芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:羽生結弦


    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年〈平成6年〉12月7日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。現在はプロのアスリート。宮城県仙台市出身。ANA所属(2013年 - 2022年)。早稲田大学(人間科学部)卒業。エグゼクティブ・プロデューサー。…
    453キロバイト (44,936 語) - 2024年1月30日 (火) 15:15

    (出典 www.daily.co.jp)


    「羽生結弦からこんなセリフを言われたなんて信じられない!でも、私たちの関係にはもう終わりが来ていたのかもしれない。彼の素顔を見てしまった気がします。」

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/06(火) 20:32:10.22 ID:EHzRiWUc9
    「ありがとう、もうあなたは必要ない」元恋人が羽生結弦から言われた別れ際のセリフを暴露!? 3か月の結婚・離婚劇に「あはは」
    2024/2/6

    《え?付き合ってたの??羽生くん、やるやん。なんか意外だった》

     先月末、ロシアのニュースメディア『Gezeta.RU』が羽生結弦(29)の過去の交際について報じた。

     お相手は、'18年の平昌五輪女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得している“ジェーニャ”ことエフゲニア・メドベージェワ(24)だという。過去に交際を噂された2人だが、当時羽生は交際を否定。彼女の口からその交際を語られたことには驚きだが……。

    羽生結弦から「ありがとう、君は僕にもう必要ない」

     メドベージェワは2度に渡ってその“交際”について語っている。

     一つ目は、YouTubeチャンネル「マカレナ」において、チャンネルの司会者のカレン・アダムヤンとTikTokブロガーのダニーロ・ミローヒンとの鼎談動画だ。

     ゲストであるメドベージェワに“50の質問をする”という企画の中で、司会者(カレン)が彼女に対し、「これまで恋愛感情を抱いたことはあるか?」と尋ねると……

    「恋愛経験はありました。私の初恋は、とても強かった。その人の名前は言えないのだけど……」(メドベージェワ)

    「僕は彼を知ってるよ」(ダニーロ)

    「必要ないから黙ってて、お願いだから黙ってて!4年前に終わり、大分経ったので(関係を)戻したくはありません」(メドベージェワ)

    「でも君は彼を好きだったんだ?」(ダニーロ)

    「16歳から18歳頃の時は、恋に落ちると、すべてが“ああ、この感情はどこに行くのだろう”と感じた。つまりもっと人を好きになることが出来るなんて、想像すら出来ない」(メドベージェワ)

     そして、その“交際相手”から心ない言葉で別れを告げられたと告白。

    「ただハッキリと、“ありがとう、君は僕にもう必要ない。君がいなくても僕の人生は全て上手くいっている。さようなら”。ほとんど2年間一緒にいてその後だったので、私は、驚いて飛び上がりそうになりました」

     彼女は若かりし頃の恋愛経験について、「人を好きになると、その人を完璧だと思ってしまう。好きという感情で相手の欠点が見えなくなってしまう」と動画で語っている。

    105日の結婚&離婚劇に悲しみと笑い

     二つ目は、メドベージェワ自身のYouTubeチャンネルでコメディアンのナージャ・ジャブライロワとの対談での一コマだ。

     メドベージェワは「去年、私の元カレが結婚したの。私はこんな感じだった。(泣き真似をしながら)“えーん”」と告白。

     そして、こう続けた。

    「それから3か月後に彼は離婚したの。私は(笑顔で)“あはは!”という感じだった」

     この動画が公開されると、ロシアの各社ニュースメディアが「羽生との交際をメドベージェワが語った」と報じた。

     日本でも『女性自身』が『羽生結弦 ロシアの人気スケーターが過去の交際を匂わせ?「元カレが去年結婚して3カ月で離婚した」』と報じると、SNSでは、

    《メドベージェワやっぱり羽生結弦と付き合ってたんやな。噂はあったよな》

    《カナダまで追いかけて、なんか怖いなーとすら思ってた。羽生くん、メドベの事は当時否定してたような》

    《おいおい、メドベージェワ、また羽生信者を怒らせる様な事を。こりゃもう日本には来れないぞ》

    《誰しもがもつ裏の顔というだけです下半身は別人格……放っといて》

     と驚いたというコメントが乱立している。

     現役選手から引退した後もまだまだ注目される羽生。105日の結婚&離婚劇はフィギュアスケート界に大きな衝撃を与えたが、羽生の独身への返り咲きに歓喜するファンがいる一方、「(相手を)守ってやれよ」という声が上がっていたのも事実。

