芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ: 暮らし


    消費者は安いに越したことはないが・・?  

    1 シャチ ★ :2022/02/16(水) 05:03:35.47

     原材料高を理由に洗濯洗剤などの値上げを表明した日用品最大手の花王に対し、低価格が売りのスーパーを展開するオーケーが反発して多くの製品の販売を取りやめていることが15日分かった。価格への転嫁か据え置きか―。長らく大きな物価上昇がなかった国内事情を映すメーカーと小売りの攻防となっている。

     花王は3日、3月をめどに洗濯洗剤や柔軟剤、ベビー用紙おむつの一部を値上げする計画を公表した。

     首都圏を地盤とするオーケーは、花王から大幅な仕入れ価格引き上げの申し入れがあったとして、145品目の販売中止を店頭で告知。他社製品に順次切り替えている。

    2/15(火) 19:27配信 共同通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dbb2c4dc39b31fb6f50ecd2b68fba2e0724bedba
    画像 オーケーの店舗
    h
    (出典 www.chugoku-np.co.jp)


    【スーパー オーケーが、日用品大手花王に対して製品販売取りやめを発表。 値上げに反発他社に切り替える】の続きを読む


    ネット動画見る人が増えている! 

    1 BFU ★ :2022/02/11(金) 08:20:48.01

    ドンキの“NHK受信料を支払わなくていいテレビ”、売り切れ店舗続出 2月中旬から再販へ
    初回生産分6000台が完売

    「ドン・キホーテ」が2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」を2月中旬に再販すると、運営元が明らかにした。初回生産分6000台を各店舗で販売していたが、売り切れになる店舗が続出。6000台の追加生産に踏み切っていた。

    ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは2月10日、2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」を2月中旬に再販すると明らかにした。同社は初回生産分6000台を各店舗で販売していたが、売り切れになる店舗が続出。6000台の追加生産に踏み切っていた。

    同製品はテレビと称しながら、テレビの視聴機能を外した、ネット動画の視聴に特化した製品。AndroidOSを搭載し、米アマゾンが提供する「Fire TV Sti*」や米グーグルの「Chromecast」といった外部機器なしで、「YouTube」「Netflix」「Amazon Prime Video」などのネット動画を視聴できる。

    NHKの受信契約は不要
     同製品はテレビチューナーを搭載しておらず、放送法64条が規定する「NHKの放送を受信することができる受信設備」にも該当しない。このため、NHK受信料の支払い義務が発生しない点も大きな特徴だ。ITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、NHKは同製品に受信料の支払い義務がないことを事実上、認めている。

    製品は24インチ(2万1780円)と42インチ(3万2780円)の2サイズを展開中。同社は「初回分は3000台ずつ生産し、42インチの方が若干売れている」とし「われわれが想定していた以上にお客様に好評をいただいている。この売れ行きは想定以上だ」と話している。


    続きはソースで
    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2202/10/news170.html


    (出典 i.imgur.com)


    【ドンキ、ネット動画専用スマートテレビを再販。テレビ視聴機能を外したTV、当然“NHK受信料は支払わなくていい】の続きを読む


    ちょっと苦しい言い訳ですね

    1 Anonymous ★ :2022/02/03(木) 18:17:41.52

    イラストレーター・古塔つみさんの作品が、著作権侵害にあたるのではないかとSNS上で波紋が広がっている。

    いわゆる既存の絵や写真を下敷きにしてトレースして描く「トレパク」であるとして、数々の指摘を受けている。

    それに対し、古塔つみさんが2月3日(水)Twitterで声明を発表。オマージュ・再構成として制作した一部の作品を、権利者の許諾を得ず投稿・販売したことを認めた。

    しかし、写真そのものをトレースしたことはなく、写真の模写については盗用の意図はないとしている。

    https://kai-you.net/article/82728


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/cotoh_tsumi/status/1489140943768809475
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
    ※前スレ
    イラストレーター・古塔つみ「トレパク」疑惑に声明 写真トレースを完全否定 [えりん★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643877350/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【イラストレーター・古塔つみ「トレパク」であるとして、数々の指摘を受けている。 写真トレースはしたことがない。】の続きを読む


    4月から「うまい棒」2円値上げ、公表遅れをTwitter上で謝罪。ここまで価格維持して来たことに称賛の声

    仕方ないよね! 40年も維持して来たのだから・・

    NO.10157022 2022/01/29 12:05
    2円値上げの「うまい棒」が公表遅れをTwitter上で謝罪。しかしネット上では優しさに満ちたコメントが続出

    40年以上にわたり愛されてきたうまい棒。1本10円という安さで、遠足やおやつ用に多くの子どもたちが小銭を持って駄菓子屋やお菓子コーナーに向かっただろう。もちろん大人になって久しぶりに食べても懐かしさとおいしさを感じられる。そんなうまい棒が値上げを公表した。

    長年親しんできたうまい棒の値上げに対し、世間はどんな反応を見せたのだろうか。

    (Image:prtimes.jp)

    あなたは何味が好き?

