芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    カテゴリ:芸能 > YouTube



    (出典 news.livedoor.com)


    ヒカルの新恋人が超有名女優だということは、ファンにとっては驚きですね。どんな女優なのか気になります!

    1 digitec ★ :2024/04/11(木) 15:36:53.77 ID:uf1CXPII9
    人気ユーチューバーのヒカル(32)が11日までに公開されたYouTube動画内で、新恋人の存在を告白。ファンからは相手女性を推測する声が続々とあがっている。

     ヒカルは22年3月に一部で報じられた元乃木坂46の松村沙友理との交際を認めるも、同9月にはYouTubeチャンネルで「オレ実はもう今、フリーやねん。ガチで」などと破局を報告していた。今回、交流のあるユーチューバー、エミリンのチャンネルに出演し、新恋人の存在を追及されると「彼女っていう感じではない」としながらも「まぁ、彼女っちゃ彼女やから、別にそれでいい」と認め、「俺のチャンネルで話しとんやけど、たまたま出会って、たまたま波長が合って、ていう感じ。偶然やもん。狙って出会いを求めていたわけでもないし、ホンマにたまたま、成り行きで」と馴れ初めを告白。「話が異常に合う。一緒に居て、とにかく居心地が良い。波長が合うっていうんかな」と相性の良さを語った。

     また、「この人の笑顔を見たいと思うようになってきて、これは多分、好きなのかもなと思った。(相手を幸せに)したい、幸せになりたい」などとのろけ、エミリンを「どうしたのヒカルさん!?そんなん言う人じゃなかったじゃん!」と驚かせた。

     コメント欄には祝福コメントが相次ぐとともに、ヒカルが相手女性について「俺のチャンネルで話しとんやけど」と話していたことから「前動画で言ってた芸能人の方かな??あの話ししてた時絶対惹かれ合いそうだなーって思ってた」「飯田さんといる時に出会った有名な人かな 波長合うとか考え方がそっくりって言ってたよね」「前に異常に話が合うって言ってた女優さんかな…」などと予想する声があがった。

     ヒカルは今年1月に公開した動画内で、株式会社ライバー元会長の飯田祐基氏ともに食事をしていた飲食店で「誰もが知る超有名な女優」と出会ったと切り出し、「結構なレベルで有名やねん。俺も知っとる人やから。テレビでもCMでも見てるし、実物見た時に、顔が可愛すぎて…目が大きすぎるし」と、名前は伏せたが特徴などを説明。初対面だったヒカルは「相手に気に入られようとかっていう気持ちはなかった。面白く思われたいくらいの気持ち」で、自身の性癖や“一夫多妻制”の結婚観などを語ったところ、その女優から「その結婚生活、理想です」「ヒカルさん以外、誰と結婚したらいいんですか」「年末年始一緒に過ごしましょう」などとラブコールを受けるほど意気投合して話が弾んだと話していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f78c2ce7b118b542c6499aea028fa2eca4d1b5c3

    関連
    ヒカル、元乃木坂46松村沙友理との破局を報告「オレ実はもう今、フリーやねん。ガチで」
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202209240001727.html

    【ヒカルの新恋人の顔が可愛すぎる!過去動画でのヒントにファンざわつく、超有名女優?】の続きを読む


    西村博之 (ひろゆきからのリダイレクト)
    2022年6月25日、日本国政府にひろゆきが助言を行ったことが明らかになった。日本国政府が同年10月に予定した『デジタルの日』制定をめぐり、内閣官房のIT総合戦略室によれば「(ひろゆきには)デジタルを活用した発信に知見がある」ことからひろゆきが起用された。 同日のひろゆきの説明では、ひろゆき
    392キロバイト (58,788 語) - 2024年3月13日 (水) 20:34

    (出典 news-no-matome.buzz)


    ひろゆきの言葉を信じます!大谷翔平選手と水原氏の関係は信頼が崩れていないということなら安心ですね。

    1 冬月記者 ★ :2024/03/31(日) 03:23:07.00 ID:BbbVXNYQ9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d32beb68917549ae9aa8f98ff39313a783fcafff

    ひろゆき氏「大谷翔平・水原氏の信頼関係は崩れてない」違法賭博の巨額送金で私見、その根拠とは


     「2ちゃんねる」開設者で元管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏(47)が29日にX(旧ツイッター)を更新。

