芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:タレント


    佐藤 栞里(さとう しおり、1990年〈平成2年〉7月27日 - )は、日本の女性ファッションモデル、タレント、女優。新潟県生まれ、群馬県高崎市、埼玉県上尾市育ち。出身高校は、浦和実業学園高等学校。スターダストプロモーション所属。 2001年、ローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』(学研プ…
    27キロバイト (3,379 語) - 2024年2月12日 (月) 17:32

    (出典 www.excite.co.jp)


    「佐藤栞里さんとの初ロマンス、おめでとうございます!お二人はとても素敵なカップルになりそうですね。特に、栞里さんの超好感度は彼女を支持する多くのファンにとって朗報でしょう!幸せな交際を応援しています!」

    1 冬月記者 ★ :2024/02/14(水) 14:08:13.19 ID:bKBhV49s9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a865535c347876c3e2ff2b2b9a728e71a465091f


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    「裏口から合い鍵で…」“超好感度タレント”佐藤栞里(33)に初ロマンス《7歳下イケメン俳優と親密交際》


     タレントの佐藤栞里(33)と俳優の坂東龍汰(26)が交際し、坂東が佐藤の部屋に頻繁に通っていることが「 週刊文春 」の取材でわかった。

    お相手は「新進気鋭の若手俳優」

     「ヒルナンデス」(日テレ系)や「王様のブランチ」(TBS系)など数多くのレギュラー番組を抱える佐藤。芸能界きっての好感度を誇る女性タレントに初ロマンスだ。

     一方の坂東はNY生まれ北海道育ち、2017年8月に俳優デビューを果たしている。21年に放送された「真犯人フラグ」(日テレ系)をはじめ、現在、数多くの映画やドラマに引っ張りだこの新進気鋭の若手俳優である。

      小誌取材班が決定的瞬間を捉えたのは2月の上旬だった。

    佐藤の住む高級マンションに向かい…

     その日の午後、坂東は、10日に上演が開始した主演舞台「う蝕」の稽古に励んでいた。

     坂東は都内に別のマンションを借りているが、稽古後に向かうのは決まって佐藤の住む高級マンションだった。周囲を気にする様子で、合鍵を使いマンション裏口から出入りしている姿を複数回にわたって小誌は確認した。

     2月14日(水)12時配信の「 週刊文春電子版 」ならびに15日(木)発売の「週刊文春」では、2人が急接近するきっかけや交際に至るまでの過程、2人の決め事など“極秘交際”の様子をスクープ写真とともに詳報している。

    【佐藤栞里(33)、超好感度タレントが7歳下イケメン俳優と初ロマンス!舞い上がるファンの期待】の続きを読む


    大久保 佳代子(Kayoko Okubo、おおくぼ かよこ、1971年〈昭和46年〉5月12日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者。お笑いコンビ・オアシズのメンバー。相方は光浦靖子。愛知県田原市出身。プロダクション人力舎所属。 愛知県渥美郡田原町(現・田原市)出身。田原町立田原中部小学校…
    36キロバイト (4,557 語) - 2024年2月12日 (月) 05:05

    (出典 www.asagei.com)


    このテレビ番組のスタッフは本当にセンスがないと思います。年収の話なんてどうでもいいし、嫌いな芸能人について話す必要もありません。もっと面白く視聴者を楽しませる内容にしてほしいです。

    1 おっさん友の会 ★ :2024/02/15(木) 01:43:39.30 ID:6U96PkwM9
    お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(52)が14日放送の日本テレビ「上田と女が吠える夜」(水曜後9・00)に出演し、テレビ番組のスタッフに苦言を呈す場面があった。

    「最近モヤモヤしたこと」というテーマになると、Hey! Say! JUMPの山田涼介は「スタッフさんがインタビューしてくださったんですけど、やたらとギャラを聞いてくる人がいたんですよ」と打ち明ける。

     「“最近買った高価なものは?”とか。答えたら“それ、いくらだったんですか?”って、絶対お金の話にもっていこうとするんですよ」と戸惑ったという。

    続きはスポニチアネックス
    2024年02月14日 22:29
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/14/kiji/20240214s00041000650000c.html

