芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:崩壊寸前


    非常事態 「もはや限界」豊洲市場が崩壊寸前、緊急事態宣言と大不漁で・・!

    予約があるから店を開く・・! 自分で自分の首絞めているよ? 気が付かないかなぁ~

    NO.9432461 2021/04/27 15:28
    「もはや限界」豊洲市場が緊急事態宣言と大不漁で壊滅寸前
    「もはや限界」豊洲市場が緊急事態宣言と大不漁で壊滅寸前
    4都府県で緊急事態宣言が発令中。酒類やカラオケを提供する飲食店に休業要請し、酒類を提供しない飲食店には午後8時までの時短要請が出ているが、東京・銀座のクラブ街では大半の店が26日から28日の3日間、通常営業を続ける。

     大箱クラブチェーン責任者は「ゴールデンウイーク前の3日間は、年末に匹敵する稼ぎ時ですからね。ホステスたちの生活を守るためにも、罰金を覚悟で大半のクラブが通常営業。うちの店も前から予約が入っているので、26日から28日の3日間は通常営業です」と明かす。


     また、銀座7丁目のクラブオーナーは「クラブはお酒を提供する場所。クラブは時短を受け入れても酒を提供できなければ商売にならない、だからといって、GW前の3日間は稼ぎ時。ホステスたちも、その日のためにお客を呼んでくれた。通常営業してます」と話す。

     酒類を提供する飲食店では休業か、時短かの二択が迫られたが、休業を選択した飲食店は多い。

    「酒類の提供はダメ、酒なしの時短の居酒屋や小料理屋にお客が来ると思いますか? 休業するしかありません。銀座だけでなく、東京の大半の飲食店は休業。豊洲市場も大打撃ですよ」と言うのは銀座の小料理店店主。

     全国の中央卸売市場で取引される水産物の約4分の1が集まる豊洲市場だが、コロナ禍とアジ、イカなどの不漁が重なって、仲卸業者は「もはや、限界」と悲鳴を上げていた。

     仲卸業者は「生きたタイやヒラメなどの高級魚を扱う仲卸は、高級料理店やすし店の時短や休業のあおりを受けて売り上げが激減。スーパーなどに大衆魚を卸している仲卸も..

    【日時】2021年04月27日 11:30
    【ソース】東スポWeb
    【関連掲示板】


    【非常事態 「もはや限界」豊洲市場が崩壊寸前、緊急事態宣言と大不漁で・・!】の続きを読む


    信頼関係を取り戻すのはムリかも・・・? 財産分与の方が良いかも

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/21(日) 07:27:40.62 ID:CAP_USER9.net

    2/20(土) 14:02配信
    FRIDAY

    ’20年7月、産休前最後の仕事を終えて都内の自宅マンションに帰宅した小川アナ。同月29日に第一子を出産した

    ’20年7月、産休前最後となる『NEWS23』(TBS系)の出演を終えた小川彩佳アナ(35)は、ハイヤーで自宅マンションに向かっていた。帰宅した彼女を「お疲れさま」という様子で迎えたのは、夫の豊田剛一郎氏(36)。幸せそうに見えた夫婦だが、実はこのときも豊田氏と不倫相手との関係は続いていたのだ――。

    豊田氏による小川アナへの裏切り行為により、現在、夫婦の仲は崩壊寸前だ。

    「豊田氏は不倫報道を受けてすぐ、医療ベンチャーの代表取締役(医師)を辞任。’21年分の役員報酬返上と、ストックオプションの未行使分約16億円相当の放棄も発表しました。一見、誠意があるようですが、それでも二人の離婚は避けられません。小川アナは出産後3ヵ月弱で仕事に復帰したほどの仕事第一人間。今はキャスターとして、コロナ禍での医療従事者の働きを伝えたいという使命感に燃えています。そんな中、医療従事者を裏切るような真似をした夫のことを許せるはずがないのです」(テレビ局関係者)

    自社の持ち株の含み益だけで約180億円もの資産を所有すると言われる豊田氏。仮に離婚した場合、彼が失う富は莫大なものになる。アリシア銀座法律事務所の竹森現紗弁護士はこう語る。

    「(豊田氏が小川アナから)財産分与を請求されれば、結婚後に得た貯金や取得した不動産、株式などは、原則として折半することになります」

    失われた夫婦の信頼関係を取り戻すことはかなり難しいだろう。

    『FRIDAY』2021年2月26日号より


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/93a430fa07885fb61dacd5b5b7932604108dd335


    【殺伐、「偽りの夫婦円満」小川彩佳 離婚が避けられない。】の続きを読む

    このページのトップヘ