芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: 事件


    小室圭さん母にまたしても金銭トラブルが・・元恋人に「使ったお金返して」1600万円 警察トラブル

    今更ではないでしょうか?

    小室圭さん母が元恋人に「貢いだ金を返して」1600万警察トラブル
    昨年、元婚約者に約400万円を支払い、和解した小室佳代さん。実は、かつて同棲していた男性がいた。彼女は最近、男性に対して金銭を要求し、脅えた男性は…。

     今から数週間前の、晩夏のある日のこと。1人の男性が神奈川県警港北警察署を訪れた。年のころは70代後半から80代。細身の体躯に白髭を蓄えた彼は向かい合った警察官に対し、湧き上がる感情を押し殺すように口を開いた。

    「“その女性”から多額の金銭を要求されて、困っているんです」

     そう言うと、事の顛末を訥々と語り始めた。男性の脳裏には、昨秋の光景が焼き付いている。9月27日、横浜市内の閑静な住宅街は異様な熱気に包まれていた。頭上には、けたたましいプロペラ音を轟かせた5、6機の報道ヘリコプター。夜7時過ぎ、50人以上の報道陣が詰めかける中、1台のハイエースがマンションに滑り込んだ。ちょんまげ姿で颯爽とアプローチを歩み、一礼して自宅に消えたのは小室圭さん(30)。3年2カ月ぶりに米国から帰国し、母・佳代さん(56)と再会を果たしたのだった。男性が警察署で名指しした“女性”とは、佳代さん、その人だった。

    「実は、この男性と佳代さんの間で深刻な金銭トラブルが発生しているのです。次代の天皇の姉・眞子さんの義母が関係する事案ですから、一警察署だけで処理することはできない。情報は神奈川県警を通じ、速やかに全国警察のトップである警察庁の上層部にも共有されました」

     日本中の注目を集め、令和皇室を揺るがした、小室圭さんと眞子さんの4年余に及ぶ結婚劇。混迷の根本にあったのは、佳代さんと元婚約者・X氏との金銭トラブルだ..

    【日時】2022年09月14日
    【ソース】週刊文春
    【関連掲示板】

    【小室圭さん母にまたしても金銭トラブルが・・元恋人に「使ったお金返して」1600万円 警察トラブル】の続きを読む


    AOKIホールディングス・青木前会長「森元五輪会長に現金200万円」手渡すと供述

    本当であれば汚いね・・! 

    <独自>「森元会長に200万円」青木前会長供述
    東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、紳士服大手「AOKIホールディングス」前会長の青木拡憲(ひろのり)容疑者(83)=贈賄容疑で逮捕=が東京地検特捜部の調べに対し、大会組織委員会の会長だった森喜朗元首相(85)に「現金200万円を手渡した」と供述していることが31日、関係者への取材で分かった。青木容疑者は、現金を渡したのは森氏が会長だった時期と説明しており、特捜部は現金を渡したとされる経緯や賄賂性の有無などについて、慎重に捜査しているもようだ。

    関係者によると、青木容疑者は調べに対し、2回に分けて森氏に現金を直接手渡したと供述。趣旨については「がん治療をしていた森氏へのお見舞いだった」としている。

    森氏は組織委が発足した平成26年1月、会長に就任。女性蔑視と受け取れる発言をした責任を取り令和3年2月に辞任した。組織委の理事や会長は「みなし公務員」と規定されている。

    関係者によると、青木容疑者は組織委元理事の高橋治之(はるゆき)容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=に森氏との面会の場を設けるように依頼し、平成29年7月に森氏と面会。その後も複数回にわたり、会食するなどしたという。

    AOKIは30年10月、組織委とスポンサー契約を結んだ。AOKI側は面会時のやりとりを録音しており特捜部が押収している。

    森氏は31日、産経新聞の取材に対し「(現金の受領は)一切ありません」と回答した。

    【日時】2022年09月01日 02:01
    【ソース】産経新聞
    【関連掲示板】

    【AOKIホールディングス・青木前会長「森元五輪会長に現金200万円」手渡すと供述】の続きを読む


    🚨高橋容疑者は「伝説の電通マン」「雲の上の存在」 - 事件・事故掲示板|60レス|爆サイ.com南関東版


    高橋容疑者は「伝説の電通マン」「雲の上の存在」
    「伝説の電通マン」「雲の上の存在」。大手広告代理店「電通」の関係者らは、東京地検特捜部が17日、受託収賄容疑で逮捕した東京五輪・パラリンピック組織委員会元理事で、電通OBの高橋治之(はるゆき)容疑者(78)について、こう口をそろえる。