    【お笑いタレントの大久保佳代子、テレビ番組のスタッフに批判!年収や嫌いな芸能人の話は要らない!】の続きを読む


    若新 雄純(わかしん ゆうじゅん、生年月日非公表)は、日本の実業家、プロデューサー。株式会社NEWYOUTH代表取締役、慶應義塾大学特任准教授などを兼任。愛称は「わかしん。」。 福井県福井市生まれ、遠敷郡上中町(現:三方上中郡若狭町)出身。会社経営の他、大学教員(非常勤)を兼任。人間関係・コミュニ…
    15キロバイト (1,781 語) - 2024年1月25日 (木) 07:38
    タレント学者という立場から見ると、若新雄純氏の過去のエピソードは興味深いものですが、その中には深刻な問題も含まれているようですね。

    1 シャチ ★ :2024/01/24(水) 18:43:46.16 ID:yddsp8w19
     茶髪に色付きメガネがトレードマークのタレント学者といえば、慶應大学特任准教授の若新雄純氏(通称・「わかしん。」年齢非公表)である。同氏が慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に通う大学院生だった時代、16歳の高校2年生と半同棲生活を送り、その間、浮気などに悩んだ少女が自殺未遂騒動を起こしていたことが「週刊新潮」の取材でわかった。

     ***

    「意識高い系」学生グループ内では「みんな知っていた」
     若新氏は慶応SFCにある政策・メディア研究科特任准教授。夕方の情報番組「Nスタ」(TBS)で毎週、ニュースを解説している。昨年3月までは4年半の長きにわたり、「大下容子ワイド! スクランブル」(テレ朝)のレギュラーコメンテーターを務めた。その他「サンデー・ジャポン」(TBS)、「DayDay.」(日テレ)、「ビートたけしのTVタックル」(テレ朝)などの人気番組に多数出演。忙しなく各局を走り回る日々だ。

    「彼はSFCの大学院2年生だった25歳くらいの頃、16歳の女子高生と半同棲生活を送っていたのです。彼女は若新と出会ったばかりにボロボロに傷つけられ、最後は忽然と私たちの前から姿を消した。あの当時、彼が所属していたコミュニティにいた人はみんな知っていることですよ」

     こんな情報を寄せたのは、とある慶応OBだった。25歳と16歳の男女の交際。この関係を聞けば、誰しも「淫行」の二文字を思い浮かべるだろう。

    「いわゆる『意識高い系』の学生グループ内で、彼は知られた存在でした。起業に憧れる学生が多く、勉強会、講演会などと称し、みんなお洒落感覚でよく群れていて、彼は酒が飲めないのですけれど、いつもそこにいた印象です」(事情通のX氏)

    2度目のデート後、男女の関係に
     そこに迷い込んでしまったのが当時16歳の女子高生だったA子さんだ。

    「複雑な家庭環境で育った女の子だった。母親とは折り合いが悪く、家に居場所がない。けれど逆境に負けまいと、SFCに合格することを夢見て勉学に励んでいた」(知人女性)

     彼女が若新氏と出会うのは2008年9月頃。場所は東京・渋谷で催されたパーティーだった。当時、菅直人元首相の秘書で、後に衆議院議員になった中谷一馬氏の誕生日パーティーである。

     中谷氏は取材に「200~300人参加したパーティーだったので、A子さんが参加していたかどうかはわからない。A子さんの名前に記憶があるが、ほとんど接点がなく、2人の関係性も知らない」と答えた。

     パーティーから帰ったA子さんは、名刺をもらった一人ひとりに御礼のメールを送った。すると若新氏から「今度パフェ食べにいかない?」と、誘いのメールが届いた。その日は新宿で会ってレストランで食事し、パフェを食べて別れた。が、若新氏が間もなく誘ってきた2度目のデートで東京ディズニーシーに行った後、事態は急展開する。

    「その帰り、A子さんは、若新氏がタワマンに転居する前に住んでいた新宿2丁目のマンションに連れ込まれ、男女の仲になった」(X氏)
    (以下ソース

    1/24(水) 11:47配信 デイリー新潮
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5078b788ea8004dbdfcab5d72703770898a3fb5d
    若新雄純氏

