芸能ニユ-ス関連

芸能ニユ-スに興味のある方
深堀したニュ-スの内容を知りたい
芸能関連にうとい方に読んでもらいたい
スポ-ツ好きな方も読んでもらいたい

    タグ:過去


    上重 (かみしげ さとし、1980年5月2日 - )は、日本テレビ元アナウンサー。 身長181cm。大阪府八尾市出身。 小学2年から野球を始め、小・中ともに全国大会優勝を経験した。中学時代はボーイズリーグの「八尾フレンド」で平石洋介とチームメイトとなり、共にPL学園高校へ進学した。…
    20キロバイト (2,642 語) - 2024年6月27日 (木) 14:02
    上重 (かみしげ さとし、1980年5月2日 - )は、日本テレビ元アナウンサー。 身長181cm。大阪府八尾市出身。 小学2年から野球を始め、小・中ともに全国大会優勝を経験した。中学時代はボーイズリーグの「八尾フレンド」で平石洋介とチームメイトとなり、共にPL学園高校へ進学した。…
    20キロバイト (2,642 語) - 2024年6月27日 (木) 14:02
    上重アナの恋愛事情、興味深いですね。7年も交際しても結婚に至らなかった理由が気になります。

    1 冬月記者 ★ :2024/07/17(水) 20:33:28.64 ID:AhlhKOvP9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7e44c9b3e318426416675db78c5c3adaa291450

    上重聡「7年交際を2回…」 過去の恋愛を赤裸々告白!7年交際して結婚できなかった理由とは?

     フリーアナウンサーの上重聡(44)が17日までに更新されたYouTubeチャンネル「DELISH KITCHEN-デリッシュキッチン」の「タイムマシーン3号のお料理向上委員会」にゲスト出演。過去の恋愛について赤裸々に告白する場面があった。

     タイムマシーン3号とゲストで料理をしながらトークをする番組。タイムマシーン3号・関太から今でも独身の理由を聞かれると、上重は「1回付き合うと長く付き合っちゃうんですよ。7年交際を2回やってるんですよ」と告白。

     7年交際して破局した理由は、マンネリ化と大きな仕事が決まったタイミングだったからだという。

     「自分が大きな番組の司会になったんですよ。この1年は“仕事に集中したい”と言っちゃったんですよ。かっこつけたい自分も居て、仕事をバシッと決めてからと思ってたら“私じゃなくてもいいんでしょ?”と言われて…」と赤裸々に語り、最後の恋愛は3年前だと明かした。

     そして「ある程度、結婚も勢いみたいなものも大事かなと思うんで、次は1年以内で交際して結婚して、結婚してから愛を育むのもありなのかなと思ってます」と語った。

    【上重聡アナが赤裸々告白!7年交際を2回経験した過去の恋愛エピソード】の続きを読む


    安西 ひろこ(あんざい ひろこ、1979年2月9日 - )は、日本の女優、タレント、モデル。アーティストハウス・ピラミッドを経てエイジアプロモーション所属。本名:安西 紘子(読み同じ)。 神奈川県相模原市出身。最終学歴は、北豊島高等学校(通信制)卒業。1998年度のフジテレビビジュアルクイーン。…
    17キロバイト (2,106 語) - 2024年7月4日 (木) 02:21
    安西ひろこさんがいじめ被害を告白したことに驚きました。こんなに強くて素敵な方が、過去に苦しい思いをされていたとは…。尊敬の念を抱きます。

    1 冬月記者 ★ :2024/07/12(金) 08:41:12.32 ID:sGVpPyN09
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7d76bf9dd36b9b8d55c3418622e7b7168dbc82d

    【写真】45歳に見えません!胸元を大きく開いたドレス姿の安西ひろこさん

    (出典 i.imgur.com)



    元ギャルのカリスマ45歳、いじめ被害を告白「色々ないじめ受けた」トラウマ乗り越えたきっかけも明*

     タレントの安西ひろこさん(45)がインスタグラムを更新し、長年いじめ被害に悩まされた経験を告白しました。

     安西ひろこさんはインスタライブを行ってこなかった理由について、過去のいじめ被害が影響していると明かし、

     「私ね、いじめられてた経験が長くて、色々ないじめを受けたけど、1番は『何言ってるか、何話してるかわかんない?』が多かったのね!」「昔から周りから舌足らずと言われたし、話もゆっくりだし、自分でも、配信やアーカイブを見てそう思う!!」「だから配信はしてなかったの!」と説明しました。

     それでも先日、初めてインスタライブを踏み切った経緯については、「動いてる私が見たい!話してる私が見たい!と沢山のメッセージやコメントをもらった時に『本当にありがとう!』と思った」とファンの応援に背中を押されたといい、

