやってください」と、息のあったやり取りで沸かせた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2944f025cb570115fbffb44333e92f824d515b65


    【三谷幸喜氏、安住アナに突然オファー!?「『鎌倉殿の13人』に主演しませんか」 出る訳ないじゃないですか?】の続きを読む


    三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、コメディアン、俳優、映画監督。 劇団「東京サンシャインボーイズ」主宰。シス・カンパニー所属。 東京都世田谷区出身。父が好きだった大相撲力士・大鵬幸喜(当時は大関、後に横綱に昇進)にちなんで「幸喜
    74キロバイト (10,521 語) - 2022年4月10日 (日) 13:01
    三谷さんらしいコメント! 

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/16(土) 23:20:11.19

    4/16(土) 22:40
    デイリースポーツ

    三谷幸喜氏 映画界の性加害問題に「僕なんかは、考えられない」
     
     脚本家の三谷幸喜氏が16日、総合司会を務めるTBS「情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)に出演。女性からの告発が相次ぐ映画界の性強要問題についてコメントした。

     映画監督としても活躍する三谷氏。「僕も映画作るので、ああいう、現場で…女優さんに何かモーションかける、みたいなのって、よっぽど映画の現場に興味がないか、もしくは、ものすごく自分が監督する自信があるか、だと思うんですよね」と慎重に言葉を選びながら語り始めた。

     続けて、「僕なんかは、考えられないんですけど。自信がないので、監督として。脚本家としては、ちょっと…あるかもしれないですけど…。ほんとに自信がないから、必*んです、現場で。絶対嫌われたくないから、みんなに好かれたいので。絶対1人の女優さんばっかりに向いちゃうと、絶対僕のスタッフに分かるから、雰囲気悪くなるし、うまくいくわけがないと思うんですね」と自分自身について説明。

     「でも、それでもやっちゃう、ということは、本当に映画監督として、自信がないとできないんじゃないかな」と話した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/00b8784b9360d80007ce91751da0587b71ba9a69


    【三谷幸喜氏、女性からの告発が相次ぐ映画界の性強要問題についてコメント。私は監督として「みんなから好かれたい」】の続きを読む


    夏帆(かほ、1991年6月30日 - )は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。血液型O型。所属事務所はスターダストプロモーション。 1991年、二卵性双生児の二人姉弟の長女として東京都に生まれる。小学5年生のときに、原宿(表参道)でスカウトされ、2003年にツーカーホン関西のCMでデビュー。
    49キロバイト (4,552 語) - 2022年3月30日 (水) 21:26
    夏帆、否定会見するの?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/11(月) 05:34:48.70

    4/11(月) 5:15配信
    東スポWeb

     園子温監督(60)による複数の女優への〝性加害報道〟が波紋を呼んでいる。

     被害者の1人を園監督に紹介したとして、アクション俳優で監督の坂口拓が自身のユーチューブチャンネルで謝罪。また映画「ヒミズ」「蛇にピアス」などを手掛け「園監督の右腕」と呼ばれた映画プロデューサー・梅川治男氏による性加害も一部で報じられた。

     女優の吉高由里子は6日に自身のツイッターで「はぁ…なんかそんな件で名前を聞きたくなかった方々が…よくない。優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。本当に残念」と投稿。具体的な言及はないが、一連の性加害報道を指すとみられる。

    「吉高は園監督の2006年公開の映画『紀子の食卓』で芸能界デビューを果たし、『蛇にピアス』は出世作になりました。いわば園監督は恩人ですが、今は耳をふさぎたいような状態になっているそうです。今後、園監督をNGにする女優が増えるのは間違いありません」(映画関係者)

     今回の騒動が始まる前から、園監督に不信感を抱いていた清純派女優もいる。それは夏帆だ。

    「夏帆は、13年に放送された、園監督のテレビ東京系ドラマ『みんなエスパーだよ』でヒロイン役を務めました。デビュー以来、清純派女優として人気を集めていましたが、同作で演じたのはヤンキーの女子高生役。しかも当初は聞いていなかった、下着姿の露出や性的なセリフもあるなど所属事務所ともども困惑したそうです。そのため、15年公開の映画版のオファーを受けることはありませんでした。映画版で同じ役を演じたのはオーディションで受かった、当時駆け出しの池田エライザでした」(同関係者)

     今や夏帆にとって同作は〝黒歴史〟かもしれない。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/65fb72329f36a688567df6de0948d7f894add5ca


    【園子温監督に、不信感を抱いていた清純派「夏帆」下着姿の露出や性的なセリフなど。出演ドラマは黒歴史か】の続きを読む

    このページのトップヘ