芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:スタート


    吉高由里子のサムネイル
    吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 - )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。アミューズ所属。 高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ、芸能界に入る。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。女優…
    61キロバイト (7,776 語) - 2024年5月22日 (水) 20:11
    板垣 李光人(いたがき りひと、2002年〈平成14年〉1月28日 - )は、日本の俳優。山梨県出身。スターダストプロモーション制作1部所属。 2歳よりモデル活動を行っていたが、小学5年生のときに第1回スターダストプロモーション芸能1部モデルオーディションに合格したことにより現在の事務所に所属。俳優やモデルとしての活動を開始する。…
    37キロバイト (4,593 語) - 2024年5月22日 (水) 20:08

    (出典 blog.goo.ne.jp)



    (出典 lp.p.pia.jp)


    「吉高由里子と板垣李光人のコンビがまた見られるなんて嬉しい!新CMシリーズ、楽しみだな」

    1 湛然 ★ :2024/05/23(木) 05:44:05.67 ID:MCjtUwjb9
    吉高由里子&板垣李光人で“どんぎつね”新CMシリーズがスタート
    2024年5月23日 4時0分 ナリナリドットコム
    https://www.narinari.com/Nd/20240587576.html

    (出典 cdn.narinari.com)


    (出典 cdn.narinari.com)


    ●吉高由里子、板垣李光人出演/「日清のどん兵衛」の“どんぎつね”新CM「どん兵衛食べてほしい」篇 メイキング&インタビュー


    (出典 Youtube)




    女優の吉高由里子(35歳)、俳優の板垣李光人(22歳)が、「日清のどん兵衛」の“どんぎつね”新CMに出演。5月23日より「どん兵衛食べてほしい」篇の放映を開始する。

    今作から始まる“どんぎつね”新シリーズでは、隠れどん兵衛好きの「いなし上手な年上お姉さん」に吉高、「あざとい年下どんぎつね」に板垣が起用された。

    今回の新CMでは、お姉さんの部屋の戸棚に潜む“どんぎつね”(板垣)が、おにぎりを食べる“年上お姉さん”(吉高)を見つめるシーンからスタート。

    視線に気づいた“お姉さん”に、“どんぎつね”は「ずっと前から思ってました!どん兵衛食べてください!」と想いをストレートに伝える。“お姉さん”は、あまりにまっすぐな告白に好感を抱きながらも「お気持ちはありがたく、いただきます」とやんわりお断り。ところが「いただきます」の意味を勘違いした“どんぎつね”は大喜び。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【吉高由里子&板垣李光人が共演!人気CM「どんぎつね」新シリーズがスタート】の続きを読む


    氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の歌手。2000年デビュー。本名は山田 清志。一部で「kiina」(キイナ)という名前を使用することがある。身長178cm。体重62kg。血液型A型。レコード会社は日本コロムビア。KIIZNA所属。旧所属事務所は長良プロダクション。…
    91キロバイト (5,874 語) - 2024年5月7日 (火) 04:57

    (出典 www.kayou-center.jp)


    60歳での新たなスタート、勇気を感じます。自分の考えと事務所の考えがズレることもあるけれど、きっとまた素敵な歌声を聞かせてくれるはずです。

    1 ネギうどん ★ :2024/05/13(月) 10:16:58.96 ID:8r68aIqC9
     デビュー以来、アイドル的人気を誇った演歌界のプリンスがついに決断を下した。一部では、“独立の障壁”ともいわれた大金を工面してまで、氷川きよし(46才)がこだわったのは「自分らしく」あること。約500日におよぶ休養と沈黙の背景を詳報する。

     都内の高級住宅街に、打ちっぱなしのコンクリートに囲まれた美術館のような邸宅がたたずんでいる。屋上にハーブの木が生い茂り、夏にはレモンやグレープフルーツが実をつける風雅な屋敷の主はKIINAこと氷川きよし。約1年半の休業を経て、今年4月下旬に事務所独立と歌手活動の再開を発表した“演歌界のプリンス”である。

     氷川が前所属事務所「長良プロダクション」の援助を受けて地上2階・地下2階建ての瀟洒な御殿を建てたのはいまから約10年前。当時、氷川が取得した土地には3億4496万円の抵当権が設定されていた。