     過去の交際を仄めかされるも完全無視を続ける羽生。彼女の発言をどう受け止めるのだろうか。

    https://www.jprime.jp/articles/-/30822?display=b

    (出典 www.jprime.jp)


    (出典 www.jprime.jp)

    【「衝撃の結婚・離婚劇が明かされる!羽生結弦との別れ際に漏れたセリフとは」】の続きを読む


    エフゲニア・アルマノヴナ・メドベージェワ(ロシア語: Евгения Армановна Медведева、ロシア語ラテン翻字: Evgenia Armanovna Medvedeva、1999年11月19日 - )は、ロシアのフィギュアスケート選手(女子シングル)。なお、姓は「メドベ
    54キロバイト (3,666 語) - 2023年10月11日 (水) 08:25
    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年〈平成6年〉12月7日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。現在はプロのアスリート。宮城県仙台市出身。ANA所属(2013年 - 2022年)。早稲田大学(人間科学部)卒業。エグゼクティブ・プロデューサー。…
    453キロバイト (44,936 語) - 2024年1月30日 (火) 15:15
    メドベージェワのコメントには、羽生結弦との過去の関係が匂わされているのかもしれませんね。元カレが結婚して3カ月で離婚したという情報も気になります。

    1 ネギうどん ★ :2024/01/31(水) 09:28:42.83 ID:5Q2tcbjj9
    昨年、バイオリニストの元妻A子さん(36)とわずか“105日”で結婚生活を終えた羽生結弦(29)。離婚発表から2カ月が過ぎ、落ち着きを見せようとするなか、新たな“嵐”を呼ぶ発言がロシアから飛び出した。

    昨年8月4日に結婚を突如発表した羽生だが、一般人はおろか性別まで伏せるという徹底したガードぶり。その後、一部週刊誌の報道でお相手がA子さんであることが明らかになるも、11月17日に離婚を発表。

    しかし、105日というあまりの短期間での離婚にネット上では疑問が噴出。結婚もほとんどの親族に報告していなかったため、羽生の祖母や叔母がメディアの取材に対して、羽生に苦言を唱えるという異例の事態にまで発展した。

    日本人として初めてフィギュアスケートで冬季五輪2連覇を果たし、国民栄誉賞まで受賞した世界に誇る大スターの羽生だが、結婚までプライベートは謎に包まれてきた。過去に同級生との交際や元国民的アイドルとの交際が噂されたことはあったが、いずれも決定的な情報は出ないままだった。

    そんななか、羽生との過去の交際を匂わせる“大物”が現れた。ロシアが誇るフィギュア選手、エフゲニア・メドベージェワ(24)だ。

    これまで世界選手権で2度の金メダル、18年の平昌五輪で銀メダルを獲得するなど輝かしい実績を持つメドベージェワ。羽生のコーチを務めたブライアン・オーサーに師事するため、一時期カナダに拠点を移したこともある“同門生”でもある。

    そんなメドベージェワは、日本時間の1月29日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、約1時間30分の動画をアップ。自身がホストを務め、ゲストと対談をする番組の最新作だ。

    ロシアの大手メディア「Shkulev Media Holding」が運営するサイト「Starhit」が30日に配信した記事によると、その中でメドベージェワはこう語ったという。

    《「去年、元カレが結婚したの。私は“あはは“って感じだった。それから3ヵ月後に離婚したんだ。私は“あはは!“って感じだった。おっとっと“っていうリアクションから、“あはは“っていうリアクションになったんだ」と24歳のアスリートは話している》(※翻訳は編集部)

    名前は明かしていないものの、昨年に結婚し、3カ月で離婚した人物として真っ先に思い浮かべる人物といえば羽生だろう。Starhitの記事の見出しも、「エフゲニア・メドベージェワは、元カレの羽生結弦の結婚と急速な離婚に対する自分の反応について語りました」となっている。

    動画のコメント欄にも、ロシア語で

    《神様、ごめんなさい、ジェーニャの元カレについてのコメントを無視することができません、これはまさに羽生結弦のことを表しています… 以前は彼らに関係があったかもしれないとは思いもよりませんでした》
    《ジェーニャが羽生結弦のことを言っているんだけど、彼は結婚してから3ヶ月で離婚したんだよ》(編集部注:ジェーニャはメドベージェワの愛称)