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

    【「タレント学者の闇!若新雄純氏、知られざる過去が明らかにされる」】の続きを読む


    生見愛瑠 (めるるからのリダイレクト)
    生見 愛瑠(ぬくみ める、2002年〈平成14年〉3月6日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、女優。愛知県稲沢市出身。東京都在住。「エイベックス・アーティストアカデミー」の名古屋校出身。 エイベックス・マネジメント所属。通称ならびに愛称はめるるで、バラエティ番組に出演する際にはこちらの名義を用いるケースが多い。…
    48キロバイト (6,709 語) - 2023年11月3日 (金) 09:37

    (出典 aidoly.net)


    「ひらがなタレントの増加について、個人的には多様性の一環として受け入れています。彼女たちの演技や歌唱力はもちろんですが、独特の魅力や個性も魅力的ですよね。」

    1 征夷大将軍 ★ :2023/11/27(月) 18:24:58.34 ID:z+RDOIzC9
    いまドラマやバラエティーで活躍する女性タレントに共通する特徴がある。それはタレント名がひらがなであること。なぜ“ひらがなタレント”が大増殖しているのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

    今秋、芸名か愛称かを問わず“ひらがな名の女性タレント”の躍進に拍車がかかっています。

    その筆頭は、ドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)に事実上のダブルヒロインとして出演し、演技力を称賛されている「めるる」(生見愛瑠)さん。モデル活動のほか、バラエティにも出演し、さらに今年は『日曜の夜ぐらいは…』(ABC・テレビ朝日系)、『風間公親-教場0-』(フジテレビ系)に続く好演で、「連ドラ主演女優待ったなし」という声があがっています。

    ここにきてトーク力に注目が集まっているのは、「なえなの」さん。10日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)では、序盤から「インフルエンサーです」という自己紹介などで笑わせつつ、終盤の“ウィル・スミスゲーム”で千鳥や矢作兼さんらを差し置いて最大の笑いを誘い、松本人志さんから称賛を受けていました。

    さらに『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)や『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で爪跡を残したほか、生放送情報番組の『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系)と『アッコにおまかせ!』(TBS系)にも定期出演。TikTokなどの発信で磨いた瞬発力や即興力を感じさせるようなコメントが目立ちます。

    また、現在「バラエティのトップ」と言われる「みちょぱ」(池田美優)さん以上に出演数が増えているのは「ゆうちゃみ」(古川優奈)さん。バラエティでのブレイクに続いて本業のアーティストとしての出演が増え、『第74回NHK紅白歌合戦』(NHK総合テレビ)への出場が決まった「あの」さんも出演数が増えています。

    その他でも、「ゆなたこ」(星乃夢奈)さん、「ゆめぽて」(川端結愛)さん、「みとゆな」さん、「おじゃす」さんなどテレビ出演が増えている、ひらがな名の女性タレントが目白押し。ひらがな名の女性タレントが増え、活躍が目立ちはじめている背景には何があるのでしょうか。

    インフルエンサーならではの親近感
    彼女たちを起用するテレビ局側の背景として真っ先にあげられるのは、若年層への訴求。めるるさんが21歳、なえなのさんが22歳、ゆうちゃみさんが22歳、ゆなたこさんが19歳、ゆめぽてさんが19歳、おじゃすさんが19歳などと若い上に、同世代の支持が厚いだけに、「若年層の視聴者を番組に連れてきてほしい」という意図がうかがえます。

    とりわけ期待が大きいのは、SNSを中心に生活している若年層への訴求。SNS総フォロワー数700万人のなえなのさんや、TikTokだけでフォロワー数450万人のおじゃすさんをはじめ、ネット上のインフルエンサーとしての期待値は大きいものがあります。

    一方、テレビを中心に生活している人々も、ネット上のインフルエンサーは新鮮で興味深い存在。「親世代と子ども世代の会話をつないでファミリー視聴をうながす」という意味も起用理由でしょう。

    もう1つ起用の理由として大きいのが、ひらがな名の女性タレントに共通する、親しみやすさ。そもそも丸みのあるひらがなの名前は、漢字のような堅い印象がないため、「見やすく、呼びやすく、覚えやすい」というメリットがあります。特にインフルエンサーたちは、「ひらがなの名前を先に出して、漢字の正式名は書かない」という人も多く、それが親近感につながっているところもあるのでしょう。