     「いじめられてた昔の怖がりの私じゃない!人に何思われたっていいじゃない!」「私は私だもの」と勇気を得て動画配信に臨みました。

     安西ひろこさんは自身と同じようにいじめられたトラウマを持つ人たちに対し、「もしいじめられていたり、昔辛い経験がある方がらいたら1歩踏み出してほしい!」「自分には沢山価値があり、自分を幸せにするのは自分だけだから」とエールを送りました。

     そして「配信してほしいって言ってくれて嬉しかった!本当にありがとう!」と勇気をくれたファンに感謝しました。

     安西ひろこさんは1990年代後半から2000年代にかけて「ギャルのカリスマ」として注目され、グラビアアイドルや雑誌のモデルとして活躍しました。現在はダイエットカウンセラーやダイエットインストラクターの資格を取得し、美容家として活躍しています。

    【安西ひろこ、45歳でいじめ被害を告白!過去のトラウマを乗り越えるきっかけとは?】の続きを読む


    中武 佳奈子(なかたけ かなこ、1982年4月22日 - )は、日本の元子役タレント、女優、歌手。大分県出身。本名は同じ。 子役としてドラマやバラエティー番組で活動し、エヌ・エー・シー、イトーカンパニー、サムセクションミュージック、ウィンドーに所属していた。 その後も女優業を続け、堀越学園高校卒業。…
    12キロバイト (1,193 語) - 2024年6月23日 (日) 08:48

    (出典 non-nnnn.com)


    中武佳奈子さんの生い立ちや苦労を知ると、本当に尊敬の念が湧いてきます。一時ホームレスになったりと、人生の厳しさを味わったけれど、その経験が今の活躍に繋がっているのだと思うと、彼女の強さに感動します。

    1 フォーエバー ★ :2024/06/23(日) 19:14:18.94 ID:ykOw6OvC9
    『あっぱれ』人気子役から一時ホームレスに… 「人生が狂った」中武佳奈子さんに聞く当時の生活 「普通を知らずに“キラキラ”を取りにいってはいけない」


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=358&exp=10800

    6/23(日) 14:13配信

    ABEMA TIMES
    中武佳奈子さん

    「『サインください』『写真撮ってください』と、どこの駅にいても声をかけられるようになった時に“あ、知られてるんだな”みたいな」

    【映像】中武さん“子役”当時の写真&作品の数々

     こう話すのは、大人気番組『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)の第1期生、「かなちゃん」の愛称で人気だった、元人気子役の中武佳奈子さん。当時はドラマやCMにも引っ張りだこで、CDや写真集も発売。順風満帆の芸能生活を歩んでいたはずだった。しかし……。

    「夏は公園のベンチで横になって寝ていた。実質、家がない状態というか。こういう木にとまってるセミとか、アリも食べられるので」

     人気子役が一転、ホームレスに。「確実に人生が狂った」という背景に何があったのか。『ABEMA Prime』で話を聞いた。

    ■「どこに行ってもチヤホヤされる自分」に天狗に
    最前列、一番右が中武佳奈子さん

     中武さんが芸能界入りしたのは4歳の時、姉の提案で芸能事務所に応募して合格したこと。6歳でドラマのエキストラとして子役デビューすると、『あっぱれさんま大先生』にレギュラーとして14歳まで出演が続いた。20~23歳の時には『世界ウルルン滞在記』(TBS系)にも出演した。

     10~12歳のころは、ドラマ・CMの撮影が重なり学校に通う時間もなかった。テレビ局での出待ちやサイン・写真撮影などを求められ、「どこに行っても褒められ、チヤホヤされる自分」に天狗になっていたという。そんな中、親は“ステージママ”化し、売れていることが絶対に。毛皮や大きなダイヤを購入、車は2年で新車に変わっていた。

    「家が大きくなったり、ダイヤモンドがあったり。車は2年で変わっていたので、車検の更新があるということを知らなかった。私自身は何かよくわかっていなかったが、親はキラキラしていった」

     変化が訪れたのは、仕事が減っていった頃。

    「人気商売なので、ある時を境に仕事がなくなった。ただ、小さい頃から売れている自分しか見ていないので、その現実を受け入れられない。子役は“こうあるべきだ”“こうでなくてはいけない”といった方向性がある程度決まっているのだが、自我が芽生えてきた時に違いがあった。結婚を理由に、逃げるように芸能界を辞めた」

    次ページは:■履歴書に書ける内容がない…「面接に行くと“犯罪者なのではないか”と」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/999cf48cbfc9228a65e699c16fa140d12f062737?page=1

