芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:桑子真帆アナ


    2人とも好感度は高いからCMオファ-殺到するね!  

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/13(木) 12:37:31.04

    1/13(木) 11:03配信
    SmartFLASH

    Copyright (C) 2022 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

     昨年9月1日、父・小澤征爾の86歳の誕生日に、NHKの桑子真帆アナウンサー(34)と結婚した俳優の小澤征悦(ゆきよし・47)。その“愛妻家”ぶりが話題だ。

    「2人は2018年の夏ごろに、知人である和田正人・吉木りさ夫婦の結婚披露宴で知り合い、交際に発展しました。父親である征爾氏が桑子アナの番組を見て『すごくいいアナウンサーがいる』と、お気に入りだったそうです。恋多き征悦さんも50歳が近づいて『そろそろ…』という気持ちになったのでしょう。桑子アナが朝の番組を担当する以前は、夜、お酒を飲むデートもしていたそうです」(テレビ局関係者)

     桑子アナとの結婚後、テレビ番組に登場する機会が増えた小澤だが、結婚生活について聞かれるたびに飛び出す“おのろけ”トークが人気を集めている。

    「自分が帰るところに自分の好きな人がいる…っているのは初めての経験なので、それをすごく心強いという気持ちがあるかもしれない。これからは二人三脚で頑張っていこうという相手ができて、自分にとっての価値観がこんなに違うものなんだなって感じた」

    「(生活を)今、完全に合わせていますよ、奥さん側に」「(夜は)たとえばテレビの音もつけられないし、イヤホンみたいなのあるじゃないですか、それでテレビと繋いで、テレビとか観たりしてます」などと、自らの私生活を嬉しそうに語るのだ。

     この“おのろけ”路線に注目しているのがCM業界だと明*のは、あるスポーツ紙記者だ。

    「世界的指揮者の息子として生まれ、育ちもよく、顔立ちはダンディで、俳優やバラエティ番組など仕事は順調。そこに持ってきて、人気アナウンサーと結婚したことでさらに注目され、彼をCMに起用したいスポンサーが増えていると耳にします。

     桑子アナと結婚したことで、家庭を守るためにも彼自身も、いろいろなことに挑戦しようと思っているのでしょう。今、CM業界ではオファーが殺到しています。実際、『弁護士ドットコム』のCMでハンコに扮したり、『日本郵便』のCMではサンタクロースの子孫を演じたりと、ユニークなCMへの出演が目立ちます。今後も、起用の幅は広がっていくことでしょう」

     CM出演急増も「愛妻」のおかげということか。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d798f5c75ce837ea70681d8e3061d1cab50075a


    【小澤征悦・桑子真帆アナ、父の誕生日に結婚、その愛妻家ぶりが話題に、CMオファーが続々。】の続きを読む


    どちらでも良いですよ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/29(月) 06:25:06.85

    11/29(月) 5:01配信
    週刊女性PRIME

    4月下旬、青山の街をブラブラ歩きながらインテリア店を訪れていたNHKの桑子真帆アナ

     11月19日、第72回NHK紅白歌合戦の出場者が発表され、世間は大盛り上がり!

     出場者よりひと足先に司会者が発表されていたが、そこでは熾烈な戦いが―ー。

    「アナウンサーの和久田麻由子さんか桑子真帆さんのどちらかだと思われていましたが、和久田さんに軍配が上がりました。司会は大泉洋さん、川口春奈さん、和久田さんの3人になります。今年は例年のように紅組司会、白組司会とわけず、”司会”で統一します」(スポーツ紙記者)

     ここ数年、和久田アナか桑子アナが司会を務めるのが恒例になっていた。

    「桑子さんは'17年、'18年、'20年に、和久田さんは'19年に総合司会を担当しました。2人とも実力的には申し分ないですし、どちらが司会をやってもおかしくなかった。実際、桑子さんを推す声も多かったといいます」(同・スポーツ紙記者)

     勝敗を分けたのは、“安定感”だったようだ。

    男性関係の報道が“衝撃的”で
    「桑子さんは気さくなイメージで親しみがあり、バラエティー番組向きですが、言い間違いが多い“弱点”があります。'18年の平昌オリンピック開会式の生中継で、“閉会式を通じて……”と言ったり、今年のオリンピック閉会式でもアーティスティックスイミングの選手を紹介する際に“マーメイドジャパン、新体操のみなさん”と言い間違えたりなど、初歩的なミスが目立つ。その点、和久田さんは開会式もソツなくこなしていたので、その辺りが勝敗を分けたのでしょう」(芸能プロ関係者)

     ただ、NHK関係者は、桑子アナが“落選”したのには、こんな理由もあると話す。

    「今年1月に『FLASH』で、桑子さんが学生時代に複数の男性と交際していたことが報じられたんです。大学時代に彼女と付き合っていた男性が、“恋人がいる男性と遊ぶことを不倫デートと呼んでいた”、“自分の友だちの彼氏と関係を持っていた”と暴露した衝撃的な内容でした。社内では、この報道を問題視する声があがっていましたよ」

     ただ、男性関係が奔放だったとしてもアナウンサーになる前のこと。今年9月には、小澤征悦と再婚しているのだから、過去のことでそこまで目くじらを立てることもないと思うが……。

    「内容自体が問題になったわけではありません。この報道は1月だったため、タイミングが悪ければ昨年の紅白と重なる可能性がありました。社内では、こうした彼女に関するネガティブな報道が続くことを心配する意見もあった。そうした“リスク”を回避することも、今年、桑子さんの司会が見送られる要因の1つになったようです」(同・NHK関係者)

     桑子アナが司会に選ばれなかった背景に、過去の男性関係に関する報道があったことについて、NHKに問い合わせると、

    「お尋ねのような事実はありません」

     と否定。だが、桑子アナの私生活での危なっかしさを指摘する声は他にも……。

    「'17年にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚するも、わずか1年で離婚。また、昨年4月に小澤さんとの交際が報じられた際も、桑子さんが“緊急事態宣言”期間中にマスクをつけずに歩いていたことを批判する声があがっていました。そうした”お騒がせ”なところが敬遠されたのかもしれません」(別のNHK関係者)

     来年の紅白ではリベンジなるか!?


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/992da74c471f592c4b7bafab2c2433e78f68e126


    【桑子真帆アナ 『紅白』司会“落選”のウラに、安定感で勝敗を 分けた。】の続きを読む

    このページのトップヘ