    また、ひらがなのタレント名は、「ネット上でつぶやきやすい」「間違えられずランクインしやすい」「出演者一覧で目を引きやすい」などのメリットもあります。彼女たちを知っている人は見つけやすく、つぶやきたくなる上に、彼女たち知らない人は「誰?」「どんな人なのかな」といういい意味での違和感があり、視聴につながりやすいのでしょう。

    さらに彼女たち自身のキャラクターも、「目を引く美人というより、友達になりたいかわいらしさ」「無理せず、嘘をつかず、素直で自然体の振る舞い」「常に笑顔の印象がある明るさ」など、親しみの持てる要素がズラリ。嫌われる要素が少ないことも、安心して起用できる理由となっています。

    https://www.news-postseven.com/archives/20231127_1922817.html?DETAIL
    2023.11.27 07:00NEWSポストセブン

    ※以下リンク先で

    【ひらがなタレントが増える理由とは?注目の演技派、めるるの素晴らしき道のり】の続きを読む


    日本放送協会 (NHK会長からのリダイレクト)
    NHKワールド JAPAN NHKワールド・ラジオ日本 NHKワールドTV(英語放送専門) NHKワールド・プレミアム(日本語放送専門) NHK華語視界(中国語のインターネット放送) 放送法および日本放送協会定款に基づき、最高機関の経営委員会の下に、協会を代表する会長が置かれる。会長、副会長
    188キロバイト (23,605 語) - 2023年9月25日 (月) 23:24

    (出典 www.zakzak.co.jp)


    「NHK会長の決断は正しいと思います。他のアーティストにチャンスを与える機会も・・

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/09/27(水) 17:19:04.37 ID:TOrMkcNE9
    2023年09月27日 14:43

     NHKの稲葉延雄会長が27日、東京・渋谷の同局で定例記者会見を行い、ジャニーズ事務所所属タレントの今後の番組起用について言及した。

     「契約ですでに決まっているタレントさんはそのまま出演いたしますが、新規の出演依頼については被害者への補償について、再発防止への取り組みが着実に行われていることを確認されるまでは行わないという基本スタンス」だと明かした。

     その上で担当者はNHK全体の方針として「新規の出演依頼は被害者への謝罪、再発防止への取り組みが着実に行われていることが確認されるまで、当面行わない」と説明。この方針は「本日から」と説明。すでに、ジャニーズ事務所側にも伝えている。また、大みそかの紅白歌合戦についても「同じ方針で対応いたします」とした。

     その後の時間帯で山名啓雄メディア総局長の定例会見が続けて行われ、ジャニーズ事務所所属タレントの紅白出場について、山名氏は「現状ではゼロになる」と説明した。

     ジャニーズ事務所のタレントの出場数は近年は5、6組。さらに、演歌歌手のバックで踊るなど、歌唱時以外にもさまざまな場面で盛り上げに一役買い、さまざまな企画にも登場してきた。

     紅白歌合戦の選考基準について、同局は例年「1.今年の活躍」「2.世論の支持」「3.番組の企画・演出」の3つを中心に選考と公表している。この日、同局はこれまでの出演について「その基準にハマった皆さんにご出演いただいていた」と話すにとどめた。

     ジャニーズ事務所は故ジャニー喜多川元社長による性加害問題を受け、今月7日に会見を行い、藤島ジュリー景子社長の後任として少年隊の東山紀之が新社長に就任することなどを発表。「ジャニーズ事務所」の名称変更は行わず改革に取り組むとした。だが、この会見後、大手企業が相次いで所属タレントの広告起用を見直す方針が明らかになっていた。

     ジャニーズ事務所はその後、19日に取締役会を開催し、社名変更など、今後の会社運営に関わる大きな方向性についてあらゆる角度から議論を行い、向かうべき方針を確認したと発表した。10月2日には進捗(しんちょく)内容を具体的に報告するとしている。芸能関係者によると、現在は新たな社名を検討している段階。一方、被害者への補償を担当する組織としてジャニーズ事務所を残し、全く新しい会社を設立。そこにタレントが所属する案もあるという。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/09/27/kiji/20230927s00041000275000c.html

    ★1: 2023/09/27(水) 15:02:24.75
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1695794544/

    【紅白出場もゼロ、NHKがジャニーズタレントの今後に暗雲】の続きを読む

    このページのトップヘ