    【『あっぱれ』で輝かしいキャリアを築いた子役・中武佳奈子さんの過去と現在】の続きを読む


    GLAYのサムネイル
    GLAY(グレイ)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。所属事務所およびレコードレーベルはLSG。公式ファンクラブは「HAPPY SWING」。1994年のメジャーデビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。CDの総売上は4000万枚(日本歴代9位)。…
    245キロバイト (19,820 語) - 2024年6月15日 (土) 22:40

    (出典 spice.eplus.jp)


    GLAYは本当に独自のジャンルを持っているんですね。彼らの音楽性は確かにロックとは違う部分がある気がします。でもそれが彼らの魅力なんだと思います。

    1 湛然 ★ :2024/06/22(土) 08:37:41.84 ID:6hNtcC0q9
    『GLAYはロックじゃない』と言われた過去に言及!TERUが語った“ジャンルはGLAY”
    投稿日:2024/06/21 17:11 更新日:2024/06/21 17:11

    <記事提供:COCONUTS>
    https://coconutsjapan.com/entertainment/post-106358/106358/


    6月19日放送の「TERU ME NIGHT GLAY」(BAYFM)で、TERUさんは6月8日と9日に埼玉ベルーナドームで開催されたリバイバルライブについて語り、注目を集めました。

    ■ GLAY・TERUは“体力お化け”

    (※中略)

    ■“ジャンルはGLAY”TERUの名言に反響

    さらに、ライブに参加した女性が「全体が家族みたいなライブでした」と感想を話すと、TERUさんは「そうですね。全体が家族みたいって感じわかりますね。色んなミュージシャンの方々も遊びに来てくれたんだけど、あそこまでお互いに分かり合えてるライブないですねって言ってくれるんですよね」と相槌を打ちました。

    「30年間の長い月日、お互いに培ってきた信頼関係みたいなものもあると思うんですけど、俺達もわざわざ遠くから来てくれるから良いライブを見せたいし、絶対損はさせないぞっていう思いでやってたりもする」

    「そういった1個1個の積み重ねが今のバディー達関係性を作り上げてくれてると思うので、僕もステージから思ったけど、みんな懐かしい友達みたいな感覚だった。なのでカッコつけるという概念がない」とファンとの絆の深さについて語りました。

    TERUさんは「『RAIN』の前、やっぱGLAYってパンクじゃん、パンクなんかではないんだけど、自分達が今置かれている立場とか、色んなジャンル分けされて、雑誌で『GLAYはロックじゃない』とか言われた時もあった。そういうのに対しての反発心、そういうものを持ってた気がする」と当時について言及。

    「25年経って、そういうのもまるっきりなくなって、もう“ジャンルはGLAY”みたいな。GLAYであるからこそGLAYの音楽を奏でて、そしてGLAYを楽しんでる。そういう姿をみんなに見せられた」と語りました。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【番組情報】
    TERU ME NIGHT GLAY
    https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20240619230000

    (文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

    【TERUが語るGLAYのジャンルとは?過去に言われた“GLAYはロックじゃない”という声について語る】の続きを読む


    中川翔子のサムネイル
    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。旧芸名は中川 薔子。出生名は中川 しようこ、2023年4月の結婚を機に同年11月より本名を芸名と同じ翔子(しょうこ)へ改名した(後述。結婚後の姓は非公表)。所属事務所はワタ…
    185キロバイト (20,599 語) - 2024年5月23日 (木) 15:42
    中川翔子さんがおかしい男に話しかけられるという悪夢、本当に怖いですね…ストーカー被害もあったということで、心配です。

    1 冬月記者 ★ :2024/06/09(日) 20:26:02.30 ID:eEh04N2i9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aaf4de4a9889d4e75142da05080cd519bfbdba83

    中川翔子「様子おかしい男が話しかけてきて…」自身が見た悪夢投稿 ストーカー被害の過去も

     タレント中川翔子が7日、X(旧ツイッター)を更新。自身が見た“悪夢”について投稿した。

     中川は「ウワァー怖かった」と書き出し「様子おかしい男が話しかけてきてマネージャーが止めたら殴りかかってきて警察が止めたのに逃走してなかなか捕まらず、待ってる間保護してもらえず不安で、夢だった!」と記述。 

     「夢で良かったけど夢でもあの男まだ捕まってないからどうなったんだろうかモヤモヤしてる」と記した。

     中川自身、長年にわたるストーカー被害に苦しめられてきた1人で、2018年には、中川につきまとう行為を繰り返していた男がストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。

     2021年3月に自身のYouTubeチャンネルで「もう何年も悩んできたこと」として、別のストーカーによる被害が続いていることを告白。

     「正直、もうちょっと本当に怖いです。プライベートは完全に安全に暮らしたいですので、どうしたらいいんでしょうね、対処法がわからない」と吐露していた。

    【中川翔子、ストーカー被害の過去を告白 悪夢投稿がリアルな恐怖を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