マスクは“顔パンツ”・・「不便でも9割が」着用続ける。 心理面からでも“外せない”

ある意味便利だよね・・! 隠せる

不便でも9割が「着用を続ける」マスクはなぜ“顔パンツ”になった? 心理面からみた“外せない”理由
コロナ禍で推奨されてきた、マスク着用が緩和されつつある。政府が5月に示した方針では、他者との身体的距離がとれて会話をしない場合など、一定の条件では外してもよいことになった。

ただ、実際はいまだに多くの人が常に着けている。外すことが恥ずかしい気持ちもあるようで、ネットでは“顔パンツ”という言葉で例えられている。

就職・転職全般の調査研究を行う「Job総研」が5月、20歳~59歳の社会人の男女708人に行った「脱マスク」の調査では、外したくても外せない人の存在も見えてきた。

不便でも…約9割が「着用を続ける」
調査によると、回答者全体の83.6%が仕事中にはマスクを「着用している」と答え、1日の着用時間は平均で8.3時間、中央値で9時間にのぼった。そして着用により、仕事上の不便(声が聞き取りにくい、着用時の痛みや違和感による集中力の低下など)を感じてもいた。

その一方で、今後の着用については「絶対に続ける」(15.0%)、「続ける」(33.1%)、「多分続ける」(39.2%)となり、87.3%が着用に肯定的。否定的なのは「絶対に続けない」(1.6%)、「続けない」(3.7%)、「多分続けない」(7.4%)を合計した、12.7%にとどまった。

将来的な脱マスクのタイミングを聞いて(複数回答可)も慎重で、「特効薬ができてから」(48.5%)が最も多く、次いで「感染者が減った場合」(39.2%)、「国から言われたら」(30.3%)だった。

マスク非着用に良くない印象を持つ人も
さらに、マスクをしていない人への印象を聞いたところ、「関わりたくない」(36.5%)、「不快に感じる」(25.6%)を合計した、全体の62.1%が良くない印象を持っていた。職場..

【日時】2022年06月22日 11:40
【ソース】FNNプライムオンライン
【関連掲示板】

【マスクは“顔パンツ”・・「不便でも9割が」着用続ける。 心理面からでも“外せない”】の続きを読む