芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: 事故


    供給不足、旭化成半導体工場の復旧断念検討 世界的な供給不足に追い打ち -

    自動車は納期が遅れている、PCは生産が間に合わない状況。 半導体どうにかしてくれ・・!

    NO.9370481 2021/04/03 17:06
    旭化成半導体工場の復旧断念検討 世界的な供給不足に追い打ち
    旭化成半導体工場の復旧断念検討 世界的な供給不足に追い打ち
     旭化成は3日、火災で操業を停止している宮崎県延岡市の半導体工場について、既存の建屋の復旧断念を検討していると明らかにした。損傷が大きいためで、今後は新工場の建設も含めて検討する。復旧断念に至れば、半導体の世界的な供給不足に追い打ちをかける可能性もある。

     火災は昨年10月に「旭化成マイクロシステム」延岡事業所で発生し、5階建ての工場のうち火元とみられる4階部分などの損傷が激しい。旭化成は半導体の代替生産を同業他社に委託し、取引先への供給を続けている。

     工場ではLSIを製造しており、音響メーカーや自動車メーカーなど幅広い業種の製品に採用されている。



    【日時】2021年04月03日 15:42
    【ソース】共同通信


    【供給不足、旭化成半導体工場の復旧断念検討 世界的な供給不足に追い打ち -】の続きを読む


    驚愕『志村どうぶつ園』にも登場…5mのヘビに咬まれた男「血だらけになっちゃったよ」

    ヘビて休食何てあるの?  知らなかった! 半年は厳しいね・・

    NO.9352878 2021/03/27 13:50
    『志村どうぶつ園』にも登場…5mのヘビに咬まれた男「血の海になっちゃったよ」
    『志村どうぶつ園』にも登場…5mのヘビに咬まれた男「血の海になっちゃったよ」
    3月25日、岡山市でワニガメの保護活動をしている「ワニガメ生態研究所」所長の荻野要さんが、こんなツイートを投稿した。

    《昼に5mのアミメニシキヘビに襲われて、救急車で国立病院に運ばれて、治療して、点滴打って、警察の現場検証して、血の海になってお巡りさんも「こりゃ酷い…」って事件現場のようになっている大蛇部屋をこれから掃除。

    》アミメニシキヘビといえば、オオアナコンダと並んで世界最大とされるヘビだ。

    いったい、どのような状況だったのか、荻野さんに話を聞いた。

    「今回襲ってきた子は、普段は本当におとなしいんです。ヘビの中には基本的に人に向かってくる個体もあり、そのようなヘビが咬みつこうとしてくるのは日常茶飯事なんですが、あの子は違いました。ですから、私の油断もあったと思います。ヘビたちは最近休食中で、今週末に半年ぶりの食事の予定でした。おそらくお腹が空いて、私のことを食べ物だと思って襲ってきたんでしょう。右腕に食らいついて巻きつかれましたが、そのまま水の中に入れることで対処しました。水中だとヘビも息が苦しくなって、数分で離してくれるんです」

    アミメニシキヘビに毒はないが、念のため病院で抗生物質をもらい、止血してもらったという。

    縫合と数日間の入院をすすめられたが、荻野さんは「動物たちの世話があるから」と強引に帰宅。

    なお、咬まれた現場は実際に「血の海」で、人間の体内にこれほど血液があるのか、と驚かされる出血量だった。

    気力・体力が尋常ではない。



    【日時】2021年03月26日 17:05
    【ソース】Smart FLASH


    【驚愕『志村どうぶつ園』にも登場…5mのヘビに咬まれた男「血だらけになっちゃったよ」】の続きを読む


    凱旋、中絶報道男 元東大生・河野玄斗が“テレビ復帰”? 多方から反発

    発達障害なのです。記憶力が凄いのかも・・・?

    NO.9318523 2021/03/13 08:54
    中絶報道の元東大生・河野玄斗が“テレビ復帰”も反発「許されたの?」
    中絶報道の元東大生・河野玄斗が“テレビ復帰”も反発「許されたの?」
    2019年の『週刊文春』で、20代モデルの女性を中絶させた過去を暴かれた河野玄斗が、再びメディア露出を強めている。

    河野は東大医学部在籍中に司法試験に一発合格、ジュノンスーパーボーイコンテストではベスト30に入るなど、才色兼備な天才として一躍脚光を浴びた人物。『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)やクイズ番組などに引っ張りだこで、現在まで続く「東大ブーム」の一翼を担った。

    著書は爆売れ、在学中の19年には会社を設立するなど順風満帆な人生を送っていたが、同年6月、「文春」にて20代モデルを中絶させた過去が発覚。記事では、中絶後は新たな彼女を作り、同女性との連絡を一方的に絶ったほか、「今はまだ脳が発達していないから生きているものではない」「悲しいとかの感情があるわけじゃない」など、非人道的かつ自分本位な言い訳を繰り返していたことが生々しく暴露された。

    「こうしたスキャンダルや、卒業による『現役東大生』の肩書きが消えたこともあってか、河野のメディア露出は、徐々に減少。勉強系ユーチューバーや本業の受験アプリ開発に移行し、巨万の富を築く青年実業家となりました」(芸能ライター)

    しかし、ここ最近、メディア露出が再び増えてきているのだ。



    【日時】2021年03月12日 12:31
    【ソース】まいじつ


    【凱旋、中絶報道男 元東大生・河野玄斗が“テレビ復帰”? 多方から反発】の続きを読む


    謝罪じゃ済まんよ。一生が掛かっているかも・・・?

    【悲惨、教師「すまん、受験の願書出し忘れた」保護者に陳謝】の続きを読む


    画像、TBS「あさチャン!」2/15の横浜中華街の人出の映像が「誤って他の取材場所の映像を使用」視聴者謝罪。

    そんな大問題ではない。今後間違えが無ければ良い。

    NO.9291436 2021/03/01 21:38
    TBS「あさチャン!」横浜中華街の人出の映像で謝罪「誤って他の取材場所の映像を使用」
    TBS「あさチャン!」横浜中華街の人出の映像で謝罪「誤って他の取材場所の映像を使用」
    1日放送のTBS系情報番組「あさチャン!」(月~金曜・午前6時)で、2月15日に放送された神奈川県の横浜中華街の映像が違う場所のものであったと謝罪し、訂正した。

    番組の中で同局の藤森祥平アナウンサーが「訂正があります」とし「2月15日の放送の中で、コロナ禍での人出のニュースをご紹介しました。その際、横浜中華街をご紹介する映像の中で、誤って他の取材場所の人出に関する映像を使用してしまいました。視聴者の方に誤解を与える内容となってしまいました。お詫(わ)び致します」と謝罪。

    「それから映像の中で横浜中華街がかなり混雑しているというようにお伝えしましたが、番組が取材しました日の横浜中華街の人出は、コロナ禍になる前の2019年と比べて4割程度減っている状況でした」と訂正し、「これは感染対策を徹底しながら営業を続けている中華街の皆様に対して配慮が足りない表現となってしまいました。申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。



    【日時】2021年03月01日 07:46
    【ソース】スポーツ報知


    【画像、TBS「あさチャン!」2/15の横浜中華街の人出の映像が「誤って他の取材場所の映像を使用」視聴者謝罪。】の続きを読む

    このページのトップヘ