芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: 気象


    カナダって涼しい感じの国じゃなかったの? 異常気象なのか。

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/06/30(水) 13:16:16.40

    記録的な高温が続くカナダで、暑さが原因とみられる死者が数十人に上っている。
    ブリティッシュコロンビア州の警察は、28日以降に70人近くの突然死に対応したと発表。多くが高齢者だったという。

    警察は、この地域を襲っている熱波が突然*原因だと述べている。

    同州リットンでは29日、摂氏49.5度を記録し、3日連続でカナダの最高気温記録を更新した。
    今週に入るまで、カナダでは気温が45度を超えたことはなかったという。

    王立カナダ騎馬警察(RCMP)のマイク・カラン巡査長は、「近所の人や家族、知り合いの高齢者などと連絡を取り合ってほしい」と呼びかけた。

    「この天候は、このコミュニティーの高齢者や基礎疾患のある人など、健康リスクの高い人々にとって致命的になりかねない。
    高温状態が続く中、お互いに気をつけ合うことが必要だ」

    RCMPによると、ヴァンクーヴァー近郊のバーナビーおよびサリーで、熱波が原因で69人が亡くなった。
    その大半が高齢者か、基礎疾患のある人だった。

    リットン在住のメガン・フランドリッチさんは地元紙グローブ・アンド・メイルに、外出は「ほぼ不可能だ」と話した。

    「耐えられない暑さ」だと述べたフランドリッチさんは、同じブリティッシュコロンビア州でも比較的気温の低いところに、幼い娘を移動させたと語った。
    「できるだけ屋内にいます。これまでの熱波には慣れていましたが、30度と47度では全然違います」

    カナダ環境省は、ブリティッシュコロンビア州とアルバータ州に加え、サスカチュワン州とノースウエスト準州、ユーコン準州の一部地域に熱波警報を発令した。

    同省の上級気象学者デイヴィッド・フィリップス氏は、「カナダは世界で2番目に寒い国、世界で最も雪の多い国だ」と話した。

    「寒波や猛吹雪はよく経験するが、このような熱波はあまり話題に上らない。今はドバイの方が涼しいだろう」


    アメリカ国立気象局(NWS)によると、オレゴン州ポートランドでは46.1度を、ワシントン州シアトルでは42.2度を記録し、それぞれ1940年代の観測開始以降で最高となった。

    また、熱波の影響で電線が溶け出し、ポートランドでは27日に路面電車が運航を休止した。当局はツイッターに、被害を受けた電線の写真を投稿した。
    ワシントン州スポケーンの電力会社は、住民がこぞって冷房を使い始めたことによる電力消費の急増を抑制するため、輪番停電を行っている。

    シアトルのある住民はAFP通信の取材で、シアトルはまるで砂漠のようだと語った。

    「普段は華氏60~70度(摂氏15~21度)くらいが素晴らしい気候といえます。みんながTシャツと短パンで外に出られる。でもこの暑さは(中略)ひどい」

    アマゾンは28日、シアトルの本社を暑さをしのぐクーリングセンターとして一般に開放すると発表。
    ポートランドでも、人々がクーリングセンターに集まった。

    専門家は、熱波のような異常気象は今後、気候変動の影響によって増えていくとみている。
    https://www.bbc.com/japanese/57661374


    【 49.5度、記録的な高温が続くカナダで70人近い死者。 3日連続で最高気温を更新】の続きを読む


    【21日夜、木星と土星が大接近】397年ぶり並んで輝いている様子 肉眼でも観察可能。

    22日、午前3時頃が最接近。

    NO.9112863 2020/12/20 22:07
    木星と土星が接近中、12月21日夜は397年ぶりの大接近 肉眼でも観察可能
    木星と土星が接近中、12月21日夜は397年ぶりの大接近 肉眼でも観察可能
    今月は日没後の南西の空に木星と土星が列んで輝いている様子が見られています。

    その中でも明日21日(月)には、397年ぶりという「超大接近」の様子を観測可能です。

    今日もかなり近づいた様子が見られますので、ぜひ肉眼で観察してみてください。

    ■最接近時は「満月の直径の約5分の1」
    この時期、木星と土星は日の入り後の南西の空に見え始め、夜のはじめのうちに西の空へ沈んでゆきます。

    最接近は22日(火)の午前3時頃のため、日本では明日21日(月)の日の入り後が観測のチャンスとなります。

    最接近時には約0.1度(6分)まで近づく超大接近で、その近さは満月の直径の5分の1程度ということになります。

    木星や土星は肉眼でも十分観察可能な明るさですが、天体望遠鏡で見ても同一視野に入るほどの近さです。

    木星を天体望遠鏡で観察したことのある方だと、4つのガリレオ衛星を見たことがあるかもしれませんが、それらと似たような距離に土星を見ることが出来るわけです。

    木星と土星は約20年周期で接近しますが、これほどの大接近となるのは1623年以来のことで、実に397年ぶりとなります。

    次回、これだけ近づくのは60年後の2080年になります。

    なお「接近」と呼んでいますが、実際に2つの惑星が近づいているわけではなく、地球から見たときの方向が同じになり、近づいて見えるというわけです。

    ■肉眼での見え方は想定不能!? 沈む間際がポイント
    今回、接近の様子が肉眼でどう見えるかが天文関係者の間で話題となっています。

    木星は薄明の空でも明るく輝く惑星で、土星も肉眼で容易に観察出来るほどの明るさをもっています。
    ..

