芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:新宿歌舞伎町


    🎤3度の結婚と離婚を経た男が…いしだ壱成 歌舞伎町で18歳年下美女との「♡♡デート」現場 - 芸能ニュース掲示板|140レス|爆サイ.com南関東版


    3度の結婚と離婚を経た男が…いしだ壱成 歌舞伎町で18歳年下美女との「♡♡デート」現場
    「はい、これ。プレゼント」

    「えー! ありがとー!」

    1月中旬の夜、寒風吹く歌舞伎町のど真ん中で男が花束を手渡すと、ホットパンツ姿の美女は嬉しそうに笑った。「都会は病む」とプリントされたシュールなパーカーを着たこの男は、俳優のいしだ壱成(48)である。

    ホストやキャバ嬢、トー横キッズなどでごった返す街を美女と腕を組んで歩き出したいしだ。変装はしていないが、彼に気づく者はいない。途中、足を止めて仲良く夜空を見上げる場面もあった。

    石田純一(69)の息子として知られるいしだは、『ひとつ屋根の下』(’93年)や『未成年』(’95年)などのドラマに出演、中性的なルックスと抜群の演技力で話題を呼んだ。だがその後、’01年に大麻取締法違反で逮捕されると、次々と女性関係のスキャンダルも発覚し、すっかり「お騒がせ俳優」のイメージが定着した。’18年には当時19歳だった24歳年下の女性と3度目の結婚をし、石川県に移住。誹謗中傷によりいしだがうつ病を発症したことなどを理由に、’21年に離婚した。

    いしだの知人によると、「群馬や愛知などを転々とし、昨春に東京に戻ってきた」という。冒頭の女性は、恋多き男が帰京してさっそく見つけた新恋人というわけか。デート中のいしだを直撃した。

    【日時】2023年01月27日 07:00
    【ソース】FRIDAY

    【いしだ壱成 新宿歌舞伎町で18歳年下美女とデート 『猛烈アタック』】の続きを読む


    押尾 (おしお まなぶ、1978年〈昭和53年〉5月6日 - )は、日本の元俳優、元歌手。研音、フリーランスを経て、後述の押尾学事件の発覚直前までエイベックス・マネジメントに所属していた。 東京都出身。公称身長184cm、体重78kg。元妻は女優の矢田亜希子。…
    20キロバイト (2,563 語) - 2022年7月24日 (日) 22:47
    昔とは変わったのでしょうね! 

    1 冬月記者 ★ :2022/11/28(月) 22:11:36.53ID:jGiS+X5J9

    (出典 i.imgur.com)


    【独占】押尾学が新宿・歌舞伎町ホストクラブの顧問になっていた!「もう昔の“押尾学”はいない」


     東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストクラブ『シンスユークラシック』。歌舞伎町を中心に複数のホストクラブを展開する『シンスユー』グループで、唯一30歳以上のホストだけが働いている“大人ホストクラブ”だ。この場所でひと際目立つオーラを放っていたのが、元俳優の押尾学だ。

     2009年以降、芸能界を退き、復帰の意向もないと明言していた彼が、現在その身を置くのは夜の世界なのだ。週刊女性がそこを訪ねると、渋い白髪に黒いスーツ姿の押尾本人が、優しい語り口でインタビューに応じてくれた。

     一体、どうしてホスト業界に?

    「もともと、『シンスユー』グループの会長と仲がよかったんですよ。彼といろんな話をしているうちに、『シンスユークラシック』(以下、『クラシック』)社長の和地さんを紹介されて。ここのお店が開店して1年3か月ほどたったタイミングで、会長と和地社長とで“新しいことをしよう”という話になって。そのときに、会長とのご縁で“なにかおもしろいことを”と私も加わりました。かといって、年齢も年齢ですし、昼の仕事もやっているので、いい意味で“プレイヤー”っていうわけにはいかなくて。打ち合わせを重ねるうちに、“グループ全体の顧問をやるのはどうですか”と提案されました。そして、若いスタッフや、『クラシック』にいる30歳以上のホストたちに、とにかく少しでもエネルギーを与えてほしいと。会長と社長には男として魅力があったので、この方々は人を利用しないと思いましたし、和地社長はエネルギーの塊で、そういった部分でも波長が合ったので、“何ができるかわからないけれどもやってみます”ということで始めました」


    人生でいろいろな経験をした

     “顧問”は、いわゆる“ホスト”とは違う立場だそう。

    「グループ全体の様子を見てスタッフの相談に乗ったり、昼の仕事の人間で“こういう人紹介できない?”“こういう人知らない?”といったときに人をつないだり、一般的な仕事と変わらないですよ。それがたまたま夜の世界だっただけです。私も夜の世界はハッキリ言って“ド素人”なんですけど、これまでの人生でいろいろ経験したので、これはこれで何かのプラスになる気がして」

    まったく知らない場所に足を踏み入れた感想は?

    「やってみると、結構おもしろいです。お客さんもスタッフもいろんな人がいるじゃないですか。だからすごく勉強になります。夜の仕事なので、いろんな意見があると思いますし、以前は私も偏見がありました。でも、実際にこのグループの会長やほかの経営者さんにお会いすると、とにかくすごい。驚くほどしっかりしていますし、人によってはいい意味でケチだったりするんです。やっぱり、苦労もされているのでしょうね。プレイヤーの方は、元気な子もいれば暗い子もいたり、いろんなタイプがいます。それはそれぞれの人生なので、私が口を出すことはないですけどね」

     では、現役ホストにアドバイスをするならば……。

    「まず見た目はきれいに。清潔感はエチケットですから。それぐらいです。“歯のホワイトニングして”とか(笑)」

     顧問としてグループ全体を活性化させるべく、まず『クラシック』で毎週金曜日、1日2組限定ではあるが、“スーパーフライデー”と銘打って押尾自らが席について接客している。

    「やっぱり、“一緒にやろう”って握手をした以上、ここのお店はなんとか盛り上げたいんですよ」


    今もインスタには“誹謗中傷”が届く

     しかし、店の宣伝のためのSNSのコメントには、誹謗中傷が寄せられることもあるという。

    「まあ“誹謗中傷されてなんぼ”というのはありますけど、気分はよくないですよね。あんまりこういうこと言っちゃいけないんでしょうけど、3か月に1回くらいインスタにすごいのがきます。“お前なんで生きてんの”“呼吸すんな”とか“*”“てめぇなんで笑顔でSNSやってんだよ”とか……」

    記事全文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8df13ecccea9a77340ec7324d877660a3e67ae9?page=1

    【押尾学、芸能界を引退し夜の世界に! 全員30歳以上がいるホストクラブの顧問に就任していた。(新宿歌舞伎町)】の続きを読む

    このページのトップヘ