芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:問題視される


    株式会社LDH JAPAN(エルディーエイチ ジャパン、英: LDH JAPAN Inc.)は、日本の芸能事務所、エンターテインメント企業。 社名は、Love, Dream, Happiness の頭文字。 2002年10月17日、会社設立の際に必要であった最低資本金制度の300万円を、当時のEXI…
    25キロバイト (2,667 語) - 2023年12月12日 (火) 11:41

    (出典 www.tokyoheadline.com)


    「SOLDIER LOVE」の歌詞に「神風吹き荒れたなら」というフレーズが含まれていることには、私も少し違和感を感じます。歴史的背景や文化の違いからくる意味合いもあるかもしれませんが、ナチス式敬礼をするシーンと合わせると、少なからず問題視される部分ではありますね。

    1 ネギうどん ★ :2023/12/25(月) 15:42:40.11 ID:n9vPK5o69
     LDH JAPANに所属する、ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」が12月22日に生放送された「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」(テレビ朝日系)で楽曲を披露し、そのパフォーマンスの中にナチス式敬礼の振り付けが含まれていたなどとして批判を浴びています。

     批判を集めているのは、「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」などで有名なLDH JAPANに所属する、ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」による楽曲「SOLDIER LOVE」。「戦士の愛」などを意味するタイトルで、歌詞の中には「上書きする地図」「ここFar east(※Far eastは極東を意味します)の地から 神風吹き荒れたなら」など戦争を想起させる言葉が多数含まれます。

     SNS上では、「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」で楽曲が披露される以前から、一部ファンの中で同楽曲の歌詞に対して、「極東や神風という言葉から戦争を感じさせると思われても仕方がない」「この歌詞や曲名でいいのかと一歩踏みとどまって考えて欲しかった」など、批判や疑問を呈する声が多数上がっていました。

     「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」の放送直前、エイベックスの公式サイトには「『SOLDIER LOVE』に込めた想いに関しまして」と題した声明が掲載されました。「THE RAMPAGE TEAM 一同」と銘打たれた同声明では一部ファンによる意見を念頭に、「今回リリースし『SOLDIER LOVE』に関して様々なご意見をいただきました」として、「チームの想い」を伝えています。

     「この『SOLDIER LOVE』を制作するにあたって僕らが掲げたテーマは『愛を持って夢に向かって力強く進み続ける覚悟』です。
     人が誰しも持っている『慈愛』ともいうべき大きな愛を胸に抱きながら、エンタテインメントの世界で大きな夢に向かって挑み、叶えるために戦っているTHE RAMPAGEメンバー16人を『戦士』に見立て、作品を聴いてくださる方に『Love Dream Happiness』を届けたいという想いのもと、愛の持つ力を信じ、困難にも挫けずに力強く突き進んでいく姿を楽曲で表現させていただきました。
     また、THE RAMPAGEが世界へと挑んでいこうとしている中で、さらにパワーアップして大きく躍動している姿をイメージして、エンタテインメントの力で世界中を元気にしたい!という想いを込めています」

     しかし、「ミュージックステーション SUPER LIVE 2023」では、メンバーたちがナチスを想起させる全身真っ黒な衣装で出演。パフォーマンスの中で黒い旗をたなびかせたり、ナチス式敬礼の振り付けをしたりして大きな批判を浴びることに。「これは酷い」「倫理的にどうかしてる」「ナチズムをリスペクトするようなパフォーマンスはNG」など、問題視する声が広がっています。

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2312/25/news127.html

    メンバーによる声明全文

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    https://pbs.twimg.com/media/GB8ZvxVagAAvFLM?format=jpg&name=large

    【LDH所属グループの騒動に衝撃!「Mステ」でナチス式敬礼が問題視される】の続きを読む


    阪急電鉄 > 宝塚歌劇団 宝塚歌劇団(たからづかかげきだん、英: Takarazuka Revue Company)は、兵庫県宝塚市に本拠地を置く歌劇団である。 大手私鉄である阪急電鉄の一部門であり、阪急阪神東宝グループのエンターテイメント・コミュニケーション事業として阪急電鉄創遊事業本部歌劇事業部が運営している。…
    159キロバイト (23,064 語) - 2023年11月18日 (土) 12:22

    (出典 ameblo.jp)


    宝塚歌劇団の労働環境について、このような過酷な状況が報じられているのは非常に心配です。芸能界での成功を夢見る若い人々が多く集まる場所である、過労死の危険性がある状況は絶対に改善されるべきです。