     ドジャース大谷翔平投手(29)の元通訳、水原一平氏(39)の違法賭博問題で、大谷の銀行口座から450万ドル(約6億7500万円)もの巨額の資金が送金が行われていたことについて私見を述べた。

     「おいらは大谷翔平・水原氏の信頼関係は崩れてない派です」と切り出し、時系列順で整理した。

     「大谷氏は水原氏の違法賭博の借金を男気で肩代わりし大谷氏自ら送金」→「だが、違法賭博に送金すると大リーグの規約違反と気づく」→「水原氏が窃盗した事にして回避しようと言い分が変わる」→「実際には水原氏は大谷氏を騙して送金してはいない」と結論付けた。

     ひろゆき氏は27日にもXで「スマホか物理デバイスを盗まないと無理です」とつづり「アメリカで四つぐらいの銀行のオンライン口座を操作したことあるけど、IDとパスワードだけで送金出来る所は一つもありません。ワンタイムパスワードの物理デバイスやメールにパスワードが来たりとか、2段階認証は当たり前です」とも、自身の経験をまじえて投稿している。

     大谷は26日、事件発覚後初めて会見し、賭博や負債送金などへの関与を全面的に否定した。

     一方で、水原氏がなぜ大谷の銀行口座にアクセスして送金ができのたか、大谷がなぜ気がつかなかったのかなど、大きな疑問点は残ったままだ。

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711812521/

    【「ひろゆきが語る!大谷翔平・水原氏の信頼関係は崩れていない?」騙して送金していない真相】の続きを読む


    西村博之 (ひろゆきからのリダイレクト)
    ひろゆき氏は北海道や沖縄で暮らしているのと大差はない」と指摘している。また、小島はひろゆきがウスマン・デンベレとアントワーヌ・グリーズマンの差別発言を擁護するために詭弁を弄したとして、「教養が完全に欠如した、嘘を平気でつく人間と言わざるを得ません」と痛烈に批判している。 一方、ひろゆき
    392キロバイト (58,788 語) - 2024年3月13日 (水) 20:34

    (出典 news.nicovideo.jp)


    ひろゆき氏と水原一平氏の無断送金は、なかなか信じがたい話ですね。大金を簡単に送ることはできないと思いますし、セキュリティ面でもかなりの問題があるでしょう。

    1 Anonymous ★ :2024/03/26(火) 21:31:54.86 ID:ULJ4hzc99
    「2ちゃんねる」開設者で元管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏(47)が26日、自身のYoutubeチャンネルでライブ配信を行った。

    西村氏はドジャース大谷翔平投手(29)の通訳を務めていた水原一平氏(39)が、違法賭博に関与した問題に言及。大谷の「水原氏が勝手に口座から送金した」という発言から覚えた違和感を話した。

    米国の銀行システムについて説明。「よほどずさんにパスワードがノートパソコンに張ってあったとかならいざ知らず、銀行の口座ってログインから送金ってめんどくさいんですよ。もちろん銀行によって違うんですけど、僕の使ってるアメリカの銀行だと、まずログインすると、ログインした後に自分のメアド(メールアドレス)にコードが飛ぶんですよ。で、そのコードをサイトに入れて初めてログインできますと。送金に関しても元々登録してある口座にしか送金はできません。なので送金先を新規登録するときは送金先を入れて、その後またコードがメールで飛んで、メールでそのコードを入れて送れるというパターン」と解説した。

    続けて「仮に水原さんが『悪さをしよう』と思って銀行にまずログインしましょうって時、たまたまパスワード知ってたとしても、そもそも大谷さんのメアドにコードが飛ぶので、もしくは二段階認証みたいな、グーグルのアプリのコードで入らないといけないので、大谷さんのメアドを盗むか携帯を盗むとかしないとまずできない」とした。

    水原氏が行った、1度につき50万ドル(約7500万円)の高額送金についても「大きい金額の場合、そもそもオンラインで送れないってのがある。5000万円を超える大きい金額の場合は基本的にオンラインで送れません、みたいなのがあって、5000万円以上の場合はその上の段階の権限でもう1階認証しないといけないとかあるので。そんな簡単に7億送れねーだろと思うんですよね。なのでそうすると水原さんが希代のハッカーであるか、大谷さんが手伝ったということじゃないとちょっと無理があるんですよ、説明として」と疑問が止まらなかった。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202403260001467_m.html?mode=all