    といった感想が並んでいた。

    果たして、フィギュア界が誇る2大スターは本当に交際していたのか。羽生の口から真実が語られる日はーー。

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2288263/


    (出典 img.jisin.jp)
    .webp

    【メドベージェワ、羽生結弦との交際を匂わせる発言にファン騒然!元カレの結婚・離婚に注目!】の続きを読む


    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年〈平成6年〉12月7日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。現在はプロのアスリート。宮城県仙台市出身。ANA所属(2013年 - 2022年)。早稲田大学(人間科学部)卒業。エグゼクティブ・プロデューサー。…
    451キロバイト (44,909 語) - 2024年1月9日 (火) 13:51

    (出典 sirabee.com)


    地元の一般市民がこの新リンクを使う機会を得られないのは不公平だと思います。税金70億円が投入されているのに、なぜ一般市民にも開放しないのでしょうか?公共施設としての役割を果たすためにも、利用条件や料金について再考するべきです。

    1 Egg ★ :2024/01/09(火) 20:31:03.81 ID:WUKHSeUs9
    ⬛《税金70億円投入も》羽生結弦「新リンク」に地元・仙台市議から「一般市民にも使わせて!」の異論噴出《県スケート連盟会長も…》

    “105日離婚”が話題をさらったプロフィギュアスケーターの羽生結弦(29)。その羽生が離婚発表からわずか11日後の昨年11月28日、祝福のビデオメッセージを寄せたのが、地元・仙台市の「ゼビオアリーナ仙台」に新たに開設が決まったスケートリンクだ。羽生の新たな活動拠点になると目され、羽生のアイスショーも開催予定という、いわば「羽生リンク」。だがこのリンクに対し、地元で異論が噴出していることが「 週刊文春 」の取材で分かった。

     地元記者が語る。

    「新リンクは2025年度に利用開始の予定です。運営主体は民間企業のゼビオホールディングスで、仙台市は光水熱費や人件費などの『指定管理料』を支払う方針。つまり税金が投入されるのですが、リンクの利用は羽生をはじめとするプロスケーターの練習やショーなどに限られ、一般市民に開放しない方針なのです。指定管理料は年間で最大約3億5000万円、20年間で70億円と試算しています」

     だが、かねてより新リンク開設を訴えてきた仙台市議の佐藤正昭氏(自民党)はこう語る。

    「70億円もの税金が投入される以上、新リンクは羽生さんではなく市民のものです。1人のスター選手も大事だけれど、競技人口の裾野を広げるのも大事。その機会が失われると危惧しています」

    市は「経済波及効果は十分見込める」

     異論噴出の70億円「羽生リンク」。仙台市に開設の理由と利用方針を尋ねると、こう回答した。

    「羽生さんを始め、フィギュア関係の練習環境が厳しいという声が上がっており、(新リンク開設は)それを踏まえたもの。トップレベルの選手が貸し切りで練習できます。新リンクは(一般市民がショーなどを)観るための施設になると思います。一定の指定管理料がかかっても、経済波及効果は十分見込めると考えています」

     羽生の事務所にも見解を求めたところ、

    「(新リンクの利用方針には)意向を申し上げる立場ではありません」

     では、宮城県のスケート関係者を束ねる県スケート連盟会長はどう考えるのか。「週刊文春」記者が尋ねると――。

     1月9日(火)12時配信の「 週刊文春 電子版 」ならびに10日(水)発売の「週刊文春」では、県スケート連盟会長が記者に語った新リンクへの違和感や、連盟と羽生の間に生じたもう1つの「すれ違い」、連盟関係者を落胆させた羽生親子の言動などについて詳報している。


    1/9(火) 16:12配信 週刊文春
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ed87e8270c3de96e09a98ae191b8daa0a56adae

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

    【羽生結弦の新リンクに70億円もの税金投入!地元市議からの批判が噴出!】の続きを読む


    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年〈平成6年〉12月7日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。現在はプロのアスリート。宮城県仙台市出身。ANA所属(2013年 - 2022年)。早稲田大学(人間科学部)卒業。エグゼクティブ・プロデューサー。…
    451キロバイト (44,909 語) - 2023年12月26日 (火) 23:12
    大谷バドミントン選手の母・加代子の間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうび)のイメージから「平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平命名。 バドミントン
    336キロバイト (46,975 語) - 2023年12月30日 (土) 01:21

    (出典 chico-blog1.com)


    大谷と羽生はともに苦難を乗り越え、世界的な成功を収めてきた選手です。大谷の活躍によってさらなる注目が集まる中、羽生が105日で離婚を経験するというニュースは、彼のイメージに影響を与える可能性があります。