    高橋容疑者は慶応大学を卒業後、昭和42年に電通へ入社。2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)の誘致にも深く携わったことで知られ、国際サッカー連盟(FIFA)や国際オリンピック委員会(IOC)の幹部らと太いパイプを築いた。自他ともに認める日本のスポーツビジネスの第一人者だ。

    電通関係者は「交渉ではこびることが一切なく、相手の心をつかむのが天下一品。ギリギリを攻める仕事が得意」と話す。

    電通時代には部下を連れてプライベートジェットで海外へ食事に行くなど、豪放磊落(らいらく)な面も。専務、顧問を務めて電通を退社後は、コンサルティング会社「コモンズ」代表となり、スポーツビジネスのコンサル業を手がけていた。

    【日時】2022年08月17日 21:05
    【ソース】産経新聞

    【高橋容疑者は、大手広告代理店「電通」関係者は「伝説の電通マン」「雲の上の存在」】の続きを読む


    その髪は何だ・・?

    1 風吹けば名無し :2022/08/01(月) 15:20:44.48ID:Wvb9DLbE0
    山口県の阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円を巡り、電子計算機使用詐欺の罪で起訴された田口翔被告が1日に保釈されました。

    田口被告は代理人の弁護士を通じて「この度は、私の行動で多くの方にご迷惑をお掛けして大変申し
    訳ありません。保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しずつ返済していこうと思います」とコメントを発表しました。

    【誤って振り込んだ給付金4630万円の田口翔くん、1日に釈放されたが姿が変わり果てていた。】の続きを読む


    高橋治之氏、東京五輪・パラ組織委員会理事、五輪疑惑捜査大詰め「Xデ-は近い」特捜部の狙いは・・?

    本人は不正関与全面否定・・!

    逮捕間近! 五輪利権のキーパーソン「高橋治之」 それでも特捜部に上がる「国策捜査」の声
     東京地検特捜部による「東京五輪疑惑」の捜査が大詰めを迎えつつある。4日連続で関連先の捜索を大々的に行い、関係者らの聴取にも着手。いよいよ「Xデーは近い」と囁かれる裏側で、“特捜の狙いは何?”と訝しむ声が取材する大手メディアの記者たちから漏れている。

     疑惑の構図は、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之・元理事が、大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」側から“便宜を図った”見返りに約4500万円を受け取ったというもの。

     7月26日以降、特捜部は受託収賄容疑で高橋氏の自宅や五輪組織委(現在は清算法人に移行)、AOKI前会長の自宅などを捜索するとともに、高橋氏らへの聴取も行ってきた。

    「AOKIは東京五輪・パラ大会でスポンサー企業のひとつである『オフィシャルサポーター』に選定され、五輪エンブレム入りのスーツなど公式ライセンス商品を約3万着売り上げた。AOKIと組織委のスポンサーやライセンス契約に際し、高橋氏が働きかけを行うなどし、その対価として資金提供がなされたと特捜部は睨んでいます」(大手紙司法記者)

     組織委の理事は「みなし公務員」であり、職務に関連して金品を受け取れば、刑法の収賄罪に抵触する。これが容疑の根拠となっているが、高橋氏は特捜部の聴取に対して「不正への関与」を全面否定。

     今回の“五輪疑惑”が一筋縄で行かないことを物語っている。

    ■賄賂とされた4500万円のコンサル料
    “スポーツビジネス界のドン”と呼ばれる高橋氏は大手広告代理店「電通」の元専務で、2011年に同社顧問を退任後、14年6月から組織委理事に..

    【日時】2022年07月31日 08:00
    【ソース】デイリー新潮

    【高橋治之氏、東京五輪・パラ組織委員会理事、五輪疑惑捜査大詰め「Xデ-は近い」特捜部の狙いは・・?】の続きを読む

    このページのトップヘ