    1 ヴァイヴァー ★ :2023/11/20(月) 16:23:25.40 ID:EV8joY+S9
    「聴取を受けていない宙組の生徒がいる」聞き取り辞退の内幕 現役団員の保護者からは「手取り12万円で住宅手当もない」と
    “奴隷契約”に怒りの声

     宙(そら)組娘役のAさん(25)が転落死した事件。前編では、上級生による凄絶なイジメの実態について報じたが、後編で
    は、過労死ラインを超えるほどの重労働にもかかわらず、「手取りが12万円のこともある」という宝塚の*過ぎる内情に
    ついて、現役団員の保護者らが告発する。

     劇団における“パワハラ”は個人の資質のみに起因しない。その殺伐とした空気は劣悪な労働環境を温床として醸成されたの
    だ。

    「弁護団が集計したAさんの労働時間に関する資料によれば、稽古開始日の8月16日から本公演が始まる9月29日までの45日間で
    休日は6日のみ。その休日も衣装の買い出しなどに充てられていたうえ、稼働日は朝9時から夜12時まで働くのが常態化。時に仕
    事は明け方まで及び、1日の労働時間はひどい時で20時間を超えました。睡眠時間も1日3時間程度だったといいます」

     とは社会部デスク。

    「月の総労働時間は437時間で、法定労働時間を超過した分の時間外労働時間も277時間。これは脳・心疾患の“過労死ライン”
    である80時間~100時間を優に超えているだけでは済まない数字です。過労自殺認定の目安とされる160時間以上の時間外労働と
    いう“極度の長時間労働”にも該当しています」(同)
    「手取り12万円のことも」

    労働時間集計表

     この点、元団員の母親がこう明*。

    「7年目に当たる“長の期”の生徒は新人公演の前に、各生徒の配置のほかに衣装やアクセサリーをどうするかも決めて、上級
    生に報告しなくてはなりません。このような仕事は劇団内ではやる時間がないので、深夜の帰宅後に行います。するとどうして
    も、寝るのは午前3時くらいになってしまう。新人期間中は疲れ過ぎて、食事も喉を通らない日々が続きます」

     絢爛な舞台からは想像もつかない、Aさんが置かれた超絶*な職場環境。しかし、彼女の味わった地獄は長時間労働や
    上級生のパワハラだけではない。

     宝塚の「生徒」は宝塚音楽学校で「予科生」「本科生」の2年間を経て、「研究科生」となる。研究科生になる際に、研五
    (研究科生5年目)までは阪急電鉄の一部門である宝塚歌劇団と雇用契約を結ぶのだが、前出の母親は次のようにあきれる。

    「研五までの手取りは、平均してもせいぜい月16万円程度です。公演期間は移動手当などが出ますが、それでも20万円ほど。公
    演がない期間になると、ぐっと減って12万円くらい。本番の衣装は劇団が貸してくれますが、装飾品や髪飾りなどはすべて自腹。
    下級生のうちはかつらも自前でそろえねばならない場合があり、それも一つ1万円は下らない。娘たちの稼ぎだけでは到底、食
    べていけません」

    “奴隷契約”

     結果、多くの生徒が実家からの仕送りに頼っているのが現状である。研六からは契約方法が変わり、個人事業主として劇団と
    「出演契約」なる業務委託契約を交わすようになるが、

    「基本給が少し上がるので、給料全体が上がったように感じるものの、ボーナスがなくなるので、1年単位で見ると実質的には
    研五までの給料と変わらない。また、研五までは月2万円弱で寮に入れますが、研六以降は寮を出ねばならず、タレント契約に
    切り替わっているので住宅手当も出ません」

     これらを“奴隷契約”と言わずして、なんと言おう。しかも、出演契約書では「容姿の管理」や「宝塚が定めた日程の稽古の
    参加」が義務付けられているうえ、劇団外での「演技・歌唱・講話等の提供」については宝塚の事前の許可を得ねばならないと
    いうのである。

     労働問題に詳しい中川亮弁護士は、

    「労働か業務委託かを判断する基準は“使用者の指揮命令下にあるかどうか”です。業務委託契約であるとする6年目以降の劇
    団員に、自主公演の道具を自腹で払わせるほか、家に帰ってからも雑務をやらせている。つまり雇用契約の5年目までと同じ待
    遇、業務内容で使用者の指揮命令下にあるといえます。そうであれば、労働契約が成立し、使用者には労働契約に付随する安全
    配慮義務が生じるといえます」

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a0b77ee726b6713e3e36beb94b2690c9ed501ff3

    【手取り12万円で住宅手当もなし?宝塚歌劇団の労働条件が問題視される】の続きを読む

    このページのトップヘ