    「延床面積は約600平方メートル。著名な建築家が設計を手掛け、地下に最新の音響装置を備えたスタジオもある大豪邸です。登記簿上の元の債権者は前事務所で、同社が氷川さんに大金を貸したのは長年にわたる功績と同社への貢献をねぎらってのこと。2012年に不慮の事故で亡くなった先代会長の長良じゅん氏の強い意向があったともいわれています」(芸能関係者)

     2022年1月に《自分を見つめなおし、リフレッシュする時間をつくりたい》とコメントした氷川は、翌年から無期限の活動休止に入ったが、その後も前事務所のバックアップは続いた。

    「当初、休業はあくまでも音楽活動の休止のみで、ほかの活動については長良プロがサポートを続けていくということでした。ところが、その後、氷川さんが表舞台に出てくることはなく、復帰の時期も未定のまま。一方で早い段階から独立の意思は固まっていたようで、氷川さんは個人事務所『KIIZNA(キズナ)』の設立に向けた準備を進めつつ、弁護士を立てた上で前事務所との話し合いを続けていました」(前出・芸能関係者)

     ネックとなったのは自宅に設定された抵当権だ。前事務所に借りた形の3億円超を返済することが退所条件のひとつだったとみられるが、仕事を休んでいる氷川にとっては簡単に用意できる額ではなかった。

    「一時は自宅を売却するという噂も流れましたが、最悪の事態は免れたようです。最終的に抵当権が抹消されたのは退所2日前の3月29日。書類上はほぼ同額を銀行に借り換えたことになっているうえ、ファンクラブの移行がまだ済んでいないことからも最後まで目まぐるしいやり取りが続いていたことがうかがえます」(前出・芸能関係者)

    続きはソースで
    https://www.news-postseven.com/archives/20240513_1962131.html?DETAIL

    【氷川きよし、“独立金3億円”をかけた再出発!新たなスタートに向けて】の続きを読む


    関口 メンディー(せきぐち メンディー、1991年1月25日 - )は、日本のダンサー、俳優。GENERATIONS、EXILEのメンバー。 アメリカ合衆国ニュージャージー州出生、東京都品川区出身。身長182cm。血液型はO型。 アメリカ合衆国ニュージャージー州で生まれ、1歳から東京都品川区で暮らす。…
    35キロバイト (4,114 語) - 2024年4月30日 (火) 12:58

    (出典 www.ldh.co.jp)


    関口メンディーさんのグループ卒業とLDH JAPAN退社、本当に驚きました。これからの活躍も楽しみにしています。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/30(火) 18:15:43.71 ID:Po4vWZYd9
    2024年4月30日(火) 18:00

    関口メンディーさんが、2024年6月25日をもってグループを卒業並びに株式会社 LDH JAPANを退社することが、グループの公式サイトで公表されました。

    【 LDH 公式サイトより引用 】

    いつもLDH JAPAN及び所属アーティスト・タレントへの温かい応援、誠にありがとうございます。

    この度、弊社所属アーティストの関口メンディーが、2024年6月25日をもってグループを卒業並びに株式会社 LDH JAPANを退社することとなりましたのでご報告いたします。

    今後の活動や将来に対するメンディー自身の想いを受けて、メンバー・スタッフで何度も話し合いを重ねてきました。
    その中で、新しい挑戦をしたいという強い決意を聞き、本人の意思を尊重し、このような形となりました。

    弊社としましては、新たな道でチャレンジしていくことを決めた関口メンディーを今後も様々な形で応援していきたいと思っております。

    皆様におかれましても、引き続き関口メンディーへの変わらぬご支援を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

    【 関口メンディーさん コメント 】

    関口メンディーより応援してくださる皆様へ
    いつも温かい応援ありがとうございます。

    この度、私、関口メンディーは6月25日をもってLDHでの全ての活動を卒業させていただくこととなりました。

    20歳から今日に至るまでの約13年間、何者でもないどころか出来の悪い僕にチャンスを与え、愛を持って一から育ててくださったHIROさんをはじめ、事務所のスタッフの皆さん、GENERATIONSメンバー、先輩の皆さんや後輩たちに感謝をしてもしきれません。