    1 愛の戦士 ★ :2023/12/30(土) 12:40:47.05 ID:68lK8LZU9
    女性自身 12/30(土) 6:00

    「グローブが届きました!」
    2023年も終わりを迎えようとするなか、全国各地から続々と喜びの声が上がっている。大谷翔平選手(29)によって寄贈されたグローブが到着し始めたのだ。

    大谷は今年11月に、日本のすべての小学校に対して3個ずつ、計6万個のグローブを寄贈することを発表。この試みに対しては国内だけでなく、海外からも称賛の声が寄せられていた。

    日本だけでなく、世界のスターとなった大谷。12月10日にはロサンゼルス・ドジャーズへの移籍を発表。メジャーリーグ史上最高額となる10年総額7億ドル、日本円にすると約1015億円という超大型契約が、大谷の価値を表しているだろう。そのうえ、「チームがより強くなるため」と契約額の97%を、契約満了後の10年間に無利子で受け取ることを提案。何よりもチームの”勝利”を優先する姿勢は、多くの人の心を打った。

    また、入団にあたり、ジョー・ケリー投手から背番号「17」を譲ってもらうと、ケリー投手の妻のアシュリーさんに2000万円を超える高級車ポルシェをプレゼント。こちらも粋な対応だとして大きな話題に。

    ■スピード離婚をきっかけに大きくイメージダウンした羽生

    このように連日、“スターぶり”が報道される大谷。その裏で、評判を落としている“同い年”がーー。プロフィギュアスケーターの羽生結弦(29)だ。

    羽生は今年8月4日の深夜、SNS上で突如結婚を報告。文書のなかでは、年齢から有名人か一般人なのかはおろか性別まで、ありとあらゆる結婚相手の素性が伏せられていたことが、世間には驚きを持って受け止められた。

    しかし、その105日後の11月17日深夜、羽生はいきなり離婚を発表。離婚の理由として、羽生は《誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道》があったとし、《お相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難い》とコメントしていた。

    離婚発表直後は、羽生への同情の声が相次いだ。しかし、元妻の実名を報じた地方新聞社の担当者がメディアの取材に対し、「都合のいいときだけメディアを使い、都合が悪ければメディアのせいにする。これはいかがなものか」と猛反論。

    さらに羽生の祖母が「週刊現代」の取材に対し「(羽生の)結婚にしても、何も聞かされなかった。有名になると、話せないこともあるんでしょう」「ゆづは叩かれて当然だと思います。こんなスピード離婚なんてないですよ」と苦言を呈すと、風向きが変わることに。そもそも“隠し通すという方針があまりに強引だったのではないか”という指摘や、“妻を守りたいのが本心なら離婚は尚早ではないか”という声も上がり始めるようになったのだ。

    さらに12月26日の「文春オンライン」で、元妻のバイオリニストとしての活動を長年支援してきたという後見人が、羽生の離婚発表のコメントについて「『相手を守った』って、それは全部、嘘ですよ」と実名を出して憤りを告白する事態に。

    すると、同日羽生はInstagramで《10代の頃からずっと、嘘や妄想や、出会ったことすらない関係者さんの話で記事が出ますが…面白いですね ありたっけの体力と精神と技術と、自分を、スケートに込めていきます》とかかれた直筆メッセージの写真をアップ。写真の端には、ぐしゃぐしゃに丸められた紙の玉も写っていた。しかしこの怒り投稿に対しても、“離婚する前に、妻を守るためにこういうことを言えばよかったのに”といった声があがるなど、冷ややかに受け止める人も多いようだ。

    これまで批判的な声を浴びることはほとんどなかった羽生。今回のスピード離婚は、思った以上にイメージをさげているようだ。

    「羽生・大谷世代」と呼ばれる、’94年を代表するアスリートの二人。来年には30歳を迎えることとなるが、どのような日々を歩んでいくのだろうかーー。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/4947c7f1f68b20bdb98c87f34141a8a2eb932cef&preview=auto

    【大谷翔平と羽生結弦、大差のイメージ!スターとして光り輝く一方、離婚騒動で暗雲立ち込める同い年の運命とは?】の続きを読む


    羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年〈平成6年〉12月7日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。現在はプロのアスリート。宮城県仙台市出身。ANA所属(2013年 - 2022年)。早稲田大学(人間科学部)卒業。エグゼクティブ・プロデューサー。…
    451キロバイト (44,909 語) - 2023年12月26日 (火) 23:12
    「母乳すするさん、スマホを持たない生活ってすごいですね!私も最近、スマホの使用時間を減らそうと思ったんですが、なかなか難しいです。」

    【羽生結弦、スマホを持たずにブログを更新中!母乳すするさんの言いつけとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