芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:死去


    心よりお祈り申し上げます。 残念ですねび


    1 ネトウヨ ★ :2021/11/11(木) 12:53:35.76

    速報より


    【瀬戸内寂聴、死去 99歳  今までありがとう。】の続きを読む


    「渡る世間は鬼ばかり」脚本家・橋田壽賀子さん(95)死去 -

    最近目にしなかったが残念な結果でご冥福をお祈りいたします。

    NO.9375469 2021/04/05 17:21
    脚本家・橋田壽賀子さん(95)死去
    脚本家・橋田壽賀子さん(95)死去
    「渡る世間は鬼ばかり」などを手がけた脚本家の橋田壽賀子さんが、4日、亡くなりました。95歳でした。

     橋田壽賀子さんは、脚本家として、TBSテレビのドラマ「渡る世間は鬼ばかり」やNHKの連続テレビ小説「おしん」など数多くの名作を世に送り出しました。2015年には文化功労者として顕彰されたほか、昨年秋には文化勲章を受章していました。

     橋田さんは、今年2月下旬から、急性リンパ腫の治療のため東京都内の病院に入院。先月には、自宅のある静岡県熱海市内の病院に移り、治療を続けてきました。そして3日、自宅に戻り、4日午前、息を引き取ったということです。

     橋田さんの遺志により、通夜・告別式、「お別れの会」などは行われないということです。



    【日時】2021年04月05日 16:50
    【ソース】TBS News


    【「渡る世間は鬼ばかり」脚本家・橋田壽賀子さん(95)死去 -】の続きを読む


    笑点で人気者だった林家こん平さん死去 77歳 難病の「多発性硬化症」あった。

    明るいキャラがもう見られない。残念です。

    NO.9114201 2020/12/21 15:23
    林家こん平さん死去 77歳「笑点」で人気「1、2、3、チャラ~ン」
    林家こん平さん死去 77歳「笑点」で人気「1、2、3、チャラ~ン」
    日テレ系「笑点」の解答者として知られる落語家の林家こん平(本名・笠井光男)さんが17日午後2時2分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去したことが21日、分かった。

    77歳。

    関係者によると葬儀・告別式は19日に近親者で済ませた。

    2005年7月に、難病の「多発性硬化症(MS)」であることを公表。

    一線からは退いたものの、一門の落語会や落語家仲間による卓球サークル「らくご卓球クラブ」では元気な姿を見せていた。

    最後まで再び高座に上がることを夢見ていたが、その願いはかなわなかった。

    あふれんばかりの笑みで「1、2、3、チャラ~ン」と、ファンと共に声を合わせるこん平さんの姿を、もう見ることはできない。

    6人兄弟の末っ子として生まれ、中学卒業と同時に上京して初代林家三平の弟子となったこん平さんが、全国区の人気を得たのが、66年から出演を始めた日テレ系「笑点」だった。

    自らの出身地である新潟県千谷沢村(現在の長岡市)を「チャーザー村」と呼び、地元ネタで観客を沸かせた。

    「チャラ~ン」も、元々は同番組での自己紹介の締めから始まったものだった。

    40年近く日曜のお茶の間を楽しませてきたこん平さんに、突然のアクシデントが襲ったのは、2004年8月。

    当初は、のどの使い過ぎが原因で、声帯に小さな固い突起物ができる「声帯結節」と診断された。

    1か月ほど入院して安静にすれば治るとされ、早期復帰が見込まれていたが、なかなか体調が回復しなかった。

    05年に判明した病名は「多発性硬化症」。

    厚生労働省が特定疾患に指定しており、脳や脊髄..

    【日時】2020年12月21日 14:56
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】


    【笑点で人気者だった林家こん平さん死去 77歳 難病の「多発性硬化症」あった。】の続きを読む


    ディエゴ・マラドーナ氏、心臓発作のため死去 60歳、アルゼンチンのス-パ-スタ-「神の手」「5人抜き」…数々の伝説残し -

    サッカ-界のスタ-がまた一人減ったな・・!

    NO.9052491 2020/11/26 08:48
    ディエゴ・マラドーナ氏が死去 60歳、「神の手」「5人抜き」…数々の伝説残し
    ディエゴ・マラドーナ氏が死去 60歳、「神の手」「5人抜き」…数々の伝説残し
    サッカー元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏が25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。

    60歳だった。

    現地メディアなどが報じた。

    オレ紙(電子版)など現地メディアによると、ブエノスアイレス郊外のティグレにある自宅で心臓発作で倒れ、帰らぬ人となった。

    先月30日に60歳の誕生日を迎えたばかりのマラドーナ氏は、硬膜下血腫のため今月3日に首都ブエノスアイレスで手術を受けていた。

    11日に退院し、施設でアルコール依存症の治療を受けていた。

    1960年ブエノスアイレス生まれ。

    アルゼンチンの10番を背負ったスーパースターは、W杯に4度出場。

    優勝の立役者となった1986年メキシコ大会では、準々決勝のイングランド戦で「神の手ゴール」と「5人抜きゴール」という伝説のプレーを残した。

    2008〜10年にはアルゼンチン代表監督も務めた。



    【日時】2020年11月26日 01:58
    【ソース】スポーツニッポン


    【ディエゴ・マラドーナ氏、心臓発作のため死去 60歳、アルゼンチンのス-パ-スタ-「神の手」「5人抜き」…数々の伝説残し -】の続きを読む

    このページのトップヘ