    【日時】2020年12月20日 18:05
    【ソース】ウェザーニュース


    【【21日夜、木星と土星が大接近】397年ぶり並んで輝いている様子 肉眼でも観察可能。】の続きを読む


    48年後、小惑星が地球に衝突の恐れ -その確率は15万分の1。天文学的には脅威

    西暦2068年最も接近。衝突したら日本は跡形もない

    NO.8979374
    48年後、カオスの神なる小惑星が地球に衝突の恐れ

    image:pixabay

    地球はいつか滅びます。この摂理はどうあがいても、抗うことができない運命です。もっと言えば50億年後には太陽も滅び、ゆくゆくは、この宇宙でさえもなくなるのではないかと懸念れされております。そんな際にどうすればよいかと考えるわけですが、実はもう少し早く終りが来るかもしれません。

    48年後、カオスの神によって地球滅亡か。

    何とも物騒な名前の小惑星が話題となっております。

    しかも今から48年後にこの惑星が地球に飛来し滅亡するのではないかと言われております。そしてこの小惑星のサイズは、365メートルもあり、東京タワー(333m)より大きな物体が地球に襲いかかるわけです。

    まさにカオスの神というわけですが、西暦2068年に最も接近。仮に衝突した場合、広島の原爆の約8万倍に相当するということですので、少なくとも日本は跡形もないでしょう。

    ただし、気になるその衝突する確率なのですが、なんと15万分の1だそうです。これは雷に当たる確率の3分の1程度のようですが、それでも天文学的な観点からすれば、脅威なのだという。

    image:pixabay


    【48年後、小惑星が地球に衝突の恐れ -その確率は15万分の1。天文学的には脅威】の続きを読む


    台風14号 、今週 日本列島の太平洋側に接近。速度が遅いため大雨に警戒

    やめて欲しい。被害が出ない様に祈るだけ

    NO.8914373
    台風14号 8日に大東島 9日以降 奄美や西日本に近づくおそれ
    台風14号 8日に大東島 9日以降 奄美や西日本に近づくおそれ
    強い台風14号は、8日の明け方に沖縄の大東島地方に接近し、9日以降は、西日本に近づくおそれがあります。

    前線の活動が活発になる影響で、台風本体から離れた西日本や東日本でも大雨になるおそれがあり、最新の情報に注意が必要です。

    気象庁によりますと、強い台風14号は、7日午後3時には、沖縄県の南大東島の東380キロの海上を、1時間におよそ20キロの速さで西北西へ進んでいます。

    中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

    8日の明け方には大東島地方に接近し、9日以降、鹿児島県の奄美地方や西日本に近づくおそれがあります。

    ■風と波の予想は
    沖縄や奄美では、これから風が強まり、非常に強い風が吹く見込みです。

    8日にかけての最大風速は、
    ▽奄美で25メートル
    ▽沖縄と九州南部で23メートル
    ▽九州北部で20メートル

    最大瞬間風速は、
    ▽奄美と沖縄、九州南部で35メートル
    ▽九州北部で30メートルと、予想されています。



    【日時】2020年10月07日 18:06
    【ソース】NHK
    【関連掲示板】


    【台風14号 、今週 日本列島の太平洋側に接近。速度が遅いため大雨に警戒】の続きを読む


    金星に生命の痕跡か ? 大気からホスフィン検出 (生命体よって生み出される物質がホスフィン)

    未解明の科学現象が金星にある??

    NO.8851689
    金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出
    金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出
    金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガスであるホスフィン(リン化水素)の痕跡を検出したとする研究論文が14日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載された。

    米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だとしている。

    金星は地球に最も近い惑星だが、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、大気はほぼすべてが二酸化炭素で構成されていることから、しばしば地獄のような環境だと表現される。

    論文を発表した研究チームは米ハワイとチリのアタカマ砂漠(Atacama Desert)にある望遠鏡を使い、金星の表面から約6万メートル上空にある雲の上層部を観測し、ホスフィンの痕跡を検出した。

    ホスフィンは地球上では有機物の分解により発生することの多い可燃性ガス。

    論文の主執筆者であるカーディフ大学(Cardiff University)宇宙物理学部のジェーン・グリーブズ(Jane Greaves)氏はAFPの取材に対し、ホスフィンが地球以外の岩石惑星で検出されたのは初めてだと説明した。

    研究チームは、ホスフィンの存在が金星上の生命の存在を証明するものでないと強調しているが、灼熱(しゃくねつ)の金星表面を渦巻く雲は強酸性でホスフィンを即座に破壊することから、金星にはホスフィンを生み出しているものが存在することが示されたとも指摘。

    観測結果は、金星に「変則的かつ未解明の化学現象」が存在する証拠となったと結論付けた。

    NASAのブライデンスタイン長官はツイッター(Twitter)に「金星に生命? 嫌気性生物が生み出すホスフィンの発見は、地球外生命体の存在を示す上でこれまでで最大の進展だ。NASAは約10年前、地球の上空12万フィート(約3万6600メートル)の高層大気で微生物を発見した。金星を優先させる時がきた」と投稿した。



    【日時】2020年09月15日 05:26
    【ソース】AFPBB News
    【関連掲示板】


    【金星に生命の痕跡か ? 大気からホスフィン検出 (生命体よって生み出される物質がホスフィン)】の続きを読む

    このページのトップヘ