    GENERATIONSから全てが始まり、彼らと友として、良きライバルとして、切磋琢磨しながら駆け抜けた激動の時間は、今までのどんな時期よりも青く愛おしい青春です。
    彼らがいなければ間違いなく、今の自分はありません。
    これからも一番のGENERATIONSファンとして、活動を応援していきます。
    また憧れであったEXILEとして活動できたことで、夢の持つパワー、エンタテインメントの素晴らしさと底力を学ぶことができました。
    思い返してみても、夢のような時間を過ごさせていただいたと思います。

    そして僕を見つけてくれて、愛を持って応援してくれたDREAMERS、ファンの皆さんに感謝を伝えたいです。
    どんな時も挫けずに前に進む勇気と原動力をありがとうございました。
    経験できた全てのことが財産であり、大切な宝物です。
    約13年間という月日の中で、LDHは僕にとって家族であり、実家のような場所になりました。
    実家は愛があって、温かいです。
    父がいて、母がいて、兄や弟、姉や妹がいる。
    美味しいご飯も、温かいお風呂もあります。何より安全です。
    ですが、いつからかこのままでいいのだろうか、自分はこの環境に甘えてしまっているのではないかと考えるようになりました。
    家族のことは大好きです。
    でも親元を離れ、自分の足で立ち、偉大な父の背中に近づき越えていくことこそが、僕が考える親孝行のカタチなのだと気づいたのです。
    僕はLDHから独立し、新しい生き方に挑戦させていただきます。
    今まで以上に気を引き締めて、これからも芸能活動、エンタテインメントの世界に携わって参ります。
    どんな困難なことや試練があろうとも、これまで培ってきたものがあれば、乗り越えてゆけると、自分の可能性を信じています。
    どうかこれからも温かく見守っていてください。

    関口メンディー


    【担当:芸能情報ステーション】

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1145974?display=1

    【関口メンディーさん、グループ卒業とLDH JAPAN退社を発表、新たなスタート】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年1月15日 - )は、日本の女優。京都府京都市右京区出身。本名同じ。A-teamを経てフラーム所属。 京都市右京区太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親…
    136キロバイト (18,393 語) - 2024年4月6日 (土) 03:40

    (出典 gosu.blog.jp)


    吉岡里帆さんの移籍後初の公の場出演、ファンとしては嬉しい限りです。新たな活動が楽しみですね。

    1 湛然 ★ :2024/04/12(金) 06:22:51.36 ID:zdvm6C+o9
    吉岡里帆、所属事務所の芸能業務休止を受け移籍後初の公の場 ティファニー展示会パーティー出席
    4/12(金) 5:30 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ef36991f1d3e037aacfcdde7e332111f83f421a
    ティファニーのイベントに参加した吉岡里帆(撮影・中島郁夫)

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)



     女優吉岡里帆(31)が11日、東京・虎ノ門ヒルズ「TOKYO NODE」で行われた展示会「『ティファニー ワンダー』技と創造の187年」のオープニングパーティーに出席した。

     「A-team」の芸能業務休止を受け、6日に退所と芸能事務所フラームへの移籍を発表して以降初の公の場となった。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【芸能業務休止後の吉岡里帆、新たなスタートを切る場所は?ティファニー展示会パーティー出席】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    熊谷真実さん、おめでとうございます!新たなパートナーとの幸せな生活が始まりますね。浜松市で出会ったという素敵なエピソードに感動しました。

    1 muffin ★ :2024/04/01(月) 15:19:09.54 ID:AP+oyUN09
    https://encount.press/archives/604533/
    2024.04.01

    俳優の熊谷真実(64)が1日にインスタグラムを更新し、昨年に3度目の結婚をしたことを発表した。先に13年間所属した芸能事務所のアワーソングスクリエイティブを3月31日で退所して独立したことを報告し、関係者への感謝を示した上で伝えた。

    「私事でありますが、この度2023年に一般の方と結婚した事も併せてご報告させていただきます」

    熊谷は1980年、劇作家のつかこうへい氏(享年62)と結婚したが、82年に離婚。2012年に18歳年下の書道家・中澤希水氏と再婚し、20年には中澤氏の故郷である静岡・浜松市に移住した。メディアを通して仲睦まじい姿が伝えられていたが、21年3月に離婚を発表。熊谷はその後も浜松市に住み続けている。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【浜松市での移住生活が実る!熊谷真実、64歳で新たなスタート】の続きを読む

    このページのトップヘ