    【ひろゆき氏、大谷さんのメアドや携帯情報を盗んで7億円を送金する方法は本当か?「無理がある」】の続きを読む


    ^ ユーザー参加型のライブ配信でプレゼント企画やゲームなど ^ えなこ、伊織も、篠崎こころ、<KANSAI COLLECTION2021 A/W>出演決定! ^ ユーザー参加型ライブ配信イベントでえなこ生配信決定! ^ “NEWS2人2016-07-30”. TVでた蔵.…
    146キロバイト (16,463 語) - 2024年3月4日 (月) 11:15
    えなこさんの苦労が本当に大変だったんですね。でもその頑張りが今の成功に繋がっているんだと思うと、応援したくなります。

    1 ネギうどん ★ :2024/03/06(水) 10:38:20.96 ID:LwC+H9XO9
     人気コスプレイヤーえなこ(30)が5日深夜放送のテレビ朝日「イワクラと吉住の番組」(火曜深夜0・15)に出演。戻りたくない過去の思い出について語った。
     えなこは「絶対に戻りたくない年齢は?」の質問に「22歳」と回答。当時は現在の事務所に入りたての年で「コスプレーヤーを仕事としてやっている方が本当にいない時代だったんですね。それもあったと思うんですけど、テレビの収録に行った時にメークさんが私を無視していた」と明かした。

     「私は仕方なく、掃除道具とかをかけてあるところに衣装とかを置いていって、そこでコソコソ着替えてそのまま出て行きましたね」と話すと、MCのピン芸人・吉住は「頑張ったね~」となぐさめた。

     えなこは「下積み時代に私は絶対に売れて鏡をメークさんに貸してもらえるように頑張ろう」と決意したことを明かした。しかし、意外にも低い目標設定だったことに、吉住は「思ってたより目標低い。その経験したらもうちょっと上にいってもよかったと思うけど」とツッコんで笑わせた。えなこはさらに「当時のテレビ局とメークさんのことは忘れていません」と現在の活躍のモチベーションになっていることも明かした。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/03/06/kiji/20240306s00041000173000c.html

    【えなこ、下積み時代に遭遇した無視される体験を告白!】の続きを読む


    東谷義和 (ガーシーからのリダイレクト)
    ouTuber。愛称・参議院議員としての通称はガーシー。 1994年から2021年までは、アパレル会社「QALB」(カルブ)社長、芸能事務所の設立、芸能人へのアテンド業などを行っていた。2022年2月14日にYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を開設し、その後はYou…
    115キロバイト (16,596 語) - 2024年1月20日 (土) 03:17
    俳優や元参院議員といった立場の人が、脅迫の罪で起訴されるとは驚きです。社会的地位が高くても、法律の下では平等に裁かれるべきです。今回のガーシー被告に対する懲役4年の求刑は、そのような意味でも正当な判決を期待したいと思います。

    1 愛の戦士 ★ :2024/02/08(木) 14:53:14.79 ID:VufQky329
    ガーシー被告
    2024年02月08日 14時27分
    共同通信

     俳優らを動画投稿サイトでの暴露投稿で脅迫したなどとして、暴力行為法違反(常習的脅迫)など五つの罪に問われた元参院議員ガーシー(本名・東谷義和)被告(52)の論告求刑公判が8日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役4年を求刑した。

     昨年9月の初公判で、起訴内容について「間違いありません」と述べて謝罪。弁護側は脅迫行為に関し「常習性は認められない」としていた。

     起訴状によると、2022年2~9月、ユーチューブなどの動画投稿サイトで俳優綾野剛さん(42)ら4人を脅迫したなどとされる。昨年2月には、綾野さんら2人の告訴状を取り下げさせようと考え、脅したとしている。

     被告は22年7月の参院選比例代表で旧NHK党から初当選。一度も登院せず昨年3月に参院本会議で除名された。滞在先のアラブ首長国連邦(UAE)から同6月に帰国し、警視庁に逮捕された。

    https://www.47news.jp/10502570.html

    【元参院議員や俳優らが脅迫罪で起訴、ガーシー被告に懲役4年を求刑!愛の戦士ブログが詳細を報道】の続きを読む

    このページのトップヘ