    各メディアで値上げが報じられていた「うまい棒」だったが、1月27日に公式Twitterで値上げを正式に発表した。

    うまい棒は株式会社やおきんが1979年の発売以来、約42年にわたって税抜きで「1本10円」という価格を維持してきた。10円という小さい子でも買える安さや、「めんたい味」「コーンポタージュ味」などバラエティ豊かな味の種類から多くの人に親しまれてきた。

    しかし原材料費や運送費の上昇のため4月1日より「1本12円」に価格改定が実施される。1本あたりわずか2円の値上げであるが、うまい棒の値上げは今回が発売以来初めてということで、値上げ報道時には日本中に衝撃が走った。当時はまだ公式からの発表がなかったが、値上げに同情する声やこれまで価格を維持してきた企業努力を称賛する声は多かった。


    株式会社やおきんは公式Twitterでの値上げ発表時に「先に情報が錯綜しお騒がせしてしまい申し訳ございませんでした」と公表が遅れたことを謝罪した。しかしこのツイートに対しユーザーからは、値上げや公表遅れへの批判でなく「12円でも安い!」「逆に42年も値上げしなかったことがすごい」「今まで10円を維持してくれてありがとう」など温かい言葉が多数寄せられている。

    値上げの発表ツイートは1月28日時点で2,300件を超えるリプライや47.6万件のいいねが集まっており、うまい棒がどれだけ多くの人に愛されているかということを示す数字と言えそうだ。

    これまで価格を維持し続けていたにもかかわらず、これ以上コストを抑えることができずに価格を上げざるを得なくなってしまったのは、メーカーとしても苦渋の決断であったと推測できる。しかし多くの人は長年にわたり1本10円を維持してきた企業努力を理解し、これからもうまい棒を応援していくはずだ。

    今までうまい棒をあまり食べてこなかった人もこれを機に1本、食べてみてはいかがだろうか。

    ●やおきん(公式)は→こちら

    ※サムネイル画像は(Image:やおきんプレスリリースより引用)

    【日時】2022年01月29日 12:00
    【提供】オトナライフ

    【4月から「うまい棒」2円値上げ、公表遅れをTwitter上で謝罪。ここまで価格維持して来たことに称賛の声】の続きを読む


    ストーブの前に置かれた長座布団にごろ寝をする「ハチワレ猫」休日のおじさんです。

    本当に人間味あふれる姿だね!

    NO.10126227 2022/01/16 07:09
    ストーブの前で溶けるニャンコがまるで「休日のおじさん」

     猫に対して活発なイメージを持っている方は多いと思いますが、どうやら全ての猫に当てはまるわけではなかった模様。

     ストーブの前に置かれた長座布団にごろんと寝転がり、テレビに映るねずみの動画をぼーっと見つめているハチワレ猫のめるくん。その姿はまるで「休日のおじさん」……。人間味あふれる姿に思わずクスっとしてしまいます。

     めるくんはストーブの前の長座布団の上が大のお気に入り。冬場はストーブの前で溶けている姿を毎日のように飼い主さんに目撃されています。誰かがストーブの前に座ると無言の圧力でどかせようとしたり、灯油切れでストーブが止まると鳴いて苦情を訴えるなど、ストーブへの並々ならぬ執着心を見せています。

    ストーブの前でとろけるめるくん

     めるくんが溶けながら見ているのはYouTubeのねずみが走り回る動画。同居猫ちゃんらの食いつきは良いようで、たまにリビングのテレビで流しているそうですが、めるくんはいつも寝転がったまま動くねずみを目で追いかけているだけ。猫の狩猟本能とは……と思わずツッコミたくなってしまいます。

     この日は特に長座布団の上から体半分が落ちており、完全に「液体化」している状態。あまりの溶けっぷりに衝撃を受けたという飼い主さんは思わず背後から写真をパシャリ。背中から哀愁が漂うニャンとも味のある1枚になりました。

     その姿は飼い主さんだけでなく、多くの方にとっても衝撃……ならぬ笑劇的だった模様。投稿には「この溶け具合最高です。本当のおじさんみたい」「見事な溶けっぷり!」とめるくんの姿に顔をほころばせた様子。

    めるくんの普段の様子

     人間のおじさんがダラダラしていると怒られてしまうものですが、こんなにかわいい「休日のおじさん」なら、時間を忘れていつまでも見ていたものですね。

    <記事化協力>
    青いひと。さん(@makotonoossan)

    (山口弘剛)

    【日時】2022年01月16日 07:00
    【提供】おたくま経済新聞

    【ストーブの前に置かれた長座布団にごろ寝をする「ハチワレ猫」休日のおじさんです。】の続きを読む

    このページのトップヘ